電気と工事 定期購読・最新号・バックナンバー

電気と工事の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

電気と工事雑誌の詳細です。


電気と工事の公式サイトへ
本・雑誌 電気と工事
本・雑誌内容 超高層ビルから工場、集合住宅、戸建住宅、さらに高圧・低圧配線から情報配線まで、電気設備工事に従事する技術者の現場実務を解説します。新設、リニューアル、またエコロジカルな要求を取り入れた新技術・新工法などの解説も行います。電気工事で必要とされる「第一種・第二種電気工事士」、「消防設備士甲種4類」、「1級電気工事施工管理技士」などの資格取得のための講座も連載しています。
本・雑誌内容詳細 ■特集

ドキュメント 19days
観測史上最強クラスの台風からの復旧工事
・台風15号におけるインフラ被害の状況
・激甚災害の中心で、力を振り絞る。
・電気を取り戻すために・・・
・関電工の配電部門の奔走
編集部
2019年9月8~9日にかけて千葉県を中心に甚大な被害をもたらした台風15号。19カ所の観測地において記録を塗り替えた暴風の影響により最大19日間、93万軒もの大規模停電が発生。厳しい状況のなか、復旧のために現場を駆けずり回った電工マンの記録を紹介する。

■特設

ランプ交換の落とし穴、教えます! 条約発効×水銀灯=LEDリニューアル新時代
編集部
水銀条約により2020年末までに水銀を使用する製品の製造、輸入、輸出が禁止される。特に高圧水銀ランプは水銀の含有量に関係なく規制対象となる。これを背景に、各メーカーは代替ランプとしてLEDの開拓に舵を切った。ここでは、「LED×リニューアル」として新時代の突破口を探ってみる。

■インタビュー

モノづくりのプロフェッショナルたち 利便性よりも安全性 作業者泣かせのコードリール
副島 雅彦、足立 憲泰、奥村 紀博(畑屋製作所)

■フォトグラフ

・鵜目高野眼 大人の社会科見学@パナソニックミュージアム
編集部

・僕の電工絵日記 第7回 講習会で出会ったスーパーお兄ちゃん
新田 絆翔

■一般記事

・豪雨、落雷、暴風に見舞われた太陽光発電所の全記録 災害復旧2020
大山 正彦、中村 和也(ウエストO&M)

・教育の現場を歩く!工業高校編
技術者を育成し、学習欲を高める 伝統校の資格指導&電気教育 大阪市立都島工業高等学校

・全日電工連青年部活動紹介 Go Forward from 関東電気工事青年部連合会
編集部

■試験対策

・~電気工事資格対策編~ たとえて学ぶ! 電気理論 第14回 交流回路を学ぶ前に知っておきたいこと その2
磯村 和也(大阪市立都島工業高等学校)

・解法のコツを伝授! 第一種電気工事士筆記試験 合格への一手 第11回 高圧受電設備の配線図(出題編)
編集部

・厳選問題でガガッと合格! 1級電気工事施工管理技術検定 鬼の和田塾②
和田 保久(和田技術士事務所)

・電気工事が専門という方に・・・ 1級 電気通信工事 セコカン講座 第2回 OSI基本参照モデルと物理層
久保 幸夫(トライアングルエレクトロニクス)

・電気数学ウルトラ入門 ~電工・電験突破を目指す~ 第14回 グラフ(1)
編集部

■基礎講座

・消防用設備にまつわる電気工事のキホン! 第11回 火災報知器が誤作動する原因と対策 part.2
青木 俊輔(青木防災)

・接地工事超入門 ⑭接地の干渉
荘田 崇人(日本地工)

■連載

・ズバット解決! そのギモン、編集部がお答えします! 第13回 地上風力発電設備による生態系への影響調査の方法
編集部

・Dr.中野が説く! 電気事故の真実 第8回 干渉発熱
中野 弘伸

・現場で役立つ!コンプライアンス入門 第36回 立入禁止が必要な場所
降籏 達生(ハタ コンサルタント)

・なるほど!わかる! モノゴトをナナメから見てみよう 第101回 いい反緊縮、悪い反緊縮の経済学(2)
田中 秀臣(上武大学)

・“電気交渉人” 一之瀬愛理の… 人を動かすスキルアップ講座 第114回 怒りをコントロールするアンガーマネジメント
志村 満(志村コンサルタント事務所)
プロダクトNo 1787
出版社 オーム社
発売日 毎月15日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。