電気と工事 定期購読・最新号・バックナンバー

電気と工事の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

電気と工事雑誌の詳細です。


電気と工事の公式サイトへ
本・雑誌 電気と工事
本・雑誌内容 超高層ビルから工場、集合住宅、戸建住宅、さらに高圧・低圧配線から情報配線まで、電気設備工事に従事する技術者の現場実務を解説します。新設、リニューアル、またエコロジカルな要求を取り入れた新技術・新工法などの解説も行います。電気工事で必要とされる「第一種・第二種電気工事士」、「消防設備士甲種4類」、「1級電気工事施工管理技士」などの資格取得のための講座も連載しています。
本・雑誌内容詳細 ■特集

プロが指南!5Sの極意

5Sって何?/Seiri 整理/Seiton 整頓/Seisou 清掃/Seiketsu 清潔/Shitsuke 躾

 降籏 達生(ハタ コンサルタント)
 電気工事業で使用する工具や材料は、大きさや形などさまざまであり整理が難しい。
しかし、散らかった状態では作業効率も悪く、事故の原因にもなりかねない。そこで、重要になってくるのが5Sだ。
今月の特集は、長年、建設業界でコンサルタントとして培ってきたノウハウを公開するとともに、簡単、すぐに使える便利なテクニックを伝授する。

■一般記事

電気火災を未然に防ぐNEWシステムを徹底分析! 『スパーテクト』解体新書

 伊藤 裕幸(日東工業)
 現在、電気火災の防止を目的に行われているトラッキング対策は、主にコンセント部のみを対象としており、壁内配線や延長コードで発生したトラッキングなどは検出することができていない。 そこで、さまざまな要因により発生する電気火災を未然に防止する放電検出ユニットを開発。この最新アイテムの実力を徹底分析する。

教育の現場を歩く!工業高校編 自主性を育む資格試験と技能競技大会への取り組み
~茨城県立玉造工業高等学校~
 
 編集部
 現在、電気工事業界に入職する際に未経験で初心者レベルという人も少なくない。しかし、目に見えない電気について興味や学ぶモチベーションを維持させることは容易ではないだろう。そこで、現場での育成について、電気初心者の教育と日ごろから向かい合う教育の現場での取り組みからヒントを探ることにする。

全日電工連青年部活動紹介 Go Forward from 全中国電工連青年部協議会
 
 編集部

■試験対策

・~電気工事資格対策編~ たとえて学ぶ! 電気理論 第10回 正弦波交流の発生と正弦って何だ?その1
 磯村 和也(大阪市立都島工業高等学校)

・解法のコツを伝授! 第一種電気工事士筆記試験 合格への一手 第7回 自家用電気工作物の検査方法
 編集部

・合格への道筋を示す! 1級電気工事施工管理技士 対策講座⑩
 和田 保久(和田技術士事務所)

・電気数学ウルトラ入門 ~電工・電験突破を目指す~ 第10回 因数分解
 編集部

■基礎講座

・消防用設備にまつわる電気工事のキホン! 第7回 火災通報装置の施工 part.1
 青木 俊輔(青木防災)

・接地工事超入門 ⑩ほかにもある接地の用途
 荘田 崇人(日本地工)

■連載

・Mr.電工の奮闘記 from NZ⑩
 永崎 信弥

・鵜目高野眼 高濃度PCB処理施設を見る@中間貯蔵・環境安全事業(株)
 編集部

・どうなってるの?火力発電所の解体事情 第3回 節炭部、過熱器を撤去せよ
 編集部

・僕の電工絵日記 実物のライティングダクトを体験
 新田 絆翔

・電気工事士のための通信ネットワークトラブルあるある 第7回 PoEのトラブルあるある(その1)
 久保 幸夫(トライアングルエレクトロニクス)

・ズバット解決! そのギモン、編集部がお答えします! 第9回 資機材の耐用年数を知りたい
 編集部

・Dr.中野が説く! 電気事故の真実 第4回 接続部の劣化のメカニズム
 中野 弘伸

・現場で役立つ!コンプライアンス入門 第32回 点検、作業環境の測定が必要な項目
 降籏 達生(ハタ コンサルタント)

・なるほど!わかる! モノゴトをナナメから見てみよう 第97回 あおり運転の経済学
 田中 秀臣(上武大学)

・“電気交渉人” 一之瀬愛理の… 人を動かすスキルアップ講座 第110回 社員を幸せにする5つの要素
 志村 満
プロダクトNo 1787
出版社 オーム社
発売日 毎月15日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。