電気と工事 定期購読・最新号・バックナンバー

電気と工事の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

電気と工事雑誌の詳細です。


電気と工事の公式サイトへ
本・雑誌 電気と工事
本・雑誌内容 超高層ビルから工場、集合住宅、戸建住宅、さらに高圧・低圧配線から情報配線まで、電気設備工事に従事する技術者の現場実務を解説します。新設、リニューアル、またエコロジカルな要求を取り入れた新技術・新工法などの解説も行います。電気工事で必要とされる「第一種・第二種電気工事士」、「消防設備士甲種4類」、「1級電気工事施工管理技士」などの資格取得のための講座も連載しています。
本・雑誌内容詳細 ■付録

 2019年度 第一種電気工事士 技能試験の公表問題対策集
 編集部

■特集

 電気工事における届出書類のキホン
 はじめに/着工準備/着工時ー電力会社、道路ー/着工時経済産業省関係ー/工事中/竣工時/おわりに
 坂本 一将
 電気工事には技術的なスキル以外にも、届出関係の知識が欠かせない。例えば、関係省庁が必要なときに確認できるように、工事工程に合わせて建築主や工事会社による届出が必要となる。そのほか、電力会社への各種申込みも求められる。
本特集では、各種届出書類の概要や提出のタイミングなどを解説する。

■一般記事

・〔特設〕過酷な立地条件をクリアするために……浮体式洋上風力の施工録
 編集部
 近年、風力発電システムが加速度的に導入数を伸ばしている。ここでは、国内初の実証プランとして設置された浮体式洋上風力発電システムを例に、完成までの全プロセスを詳細に取り上げる。

・EV急速充電設備はどうなっている?2019
 編集部
 電気自動車(EV)が普及するかどうかは、急速充電設備にかかっているといわれている。2010年当時の経産省の発表では2020年までに5000基を設置目標として掲げていた。そして、2020年の足音が聞こえ始めた現在、急速充電設備の普及状況や規格の動向について紹介する。

・ハイテク機器の弊害を徹底解説 高調波って、ナニ?
 石原 智弘((一財)関西電気保安協会)
 25年も前から高調波障害が「ハイテク社会の新公害」としてメディアに取りあげられていた。対策が進んだ今でも、発生源となる半導体応用機器が増えている関係で、高調波障害が問題となっている。そこで、発生原因や影響、対策などの基礎知識から「高調波」について迫ってみる。

■試験対策

・~電気工事資格対策編~ たとえて学ぶ! 電気理論 第7回 電力量とジュールの法則について学ぼう!
 磯村 和也(大阪市立都島工業高等学校)

・解法のコツを伝授! 第一種電気工事士筆記試験 合格への一手 第4回 電気機器、蓄電池、配線器具等
 編集部

・合格への道筋を示す! 1級電気工事施工管理技士 対策講座⑦
 和田 保久(和田技術士事務所)

・電気数学ウルトラ入門 ~電工・電験突破を目指す~ 第7回 連立方程式
 編集部

■基礎講座

・写真で見よう「電気工事」の実際 16街路灯工事【最終回】
 編集部

・消防用設備にまつわる電気工事のキホン! 第4回 総合盤の施工 Part.2
 青木 俊輔(青木防災)

・接地工事超入門 ⑦接地系統と非接地系統
 荘田 崇人(日本地工)

■連載

・Mr.電工の奮闘記 from NZ⑦
 永崎 信弥

・電気工事士のための通信ネットワークトラブルあるある 第4回 忘れたころにやってくる!? よりの戻しによるトラブル
 久保 幸夫(トライアングルエレクトロニクス)

・ズバット解決!そのギモン、編集部がお答えします! 第7回 ピットでの作業の注意点
 編集部

・Dr.中野が説く! 電気事故の真実【新連載】 第1回 電気災害の基礎知識①
 中野 弘伸

・現場で役立つ!コンプライアンス入門 第29回 作業に必要な資格①
 降籏 達生(ハタ コンサルタント)

・なるほど!わかる! モノゴトをナナメから見てみよう 第94回 MMT(現代貨幣理論)の経済学
 田中 秀臣(上武大学)

・“電気交渉人” 一之瀬愛理の… 人を動かすスキルアップ講座 第107回 片付けによりやる気の出る環境をつくる
 志村 満
プロダクトNo 1787
出版社 オーム社
発売日 毎月15日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。