電気と工事 定期購読・最新号・バックナンバー

電気と工事の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

電気と工事雑誌の詳細です。


電気と工事の公式サイトへ
本・雑誌 電気と工事
本・雑誌内容 超高層ビルから工場、集合住宅、戸建住宅、さらに高圧・低圧配線から情報配線まで、電気設備工事に従事する技術者の現場実務を解説します。新設、リニューアル、またエコロジカルな要求を取り入れた新技術・新工法などの解説も行います。電気工事で必要とされる「第一種・第二種電気工事士」、「消防設備士甲種4類」、「1級電気工事施工管理技士」などの資格取得のための講座も連載しています。
本・雑誌内容詳細 ■特集
・電気工事業とDX
 DXの基礎&導入法/測定器DX/スマートメーター100万台交換!AI×RPA×BLAS活用術
 杉山 朋之(マークテック)、宮田 雄作(日置電機)、編集部

・デジタル庁の発足を始めとして最近、何かと話題になるDX(Digital Transformation)。
 「デジタル活用は大手企業のもの」「電気工事業はデジタル化が難しい」
 「そもそもDXって何だかよくわからない」という声が未だに多く聞こえてきます。
 そこで今回は、DXの基本から導入方法、具体例を紹介します。

■特設
・配線、配管工事を効率化! 新スリーブと固定具
 加納 一啓(未来工業)
 スリーブ工事は配線ルートの確保の「準備段階」にあたる。
 施工業者にとっては手間を極力省きながらも資材や工事費を抑えたいところだが、
 工事の正確性も求められる。
 ここでは、新スリーブによる劣化へのアプローチを紹介する。

■インタビュー
・電気工事業の激しい作業を「足元」から徹底サポート
 松本 崇(助野)

■フォトグラフ
・鵜目高野眼
 展示会に行こう!@ジャパンビルド ー建築の先端技術展ー
 編集部

■電工マンの中学生日記
・第11回 ロビとダンス♪
 新田 絆翔

■一般記事
・電気工事士必見! 安全靴&プロテクティブスニーカーの選定Q&A
 編集部

■教育の現場を歩く!工業高校編
・次の100年にたすきを渡す! 山工元気プロジェクトと学校教育@山形県立山形工業高等学校
 編集部

■全日電工連青年部活動紹介
・Go Forward from 中部電気工事業組合連合会青年部
 編集部

■一年の計は元旦にあり!今年も資格取得を頑張ろう!
 編集部

■試験対策
・電気工事士×計算問題 王手飛車取り!
 第2回 電線の電気抵抗
 不動 弘幸

 ~電気工事資格対策編~ たとえて学ぶ! 電気理論
 第38回 コンデンサについて学ぼう! その1
 磯村 和也(大阪市立都島工業高等学校)

■例題でポイント整理! 第一種電気工事士筆記試験 突破トレーニング
・第3回 配電理論および配線設計
 編集部

・厳選問題を丁寧に解説! 1級電気工事施工管理技術検定
 仏の和田塾②
 和田 保久(和田技術士事務所)

■連載
・ズバット解決! そのギモン、編集部がお答えします!
 第36回 盤、キュービクルの結露や汚れ対策
 編集部

■消防設備士はかく語りき
・第23回 消防設備士は残業を憎め!
 青木 俊輔(青木防災)

・接地工事超入門
 38 大規模接地抵抗測定
 荘田 崇人(日本地工)

■電工マンの現場備忘録
・第2録 短絡接地器具であわや
 石原 智弘(一財)関西電気保安協会

■人材不足を解消! 建設業の働き方改革、始めました
・第2回 今どきの若者を考える
 降籏 達生(ハタ コンサルタント)

■なるほど! わかる! モノゴトをナナメから見てみよう
・第125回 オミクロン株と医療ひっ迫の経済学
 田中 秀臣(上武大学)

・“電気交渉人” 一之瀬愛理の… 人を動かすスキルアップ講座
 第138回★やりたいことを習慣化する法則を活用する
 志村 満(志村コンサルタント事務所)

・ホスピタルエンジニアの事件簿
 ⑪火事です!火事です!
 藤原 秀明(ふじわら技術士事務所)
プロダクトNo 1787
出版社 オーム社
発売日 毎月15日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。