調剤と情報 定期購読・最新号・バックナンバー

調剤と情報の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

調剤と情報雑誌の詳細です。


調剤と情報の公式サイトへ
本・雑誌 調剤と情報
本・雑誌内容 近年、薬薬連携やがん化学療法、ハイリスク薬管理、在宅医療など、薬局薬剤師の活躍の幅はますます広がっています。また、2012年4月には6年制薬学部を卒業した薬剤師が誕生するなど、社会からの期待も高まっています。一方で、全国的な薬局数の増加や登録販売者制度による薬剤師の需要の減少など、従来にはみられなかった問題も浮上しつつあります。そのようななか、正確かつ有用な、信頼できる最新の情報を定期的に確保することは、めまぐるしく変動する時代の流れをキャッチアップする有効な手段といえるでしょう。2012年に発刊18周年を迎える月刊誌『調剤と情報』は、日本薬剤師会監修のもと、薬剤師業務に必要な薬学的・医学的情報、処方せんや調剤技術上の日常的な疑問の解決、新薬をはじめとする医薬品情報をわかりやすくタイムリーに提供し、日常業務をサポートします。
本・雑誌内容詳細 特集 エキスパートが教える!運転注意薬の基本的な考え方

企画  一杉 正仁(滋賀医科大学医学部社会医学講座)

◆処方薬と自動車運転─適切な処方と療養指導
一杉 正仁

◆法律/判例からみる運転注意薬の留意点
馬塲 美年子

薬効別 運転注意薬のモニタリングと患者指導のポイント
◆糖尿病治療薬
佐竹 正子

◆精神疾患治療薬
尾関 祐二

◆神経疾患治療薬
野元 正弘

◆抗アレルギー薬
木津 純子

◆抗がん薬
田口 和明、松元 一明

◆疼痛治療薬
別府 賢、一杉 正仁

◆OTC医薬品
福島 紀子

今月の話題 日本薬剤師会
処方・調剤・保険請求のQ&A  日本薬剤師会

新連載
続 誰も教えてくれなかった実践薬歴
カルシウム拮抗薬とグレープフルーツジュースの相互作用を考慮するシーン
山本 雄一郎

患者向けリーフレット・指導箋のなぜ? がわかる すきま時間の臨床薬学講座
PTPの機能を知る
 今野 勉、倉田 なおみ

薬剤師なら知っておきたい 薬剤性眼障害のキホン
視神経障害を来す薬剤
高橋 現一郎

これなら医学論文が読める! 使える! 医薬品情報を引き出すイージーアプローチ
患者からの質問に症例報告を活かす─添付文書の向こう側に飛び出そう
山本 雅洋

婦人科のくすり、どう考える? 教えて いわもと先生!(完)
GnRHアナログ
岩本 豪紀

新薬くろ~ずあっぷ
エイベリス点眼液0.002%
古俵 孝明、後藤 伸之

スポーツファーマシストが教える セルフメディケーションのピットフォール
スポーツ愛好者をサポートする
大石 順子

今月のヒヤリ・ハッと・ホッとした話
澤田 康文
Report
シリーズ:遠隔服薬指導②
キョーワ薬局長久手店(愛知県)

日本薬学会第139年会

News & Topics

日本薬剤師研修センターだより
プロダクトNo 1654
出版社 じほう
発売日 毎月1日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。