淡交 定期購読・最新号・バックナンバー

淡交の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

淡交雑誌の詳細です。


淡交の公式サイトへ
本・雑誌 淡交
本・雑誌内容 宗家行事や茶会の模様をはじめ、茶道の基礎知識から各種点前、応用に至るまでを豊富な写真で紹介。また「茶の湯」を中心に、広く日本文化の美と心を知る多彩な読み物を満載してお届けします。
本・雑誌内容詳細 平成30年

淡交平成30年7月号
七事式●軸荘付花月之式・風炉(三) 点前●釣瓶水指の扱い 濃茶点前(二)

裏千家茶道の機関誌、また茶の湯を中心とする日本文化を総合的に紹介する月刊茶道誌。宗家の最新情報や全国の淡交会会員の活躍を豊富な写真とともに紹介、さらにオールカラーの点前のページや連載読物、毎号テーマを変えての《特集》など、多彩な情報を満載してお届けします。

今月の扉 四季の金団 ある夏の日(髙家 啓太)

◎巻頭言
心の中の要らざるもの(千 宗室)

◎行事カラー
鵬雲斎大宗匠、中国・上海を訪問
今月の「茶会記」より

◎点前のページ
七事式の解説 軸荘付花月之式・風炉(三)(千 宗室/監修)
点前の解説 釣瓶水指の扱い 濃茶点前(二)

◎特集
沖縄工芸の魅力
沖縄の工芸を取り合わせて(秦 宗文)
沖縄のやちむん―壺屋焼の歴史と魅力(倉成 多郎)

◎好評連載
わたしの「名物」―私的名物記 観るための、見えない教え(川瀬 忍)
ロバート キャンベルの名品に会いに行く 千利休作 瓢花入 銘 顔回(ロバート キャンベル)
日本のうるし 琉球漆器
茶人の嗜み 能を学ぶ 半蔀(金剛 龍謹)
皇室と茶の湯 幕末の皇太子・祐宮(依田 徹)
触れることば~心に触れることばの秘密 涼をとることば(黒川 伊保子)
茶道心講 所作を聴く(岡本 浩一)
春夏秋冬 質問室(今日庵業躰部)
淡交歌壇(佐佐木 朋子・選)
淡交俳壇(橋本 榮治・選)
インタビュー 我が師を語る(高木 宗鶴)
今月の表紙より(鈴木 宗博)
組織における茶道の広がり 京都府警察

各地の献茶式
[豊国神社/西宮神社/真清田神社/知恩院/御香宮神社/観音寺/東大寺/下鴨神社/伊勢神宮/春日大社/大宮八幡宮/筥崎宮/上賀茂神社/鎌倉大仏/大宮氷川神社]

行事報告
鵬雲斎大宗匠、中国・北京を訪問
山梨支部特別講演会
第4回東海のつどい
第46回九州地区茶道文化講演会

東西南北
[金沢今日会 開催/坐忘斎家元、隆茗会茶会で懸釜/鵬雲斎大宗匠、国際ロータリー第2520地区地区大会に出席/鵬雲斎大宗匠、李克強国務院総理と面談/鵬雲斎大宗匠、「明治の日を実現するための議員連盟」設立総会で講演/鵬雲斎大宗匠、和の学校で講義/松下政経塾第39期生、裏千家を訪問/鵬雲斎大宗匠、賢者の選択リーダーズ倶楽部で講演/坐忘斎家元、鎌倉青年会議所第50回慈善茶会記念祝賀会で講話/第72回裏千家茶道国際セミナー 開催]

総本部だより
月釜ご案内
淡交通信(ホッとお便り/情報アラカルト)
クロスワードパズル
美術館案内
いちょうプラザ(学校茶道/国際部)
裏千家学園 お茶づけの日々

平成30年『淡交』増刊号予告
「掛物を知るためのA to Z」

寄稿 裏千家千玄室大宗匠による「特攻隊全戦没者に対する献茶の儀」(藤田 幸生)

茶会記(宗家会記/淡交会記/一般会記)
プロダクトNo 1589
出版社 淡交社
発売日 毎月28日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。