設備と管理 定期購読・最新号・バックナンバー

設備と管理の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

設備と管理雑誌の詳細です。


設備と管理の公式サイトへ
本・雑誌 設備と管理
本・雑誌内容 ビルや商業施設をはじめとする各種施設の管理に携わる方々のための専門誌です。常設の実務記事は、設備の基礎知識から運転管理、リニューアルまで多彩な内容です。高層化、複合化、IT化が進む建物設備にも対応します。空調、給排水、電気、通信、防災、消防、昇降機、照明、環境衛生、清掃等の最新動向と管理実務を網羅します。省エネルギー情報も提供します。
本・雑誌内容詳細 ■特設

秋におすすめのエコチューニング手法
三角 治洋((公社)全国ビルメンテナンス協会エコチューニング推進センター専門委員)

夏から秋にかけての中間期こそ,エネルギー使用の合理化を図るチューニングの絶好の時期.この時期のエネルギー消費量を把握することで,チューニングの課題・具体策が見えてくる.今回はそれに役立つヒントを解説する.

今注目の炭化水素冷媒&ドロップイン技術
清水 顕一,谷川 広行,清水 誠((一財)日本自然冷媒研究開発機構)

空調冷凍機器の冷媒に使われているフロンは地球温暖化対策のためにも,ノンフロン化が不可欠である.しかし,現場のビルでそれを実現するためには乗り越えるべき課題がいくつもある.そうした中,いま注目されている「炭化水素」と「ドロップイン」について紹介する.

■付録

熟練技術者が現場で見つけた是正事項

長年,建築設備の設計~施工~維持管理を担当してきた技術者の知見が詰め込まれた一冊.自分が担当している物件では,欠陥箇所になかなか気づきにくく,検討不足があるもの.ベテラン技術者が数々の現場で不具合を観察して修理してきた項目をまとめた.

■連載

現場の電動機 基礎技術と適用事例 第7回 電動機の電圧変動が性能に及ぼす影響
丸岡 巧美(丸岡技術士事務所)

さまざまな分野・現場で多用されている三相誘導電動機.その原理・種類・構造・性能評価,始動・運転制御法,トップランナーモータ―適用上の注意点などの基礎技術を解説するシリーズ記事.第7回は電動機の電圧変動が性能に及ぼす影響について取り上げる.

■ライセンス

冷凍3種試験直前対策~予想模擬問題&重要精選問題~

平成30年度の冷凍3種(第三種冷凍機械責任者)試験は,11月11日(日)に行われる.直前対策として「予想模擬問題」と「重要精選問題」の2部構成で資格合格のための学習をサポートする.

■ニュースラインナップ

・下水道の利用者数と事業の広域化・共同化の事例集を発表
・建設現場の熱中症監視システムが大幅に機能向上
・「未来のオフィス空間」を実現するため複数企業が参画
・快適で汎用的.“普及型ZEBオフィス”が完成
・インフラ点検・災害対応ロボットの普及拡大を目指して人材育成へ
・都市エネルギー消費ゼロのスポット「COOL TREE」が千葉県柏市に登場

■フォトギャラリー

常葉大学 静岡草薙キャンパス

■道草の拾い読み

東京・中央区 Ginza Sony Park

■連載

・事例に学ぶ設備お悩み相談室/48. 厨房排気設備の排気不良調査とその対応事例
・設備英語の英絵おもしろ百科/代表的なSGP配管の腐食例
・のぞき窓を閉めないで/コペル君と語って,いい人間になろう!!
・現場技術者のための電気設備早わかり 完全図解/電気設備編/第1章 電力供給設備/8. 低圧屋内配線の分岐回路設備
・マンションを100年持たせる再生シナリオ(実践編)/14.なぜ旧耐震基準のマンションは耐震化が必要か
・Excelを使いこなすためのワンポイント/180. Excelの小技(143)―チェックボックスの付いたアンケートを作成する―
・現場ではたらくビル管INTERVIEW/82. 横浜ビジネスパーク(野村不動産パートナーズ)
プロダクトNo 1497
出版社 オーム社
発売日 毎月11日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。