設備と管理 定期購読・最新号・バックナンバー

設備と管理の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

設備と管理雑誌の詳細です。


設備と管理の公式サイトへ
本・雑誌 設備と管理
本・雑誌内容 ビルや商業施設をはじめとする各種施設の管理に携わる方々のための専門誌です。常設の実務記事は、設備の基礎知識から運転管理、リニューアルまで多彩な内容です。高層化、複合化、IT化が進む建物設備にも対応します。空調、給排水、電気、通信、防災、消防、昇降機、照明、環境衛生、清掃等の最新動向と管理実務を網羅します。省エネルギー情報も提供します。
本・雑誌内容詳細 ■特設

・大規模総合病院で起こった停電事故に学ぶ ~倉敷中央病院 過電圧・電源喪失事故事例~
 富永 秀次
 2016年11月,倉敷中央病院にて中国電力から供給される特別高圧電力が過電圧となり,院内7か所の電気室のうち3棟が停電.そのうち2か所の電気室で非常用発電機が稼働しなかった.事故時の詳細な状況や対応,その後の改善策について報告する.

・地球温暖化対策に資する業務用建築物の低炭素化 ~ネット・ゼロ・エネルギー・ビル(ZEB)の普及~
 青木 竣祐
 地球温暖化対策については日本政府の取組みとして,業務用建築物の低炭素化を進めて,ZEBの普及,既存建築物の省エネ改修を推進している.環境省で地球温暖化対策事業室で取り組んでいる筆者が,同省の活動を紹介する.

・アイスブラスト工法による循環式浴槽の配管洗浄
 竹内 彌吉
 砂や金属粉・金属球を圧縮空気で吹き付けて材料表面を磨く工法を「サンドブラスト」「ショットブラスト」という.今回は新しい工法,アイス(氷)を用いて配管の洗浄を行う「アイスブラスト工法」について解説する.

■連載

・オーナーが管理会社に期待すること 第3回 運営支出の見える化で,オーナーの収益確保に貢献
 石山 恭市
 ビル施設の運営・管理をする上で重要なのは,オーナーと管理会社との円滑な連携をしつつ,信頼関係を築くこと.オーナーの業務を理解し,役割を意識し,業務の補完をすることが信頼関係を強くする道である.オーナーが何を期待していてビル管理会社に管理を任せているか解説する.

・現場の電動機 基礎技術と適用事例 第16回 送風機の選定と風量制御
 丸岡 巧美,成川 正行(丸岡技術士事務所)
 さまざまな分野・現場で多用されている三相誘導電動機.その原理・種類・構造・性能評価,始動・運転制御法,トップランナモータ―適用上の注意点などの基礎技術を解説するシリーズ記事.第16回は送風機の選定と風量制御について取り上げる.

■ライセンス

・ビル管理試験直前対策 3号連続90問ミニテスト/レベル1
 10月6日(日)に実施される建築物環境衛生管理技術者試験の3号連続90問のミニテスト対策.7月号よりも8月号,8月号よりも9月号と問題の難易度を少しずつ上げている.問題を解くことで読者の皆さんの理解度も上がっていくだろう.

・平成31年上期公表 二級ボイラー技士試験問題と解答・解説

■ニュースラインナップ

・河川の中の地形がわかる「陸上・水中レーザードローン」現場投入へ
・北海道の新築公共建築物で初のZEB(Ready),BELSの最高ランクを取得
・音声・文字認識で病院や福祉施設内の設備が操作できるシステム
・「サイバーセキュリティ人材育成分科会」の取りまとめ案を発表
・自律走行吸引型ロボットを開発
・照明器具と電球の新しい省エネ基準を策定
・準天頂衛星システムを活用したドローン実証実験を実施

■フォトギャラリー

・渋谷区新庁舎

■道草の拾い読み

・イタリア・ヴェネツィア 「サン・マルコ地区」

■連載

・事例に学ぶ設備お悩み相談室/57. 健康増進法改正に伴う受動喫煙防止対策
・設備英語の英絵おもしろ百科/病院の給排水衛生設備(1)
・のぞき窓を閉めないで/天国へはどうぞ、おひとりさまで!
・現場技術者のための電気設備早わかり 完全図解/電気設備編/第2章 構内電気設備/17. 無停電電源装置
・マンションを100年持たせる再生シナリオ(実践編)/23.困難を克服した耐震補強例
・Excelを使いこなすためのワンポイント/188. Excelの小技(152)―バブルチャートのグラフを描く―
・現場ではたらくビル管INTERVIEW/94. 新宿サザンテラス・小田急サザンタワー(小田急ビルサービス)
プロダクトNo 1497
出版社 オーム社
発売日 毎月11日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。