生体の科学 定期購読・最新号・バックナンバー

生体の科学の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

生体の科学雑誌の詳細です。


生体の科学の公式サイトへ
本・雑誌 生体の科学
本・雑誌内容 生命科学・生物科学領域における最先端の研究を、毎号特集形式により紹介。神経科学はもとより分子生物学・酵素科学・栄養科学にいたる領域も含め、注目されるトピックテーマの最新情報を提供する。
本・雑誌内容詳細 ■特集 免疫系を介したシステム連関:恒常性の維持と破綻■
特集「免疫系を介したシステム連関:恒常性の維持と破綻」によせて(生田 宏一)
□I.免疫と概日リズム
体内時計と脂質代謝(久保 允人)
時計じかけのアレルギー-概日時計によるアレルギー制御
 (中尾 篤人)
□II.免疫と神経
交感神経による免疫細胞の動態調節(鈴木 一博)
免疫と脳(宮島 倫生・Sidonia Fagarasan)
□III.免疫と内分泌
グルココルチコイドによる正負の免疫制御(榛葉 旭恒・生田 宏一)
□IV.免疫細胞における代謝調節
Notchシグナルによる細胞内代謝制御(九十九 伸一・安友 康二)
免疫とミトコンドリア機能(菅井 学・南部 由希子)
免疫細胞におけるオートファジー(佐藤 健人・増原 香織)
T細胞老化・疲弊と細胞内エネルギー代謝(鈴木 淳平・山下 政克)
□V.免疫と代謝
NKT細胞と脂肪組織(岩渕 和也・佐藤 雅)
慢性炎症と肥満・メタボリックシンドローム(宮澤 崇・小川 佳宏)
脂肪組織の間葉系幹細胞(前駆脂肪細胞)のニッチとしてのM1およびM2マクロファージ
 (桑野 剛英・五十嵐 喜子・瀧川 章子・
 Allah Nawaz・藤坂 志帆・八木 邦公・戸邉 一之)
IgMによる血中タンパク質AIMの活性制御と疾患とのかかわり(新井 郷子・宮崎 徹)


●生命科学を拓く新しい実験動物モデル-18
コウモリの音響ナビゲーション-生物に学ぶセンシング技術(飛龍 志津子・長谷 一磨)

●仮説と戦略
遺伝暗号による遺伝子発現制御(三嶋 雄一郎)
プロダクトNo 1474
出版社 医学書院
発売日 毎偶月15日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。