生体の科学 定期購読・最新号・バックナンバー

生体の科学の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

生体の科学雑誌の詳細です。


生体の科学の公式サイトへ
本・雑誌 生体の科学
本・雑誌内容 生命科学・生物科学領域における最先端の研究を、毎号特集形式により紹介。神経科学はもとより分子生物学・酵素科学・栄養科学にいたる領域も含め、注目されるトピックテーマの最新情報を提供する。
本・雑誌内容詳細 ■特集 新組織学シリーズⅡ:骨格筋--今後の研究の発展に向けて■
特集「新組織学シリーズⅡ:骨格筋――今後の研究の発展に向けて」によせて(武田伸一)
□Ⅰ.骨格筋収縮研究の多様な側面
筋小胞体カルシウムポンプの構造とイオン輸送機構(豊島 近)
人工ナノ筋肉を用いた筋収縮原理の解明(岩城光宏・柳田敏雄)
昆虫の筋肉が教えていること(岩本裕之)
□Ⅱ.骨格筋組織を支える細胞の役割・応答
筋サテライト細胞の適応(中村彩紗・深田宗一朗)
間質の間葉系前駆細胞とサルコペニア(上住 円・上住聡芳)
神経筋接合部(NMJ)の形成・維持メカニズム――NMJを標的とした治療技術の開発を目指して(江口貴大・山梨裕司)
骨格筋のメカノバイオロジー(平野航太郎・鈴木美希・原 雄二)
□Ⅲ.骨格筋を障害する疾患の注目すべき病態
糖尿病とサルコペニア(平田 悠・小川 渉)
自己免疫性筋炎――新たな疾患概念と分類(西森裕佳子・西野一三)
鏡-緒方症候群の筋発生異常の原因となる真獣類特異的遺伝子PEG11/RTL1(石野史敏・北澤萌恵・金児-石野知子)
筋チャネル病の新たな病態(久保田智哉・髙橋正紀)
CGGリピートと筋疾患(石浦浩之)
デュシェンヌ型筋ジストロフィーの中枢神経障害(橋本泰昌・青木吉嗣)
ベッカー型筋ジストロフィーと中枢神経障害(森 まどか)
□Ⅳ.遺伝性筋疾患研究を起点とした治療原理の進展
糖鎖の新たな理解をもとにした筋ジストロフィー治療法の開発(金川 基)
RNA制御機構の解析で明らかとなるRNA病の病態解明と新規治療法開発(細川元靖・萩原正敏)
治療法の開発を見据えた筋強直性ジストロフィーの新たな病態の解明(中森雅之)
アンチセンス核酸医薬の発展とデリバリー手法の開発(丸山理香・横田俊文)
プロダクトNo 1474
出版社 医学書院
発売日 毎偶月15日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。