墨 定期購読・最新号・バックナンバー

墨の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

墨雑誌の詳細です。


墨の公式サイトへ
本・雑誌
本・雑誌内容 『墨』は195号より、「もっと見やすく、もっと楽しく」をモットーに、これまでより少しコンパクトなA4変型サイズに移行いたしました。内容も一新し、新連載、新企画が続々と始まりました。これまでの読者のみなさま、また、書をこれから学びはじめる方も楽しんでいただける誌面をお届けします。
本・雑誌内容詳細 特集
書と茶の湯


千利休以降、掛物は
茶の湯の根底にある禅の思想や
もてなしの心を表現するものとして
重要な役割を担ってきました。
本特集では、書を茶室という空間における
道具の一つとしてとらえ、
茶の湯における書の役割や意味に迫ります。



・茶室の掛物 文/名児耶 明

・キーワードで楽しむ 茶室の書 解説/名児耶 明

・コラム1 
 江戸文人に愛好された煎茶 文/香川 亨

・無心 わたしと茶の湯 真神巍堂

・コラム2 
 寒の茶・温の茶 文/香川 亨

・茶の湯の掛物 文/筒井紘一



第二特集 
2021新春二大展
・第65回 現代書道二十人展
・現代の書 新春展2021
・新春展参観記 文/髙橋利郎




連載
・残したい未来へのことば
 中野北溟
・天真を養う 文/玄侑宗久
・かなのレッスン 指導/岩井秀樹
・水暈墨章──深淵なる世界── 下保昭
・ギャラリー ハイ陽宮銅ボウ・器形拓
・漢字のレッスン 指導/吉澤鐵之
・碑法帖存疑  『談書会誌』考 文/伊藤 滋
・書語辞典  文/伊藤文生
・新世代へのエール 筆もて進め 大阪教育大学
・『墨海』抄 訳・注/井垣清明・塩谷章子
・書論通観  今井凌雪「書をなめるな」 
 文/松村茂樹
・金澤泰子と翔子 今までとこれから
 書/金澤翔子 文/金澤泰子
・風につたへし 文/木下真理子
・墨蹟巡礼 東海の純一休 文/財前 謙
・時評 揮灑 文/亀井一攻
・五彩の譜  文/香川 亨


トピックス

特別企画
・書家の仕事 書〈いのち〉のリズムを伝えたい 
 樋口雅山房

レポート
・第21回 日本蘭亭書法交流 東京展

読者参加企画
・268号作品募集結果発表
 審査/吉澤鐵之・岩井秀樹


展覧会

プレビュー
・松丸東魚篆刻作品等受贈記念 
 萬象、一刀の中にあり 
 篆刻家・松丸東魚の仕事
・加藤光峰遺墨展
・第51回 龜甲展

話題の展覧会
・第37回 産経国際書展 新春展
・第35回 産経国際書会 代表展
・第20回 臨池会新春展
・第60回記念 璞社書展
・第13回 書道蛟龍會展
・満90歳記念 石川芳雲近作展
・第20回 扶桑印社展
・第33回 国際架橋書展
・第38回 白峰社書展
・第38回 古典臨書展

話題の書道展より
・第11回 赤心展 書と篆刻2020
・第72回 正筆展
・第69回 独立書展
・第56回 群象書人展
・第62回 太玄会書展
・第12回 神戸笹波会代表展


墨らんだむ
・書道通信
・読者の広場
・展覧会ルポ
・展覧会アラカルト
・3・4月の展覧会スケジュール
・新刊ぴっくあっぷ
・バックナンバー一覧
・愛読者プレゼント
・本屋へ行こう
 ジュンク堂書店 池袋本店
・常設書店リスト
・次号予告・編集後記
プロダクトNo 1447
出版社 芸術新聞社.
発売日 毎奇月1日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。