CNN ENGLISH EXPRESS(CD付き) 定期購読・最新号・バックナンバー

CNN ENGLISH EXPRESS(CD付き)の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

CNN ENGLISH EXPRESS(CD付き)雑誌の詳細です。


CNN ENGLISH EXPRESS(CD付き)の公式サイトへ
本・雑誌 CNN ENGLISH EXPRESS(CD付き)
本・雑誌内容 初級から上級まで幅広い英語レベルに対応出来る3段階のステップアップ方式で、CNNを完全リスニング!本誌は毎月(6日発売)、CNNで放送された英語ニュースをそのまま文字化し完全な対訳と充分な語注、解説を加えてお届けします。添付のCDを併用して学習すると、リスニングが確実にアップします。TOEICなどの試験対策やビジネスに、使える口語英語が確実に身に付く究極の英語雑誌!
本・雑誌内容詳細 CNN ENGLISH EXPRESS 6月号
――――――――――――――

◆スペシャル・スピーチ
マララ・ユスフザイ
初来日 東京スピーチ

パキスタン出身の若き女性活動家、マララ・ユスフザイ氏がこの3月に初来日し、東京で開かれた国際女性会議「WAW!」に出席しました。
今月号では急きょ、その際に行った基調講演の抜粋をお届けします。

タリバンによる銃撃で重傷を負いながらもその後復活して精力的に活動を続け、2014年にはノーベル平和賞を受賞。
現在21歳になる彼女が、女子教育の普及推進に向けた努力の必要性を訴えました


◆特集
世界遺産登録数、ユニコーン企業数…
データでわかる! 英語で言える!
日本は世界の○番目?

「国力」とは何でしょうか。

20世紀前半頃までは、軍事、経済、人口などのわかりやすい指標を頼りにすれば、世界の国々の存在感をおおまかに測ることができましたが、現代では「文化的な魅力」なども大きな要素とみなされ、国力の定義は多様化しているように思えます。

さて、わが国日本は、世界約200カ国の中でどのあたりにランクしているのでしょう。

今回の特集では、「日本人が意外と知らない日本」に焦点を当てて、日本の立ち位置を把握していきます。日本の強みと弱点を知ることで、諸外国に対する理解がさらに深まるはずです。

特集の後半には、「消費税」や「国の借金」「人口」など、日本人なら誰でも知っているのに英語で言えないような表現も紹介しています。


◆特別企画
生英語であなたの実力を判定!
「CNNリスニング検定」

英検やTOEICなどの英語資格試験の音声はナチュラルスピードですが、ナレーターが読んでいるので発音はクリアです。しかし、CNNニュースは、アンカーやリポーターの話すスピードが速く、語彙も難しい。そうしたCNNを素材にしたリスニング検定を掲載します。手加減なしの生英語によるリスニング問題に挑戦し、本当の実力を測ってみましょう。


◆巻頭インタビュー 水原希子

16歳の時にティーン誌でモデルデビューをして以降、あまたの女性誌のカバーを飾り、女優、デザイナーとしても活躍するマルチプレーヤー、水原希子さん。モデルとしてもDior BeautyやCOACHというトップブランドのアンバサダー役を担い、活動の場は世界へ広がっています。

英語、韓国語、日本語を操る水原さんはどのように語学と付き合ってきたのでしょうか。「アメリカ生まれだけど実は独学」だという英語力の秘密を聞きました。


◆CNN Newsmakers Today
凶器を野放しのアメリカよ、見習え!
徹底した銃規制の国、日本

一般国民が武器を持つ権利を認めるアメリカでは、自殺も含め年間3万人以上が銃によって亡くなっています。また、3月に起きたニュージーランドのモスク襲撃事件など、世界各地で銃乱射事件が後を絶ちません。

一方、日本では国民の間にほとんど銃は出回っておらず、ヤクザでさえ使うのを控えるほどです。なぜこれほど規制が徹底しているのでしょうか。日本人も知らない驚くべき日本の銃規制事情をCNNがリポートしました。
プロダクトNo 140
出版社 朝日出版社
発売日 毎月6日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。