人民中国 定期購読・最新号・バックナンバー

人民中国 定期購読・最新号・バックナンバー

人民中国の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

人民中国雑誌の詳細です。


人民中国の公式サイトへ
本・雑誌 人民中国
本・雑誌内容 「中国」のある一面を見ただけで、あなたは「中国」を判断していませんか?『人民中国』は「中国」をトータルに伝えます。中国は21世紀に入ってからもなお経済発展をつづけ、世界の工場・市場になりつつありますが、それだけが「中国」ではありません。中国は深く広く、最先端技術と4000年の伝統とが隣り合って内在しています。中国を一面だけでとらえることなく、トータルにみつめることが必要です。本誌では中国を幅広く捉えた情報を読者に伝えます。その内容は、例えば、13億の生活革命、家庭料理、ビジネスマンたちの夢、生きた中国語講座、中国のC-pop、歴史と旅、地理と遺跡、数多くの世界遺産、56の少数民族の人々、中国政府の正確な動向、雑誌・書籍などの文化情報、メディアの話題、日本への提言などなど。どれもが中国なのです。中国の現地スタッフたちが地の利を生かして中国各地を取材して得た、ほかでは見られない情報をお届けします。1953年の創刊以来、本誌は常に中国の「今」を伝えてきました。今後も、4000年を凝縮した中国の「今」を伝えていきます。
本・雑誌内容詳細 ■特別企画 特集 四川[シ+文]川大地震から10年
  ルポ 再生を遂げた被災地
  PART1 廃虚からよみがえった故郷
  PART2 写真で見る復興事業の成果
  PART3 困難を乗り越えた人々は今
  PART4 国際援助隊員が語るあの時

■時事・経済
  この人に聞く 福田康夫・元内閣総理大臣
    助け合いと相互理解で関係再構築
  up-to-date NEWS
    習総書記が中央外事活動会議で重要講話
    細川元首相が漢籍を寄贈/初の「中国と世界貿易機関」白書
    トピックス/キーワード/中日関係にひと言
  中国新時代(8) 中米貿易戦争は科学技術戦争でもある  文:胡鞍鋼、程文銀
  チャイナ・パワーを読み解くPartⅡ
    日中共にWTO精神を支持 白書で保護貿易主義に警鐘  文:江原規由
  中日経済のいま
    がん治療で新たな連携を 改革開放、条約締結40周年に考える  文:陳言
  report 改革開放40年を経た深[土+川]
    世界が目標にする都市に  文・写真提供:深[土+川]市党委員会宣伝部

■社会・民生
  躍動と感動 13億人のものがたり
    衛星「悟空」宇宙を騒がす 暗黒物質解明は生涯の目標

■文化・観光
  秘話・中日交流体験談(8)
    あれから40年――中日平和友好条約締結を顧みて  文:劉徳有
  美しい中国 黄浦江
    市民の憩いの沿岸ぶらり旅 新旧の歴史が溶け合う景観
  時のひと▼芸術大家
    山水画に託す人生論 芸術理論家、画家 呂品田氏  文:王金晶

■インフォ・コーナー
  report 南京で歴史と向き合う
    福田元首相の南京大虐殺遭難者記念館参詣  文・写真提供:高洪
  report 創刊65周年の「再出航」――『人民中国』代表団訪日記
  report 国境を越え心伝える中国映画
  対訳 世相小説
    変色龍 カメレオン
  節気と花:俳句の中国語訳
    立秋 処暑
  新語ネット語
    地域[tuo1]油瓶/共享護士/僵尸政策/馬甲線
  交流&イベント
  東京通信 中国を愛する若者が大集結
    ――2018年度日本「五星奨―中国語コンテスト」
  インフォボックス
  @Japanわたしと中国
    町へ出よう、村へ行こう~多様性の国 中国~  文:山本晟太
  マンガキャラ 中国の諸民族
    モーラオ族  イラスト・文:李昀
  快楽学唱中文歌♪ 謝安琪『小犬心声』  孟群、向田和弘

  VOICE・編集後記

〔とじ込みページ〕
  中国の切手 カシュガルの風光
  グラフィティ by 本誌社員
  読者アンケート
プロダクトNo 1385
出版社 東方書店
発売日 毎月10日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。