人民中国 定期購読・最新号・バックナンバー

人民中国の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

人民中国雑誌の詳細です。


人民中国の公式サイトへ
本・雑誌 人民中国
本・雑誌内容 「中国」のある一面を見ただけで、あなたは「中国」を判断していませんか?『人民中国』は「中国」をトータルに伝えます。中国は21世紀に入ってからもなお経済発展をつづけ、世界の工場・市場になりつつありますが、それだけが「中国」ではありません。中国は深く広く、最先端技術と4000年の伝統とが隣り合って内在しています。中国を一面だけでとらえることなく、トータルにみつめることが必要です。本誌では中国を幅広く捉えた情報を読者に伝えます。その内容は、例えば、13億の生活革命、家庭料理、ビジネスマンたちの夢、生きた中国語講座、中国のC-pop、歴史と旅、地理と遺跡、数多くの世界遺産、56の少数民族の人々、中国政府の正確な動向、雑誌・書籍などの文化情報、メディアの話題、日本への提言などなど。どれもが中国なのです。中国の現地スタッフたちが地の利を生かして中国各地を取材して得た、ほかでは見られない情報をお届けします。1953年の創刊以来、本誌は常に中国の「今」を伝えてきました。今後も、4000年を凝縮した中国の「今」を伝えていきます。
本・雑誌内容詳細 ■特別企画
  特集 運命共同体意識で感染制圧 中日の協力がもたらす啓示
  新型肺炎対策で手本示せ 欧米同学会留日分会会長  文:曹衛洲
  世界共同で取り組む課題 横浜国立大学名誉教授  文:村田忠禧
  コロナ後の再建で協力を 中国社会科学院日本研究所所長  文:楊伯江
  感染症が問う「これから」 元NHKアナウンサー、ジャーナリスト  文:木村知義
  経済協力で地域活性化を 吉林大学経済学院院長  文:李暁
  協調して世界への貢献を キヤノングローバル戦略研究所研究主幹  瀬口清之(談)
  危機で友好の基盤固めよ 中国社会科学院日本研究所研究員  文:金瑩
  古詩で響き合った心と心 一般社団法人日本青少年育成協会常任理事  林隆樹(談)

■社会・民生
  弁護士が見る 時代と歩む中国法(17) 「薬の神」の命運やいかに  文:鮑栄振
  report 中国と共に闘う外国人専門家
  躍動と感動 13億人のものがたり 新しい命の橋渡し役 武漢を疾駆の「救助隊」
  複眼で見る中国 当たれ!北京ナンバー  文:[刑β-リ]菲
  第二の人生は北京で 第5回 ネットを使って晴耕雨読  文・写真:馬場公彦
  report 漢詩に乗せる中日支援の輪  文:郭寧

■文化・観光
  ESSAY ことばの散歩道(5) 三文魚と四喜飯  文:劉徳有
  美しい中国 独龍江郷 高黎貢山の難路を越え 神秘の独龍江郷に憩う
  「あの人」を語る 長谷川如是閑 魯迅兄弟が注目した名記者 文:劉檸
  report 俳句に癒やされた今年の春  文:夏瑛 絵:王玉紅

■時事・経済
  この人に聞く 五輪延期は賢明な判断  高洪氏(中国社会科学院日本研究所研究員)
  up-to-date NEWS 習総書記、浙江省で感染防止・生産再開を強調/習主席、G20新型
コロナ対策会議で協力呼び掛け/新型肺炎の犠牲者を全国で追悼/トピックス/キーワー
ド/新型肺炎対策にひと言
  特別寄稿 武漢の中日交流史を振り返る  文:程永華(前駐日中国大使)
  「中国の統治」解読(3) マルクス主義と中華文明の共通性 文:潘岳
  トップインタビュー コロナ後に新技術と新対応 程暁明(日立建機(上海)有限公司董事総経理)
  チャイナ・パワーを読み解くPartⅡ 手を携え災い転じて福に 物心両面でエールを交換 文:江原規由
  中日経済のいま 中日感染症対策は同工異曲 経済復興も足並みをそろえて 文:陳言

■インフォコーナー
  上海の名医による感染症対策① 張文宏教授が教える家庭の感染症予防
  ノンフィクション漫画 第7回 血と心 元日本人解放軍兵士・砂原恵の波乱万丈の人生
  対訳 世相小説 陽光路十七号 陽光路17号
  節気と花:俳句の中国語訳 立夏 小満
  新語ネット語 翻車 解鎖 網格化管理
  東京通信 世界が団結し、ウイルスに立ち向かおう 東京で緊急シンポ開催
  インフォボックス/中日ブックレビュー
  @japanわたしと中国 子どもたちの未来のために  文:南部健人
  快楽学唱中文歌♪ 劉亦菲『自己』  孟群 小林智慧
  中国の切手 呉冠中の作品選
  グラフィティ by本誌社員
  読者アンケート
  とじ込みページ
  VOICE・編集後記
プロダクトNo 1385
出版社 東方書店
発売日 毎月10日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。