人民中国 定期購読・最新号・バックナンバー

人民中国の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

人民中国雑誌の詳細です。


人民中国の公式サイトへ
本・雑誌 人民中国
本・雑誌内容 「中国」のある一面を見ただけで、あなたは「中国」を判断していませんか?『人民中国』は「中国」をトータルに伝えます。中国は21世紀に入ってからもなお経済発展をつづけ、世界の工場・市場になりつつありますが、それだけが「中国」ではありません。中国は深く広く、最先端技術と4000年の伝統とが隣り合って内在しています。中国を一面だけでとらえることなく、トータルにみつめることが必要です。本誌では中国を幅広く捉えた情報を読者に伝えます。その内容は、例えば、13億の生活革命、家庭料理、ビジネスマンたちの夢、生きた中国語講座、中国のC-pop、歴史と旅、地理と遺跡、数多くの世界遺産、56の少数民族の人々、中国政府の正確な動向、雑誌・書籍などの文化情報、メディアの話題、日本への提言などなど。どれもが中国なのです。中国の現地スタッフたちが地の利を生かして中国各地を取材して得た、ほかでは見られない情報をお届けします。1953年の創刊以来、本誌は常に中国の「今」を伝えてきました。今後も、4000年を凝縮した中国の「今」を伝えていきます。
本・雑誌内容詳細 ■特別企画 特集対外開放をさらに深化へ 商機広げる「外商投資法」
  PART1 新法に国内外の期待集まる
  PART2 安定発展を見込む日系企業
  PART3 自動車産業に大変化の兆し
  PART4 投資で商社の出番が増える
  PART5 金融分野に見る日本の好機

■時事・経済
  Special Report 心つなぎウインウイン発展へ
  SCOPE 「一帯一路」と新しい日中関係 横浜国立大学名誉教授  村田忠禧(談)
  up-to-date NEWS
    習主席 イタリア・モナコ・フランス訪問
    習主席、中華民族の樹木愛護の伝統広げよう
    李総理 「外商投資法でさらに開放拡大」
    中国初の断層跨ぐ海上橋開通
    トピックス/キーワード/中日関係にひと言
  チャイナ・パワーを読み解く PartⅡ
    「一帯一路」 呼び掛け 習主席 欧州3国訪問  江原規由=文
  中日経済のいま
    5G研究開発でも底力 変わらぬファーウェイの世界的優位  陳言=文

■文化・観光
  ESSAY・楽しい異文化の旅(5)
    季語と歳時記  劉徳有=文
  美しい中国 鎮江 長江と運河が交差する町
    山々は多彩な伝説秘めて
  report
    日中友協学生代表団が訪中 発展の脈動を感じた旅
    生け花で咲く大輪の友情 国際女性デーに中日友好迎春花会
  時のひと▼芸術大家
    革新と独特を込め 美を描く 画家 陳麗娜氏  王金晶=文

■社会・民生
  弁護士が見る 時代と歩む中国法(5)
    「MLGB」は卑語?「商標」?  鮑栄振=文
  躍動と感動 13億人のものがたり
    中国バレー界の若きエース スランプ克服し「東京」に挑む
  report
    友好平和を熱望された両陛下 法政大学教授  王敏=文

■インフォコーナー
  笹川杯作文コンクール 優勝作品 漢方薬から見えた日本の素晴らしさ  孫斌=文
  東京通信
    相互理解と地方活性化を 新潟で中日観光フォーラム
  対訳 世相小説
    倒[雨/毎]的劫賊 ついていない強盗
  節気と花:俳句の中国語訳
    立夏 小満
  新語ネット語
    放水養魚 候鳥型消費 帯貨 照護
  交流&イベント
  インフォボックス
  @Japanわたしと中国
    心のバリアフリー  井内英人=文
  マンガキャラ 中国の諸民族
    ウズベク族  李昀=イラスト・文
  快楽学唱中文歌♪
    任然『默読』  孟群 向田和弘
  VOICE・編集後記

〔とじ込みページ〕
  中国の切手 マラソン
  グラフィティ by 本誌社員
  読者アンケート
プロダクトNo 1385
出版社 東方書店
発売日 毎月10日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。