総合診療 定期購読・最新号・バックナンバー

総合診療 定期購読・最新号・バックナンバー

総合診療の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

総合診療雑誌の詳細です。


総合診療の公式サイトへ
本・雑誌 総合診療
本・雑誌内容 第一線臨床医のための唯一の総合診療誌。専門化・細分化する診療各科に対応して、総合的に患者を診るためのスキルと知識を紹介。既存の診療科の壁を越え、日常診療の場で患者を全人的に診るための臨床情報を提供する。今求められるプライマリ・ケアの真髄を習得できる。毎月特集テーマで話題を提供。
本・雑誌内容詳細 ■特集 80歳からの診療スタンダード Up to Date■
□総論
高齢者診療のさまざまなガイドラインとどう付き合うか?(森 臨太郎)

□80歳以上の高齢者の外来診療 ここがポイント!
高血圧診療スタンダードUp to Date(山本 浩一│楽木 宏実)
糖尿病診療スタンダードUp to Date(原 興一郎│宇都宮 一典)
骨粗鬆症診療スタンダードUp to Date(折茂 肇│石井 成幸)
COPD/喘息診療スタンダードUp to Date(大田 健)
認知症診療スタンダードUp to Date(古和 久典│中島 健二)
安定狭心症&慢性心不全診療スタンダードUp to Date
 (今井 龍一郎│関 秀一│土居 義典)
脳卒中再発予防スタンダードUp to Date
 脳卒中治療ガイドライン2015[追補2017]対応(大槻 俊輔)

□80歳以上の高齢者のプロブレムへのアプローチ
転倒予防スタンダードUp to Date(鳥羽 研二)
尿失禁診療スタンダードUp to Date(岡村 菊夫)
誤嚥性肺炎診療スタンダードUp to Date(石田 直)
高齢者ケアの意思決定スタンダードUp to Date(大内 尉義)

□80歳以上の高齢者診療トピックUp to Date
Q1 ポリファーマシー
 ポリファーマシーの患者さん、忙しい診療の中での「超整理法」は?(徳田 安春)
Q2 マルチモビディティ
 より複雑化するマルチモビディティへのアプローチ法は?(藤沼 康樹)
Q3 高齢者総合機能評価(CGA)
 高齢患者さんのアセスメント、限られた時間での正しい評価法は?(玉井 杏奈)
Q4 ユマニチュード
 ユマニチュードの実際の使用法は?(本田 美和子)

今月のQuestions
今月の「めざせ!総合診療専門医!」問題


●Editorial
今まさに旬なTopic! “高齢者診療のスタンダード”(片岡 仁美)

●What’s your diagnosis?|188
学校の浸水事件(蓑田 紗希|佐田 竜一|石丸 裕康|八田 和大)

●みるトレ Special|20
「高アンモニア血症」の意外な原因(笠原 敬)

●もやもや処方の処方箋|5
胃薬だけで、おなかイッパイ!?(山本 祐|矢吹 拓|武井 大|青島 周一)

●ジェネラリスト漢方Basics|東西2つの視点でアプローチ|8
「だるいし微熱があるのに、退院させられました…」気虚;元気のない状態
 (岡部 竜吾)

●診察で使える!|急性期Point-of-Care超音波ベーシックス|17
肺炎を疑った時(亀田 徹)

●I LOVE Urinalysis|シンプルだけどディープな尿検査の世界|17
低カリウム血症がある場合、尿検査で何がわかるか?(上田 剛士)

●オール沖縄! カンファレンス Ver.2.0|レジデントの対応と指導医の考え|20
全身の痛みで来院した15歳女性(本村 和久|徳田 安春(監修))

●こんなときオスラー|超訳『平静の心』|20
医師同士の人間関係で悩む時 「結束、平和、ならびに協調」の章より(徳田 安春)

●国試にたずねよ|20
患者さんのその一歩が、診断への一歩なのです。(山中 克郎)

[投稿]
●GM Clinical Pictures
右膝痛と膝くずれ(吉田 英人)

●Empirical EYE
Pivot & Cluster Strategyと精神科診療のアナロジー
 診療領域間の診断教育のブレイクスルー(田宗 秀隆|志水 太郎)
プロダクトNo 1330
出版社 医学書院
発売日 毎月15日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。