胃と腸 定期購読・最新号・バックナンバー

胃と腸の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

胃と腸雑誌の詳細です。


胃と腸の公式サイトへ
本・雑誌 胃と腸
本・雑誌内容 毎月の特集では最新の知見を取り上げる。症例報告も含め、美麗なX線・内視鏡写真や病理写真を多数提示し、病態を画像で説明する。内科、外科、病理の連携により、治療につながる診断学の向上をめざす。年1回増刊号を発行。
本・雑誌内容詳細 ■主題 消化管疾患AI診断の現状■
□序説
消化管疾患のAI診断の現状(平澤 大)
□主題
AI診断の基礎知識――機械が診断に至るプロセス(多田 智裕・他)
消化管疾患におけるAI病理診断(日向 宗利・他)
食道疾患におけるAI診断――当院における食道AI内視鏡診断システムの開発と今後の展望(脇 幸太郎・他)
胃疾患におけるAI診断――高効率な学習スキームによる胃癌の領域検出AI(堀 圭介・他)
胃疾患におけるAI診断――胃拡大内視鏡AI画像診断支援システムによる胃癌診断の現状 動画付(上山 浩也・他)
小腸疾患におけるAI診断――カプセル内視鏡(齋藤 宏章・他)
大腸疾患におけるAI診断(三澤 将史・他)
大腸疾患におけるAI診断(斎藤 豊・他)
□主題研究
画像強調内視鏡linked-color imagingおよびX線造影によるHelicobacter pylori感染のコンピュータ支援診断 動画付(中島 寛隆・他)


●ノート
消化管疾患におけるAI診断開発(神田 大和・他)

消化管疾患におけるAI診断開発(高森 哲弥・他)

胃癌転移リンパ節のAI病理診断の試み(松嶋 惇・他)

大腸癌組織画像におけるAI活用の実際(高松 学)

2019年「胃と腸」賞授賞式

●早期胃癌研究会症例
NBI併用拡大観察が有用であったgastric-type adenocarcinoma with inverted cystic tubulovillous adenoma of the duodenumの1例(中岡 宙子・他)
プロダクトNo 133
出版社 医学書院
発売日 毎月25日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。