自治実務セミナー 定期購読・最新号・バックナンバー

自治実務セミナーの詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

自治実務セミナー雑誌の詳細です。


自治実務セミナーの公式サイトへ
本・雑誌 自治実務セミナー
本・雑誌内容 昭和37年創刊の地方公務員のための実務月刊誌。公務員としての力を養うための一流の学者の執筆による「入門講座」、日々執務する中で起こり得る問題の理論的回答を見つけ出す「実務と理論」や「実務演習」、時宜に適した課題を取り上げわかりやすく解説する「実務講座」等、常に斯界をリードする。
本・雑誌内容詳細 巻頭言 国と地方の協議の場を実質化するために分科会の設置を ― 大森 彌

特別講演 SDGs未来都市・ニセコ町の挑戦――片山健也氏が語る
 ― 片山健也

実務と理論
1.出席停止の懲罰を科された市議会議員はその懲罰について審決の申請をすることができるか
2.B県を定年退職した専門知識を有する者をA市で採用して1年以上勤務させることはできるか
3.任期満了直前に市長が退職を申し立てた場合退職に伴う選挙の期日はその市長の任期満了日を越えてもよいか

実務講座
〈地方財政〉地域デジタル社会推進費

実務演習
〈税務行政〉複数の事業を行う電気供給業事業者への法人事業税の課税

一評 田中正造と地方自治 ― 人羅 格

政策法務のかんどころ78
 法を時代にあわせよう! 営業従事者常駐義務と千代田区旅館業法施行条例改正 ― 北村喜宣

自治体実務サポート
1.総務 行政文書管理アカデミーにおけるAKF自主導入のための支援体制
 ― 江川 毅
2.財政 柏崎市における「デジタル予算書」の取組み ― 板谷大良
3.総務・法務 情報公開請求における手数料の導入に関する法的検討(2)
 ― 吉永公平
4.債権 自治体の債権管理 最近の質疑応答事例から(2) ― 青田悟朗

Hiro's Cafe 今月のホープ62
 兵庫県企画県民部専門職大学準備室長 日光秀政さん ― 圓生和之

法制実務研修員日誌〔第24回〕
 2020年を振り返って ― 越智健太郎

入門講座
行政手続と自治体法務1 行政手続の意義 ― 板垣勝彦

自治大生の政策立案研究 優秀論文〔第106回〕
 持続可能な幹線交通の形成に向けて

次世代政策をデザインする 
 序論 問い直される国家の役割 ― 森田朗

やまさか爺の地方自治今昔物語 その5
 昔の市町村では選挙制度に工夫あり ― 山下 茂

歴史とロマンの名画物語4
 メディチ家とルネサンス ― 有地京子

Book review
上林陽治編『未完の「公共私連携」 介護保険制度20年目の課題』
 ― 沼尾波子
プロダクトNo 1307
出版社 第一法規
発売日 毎月28日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。