別冊BIO Clinica(バイオクリニカ)慢性炎症と疾患 定期購読・最新号・バックナンバー

別冊BIO Clinica(バイオクリニカ)慢性炎症と疾患の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

別冊BIO Clinica(バイオクリニカ)慢性炎症と疾患雑誌の詳細です。


別冊BIO Clinica(バイオクリニカ)慢性炎症と疾患の公式サイトへ
本・雑誌 別冊BIO Clinica(バイオクリニカ)慢性炎症と疾患
本・雑誌内容 「別冊BIO Clinica」北隆館 2012年10月創刊 「慢性炎症と疾患」を中心テーマに、多くの疾患、例えばがん・免疫・生活習慣病・神経疾患などに横断的に関与している「慢性炎症」について、その炎症の分子メカニズムと治療法について解説します。 編集人<永井良三(自治医科大学学長)>
本・雑誌内容詳細 泌尿器系疾患と慢性炎症
Chronic inflammation of genitourinary tract

編集主幹 久米 春喜
(東京大学大学院 医学系研究科臓器病態外科学
 泌尿器外科学分野 教授)

カラーグラビア 病理アトラス 間質性膀胱炎の病理組織像(秋山 佳之)

総論 泌尿器系疾患と慢性炎症(久米 春喜)

1.慢性糸球体腎炎について(本田 謙次郎)
2.間質性腎炎と腎間質の慢性炎症(真弓 健吾・三瀬 直文)
3.アリストロキア酸腎障害,バルカン腎症(中川 徹)
4.慢性腎盂腎炎(田中 一志)
5.黄色肉芽腫性腎盂腎炎(川合 剛人)
6.IgG4関連疾患と後腹膜線維症(長田 恵弘)
7.慢性膀胱炎の病態と治療(亀井 潤)
8.放射線性膀胱炎(宮嵜 英世)
9.間質性膀胱炎について(秋山 佳之・前田 大地)
10.ビルハルツ住血吸虫症と膀胱癌(鰐渕 英機・魏 民・行松 直)
11.慢性前立腺炎(濵砂 良一)
12.慢性精巣上体炎について(前川 滋克)
13.尿路結核(石川 清仁)
14.泌尿器科領域におけるマラコプラキア(金城 真実・樋川 隆嗣)

NEWS FROM INDUSTRY
■全自動透析用コンソール(正岡 勝則)
■AKI診療におけるNGALの有用性(師田 かおり)
■バイオジェニックス複合乳酸菌生産物質「SixteensR」のメタボローム解析(村田 公英)
■「腸内フローラ」が作り出す物質が健康のカギを握る!(光岡 知足・村田 公英)
■乳酸菌生産物質の各種腫瘍細胞(13株)に対するin vitro 増殖抑制作用の検討(村田 公英)
株式会社 光英科学研究所

CLINICAL TOPICS
■糸球体腎炎診断バイオマーカー開発と実用化に向けた国際調査研究(坪井 直殻・遠藤 信英・ 北川 章充・丸山 彰一)
■間葉系幹細胞を用いた腎疾患治療(丸山 彰一・古橋 和拡・勝野 敬之・坪井 直毅)
■家族性尿細管間質腎炎(貝森 淳哉)

BIOLOGY TOPICS
■心腎連関におけるFGF21とインスリン抵抗性を介する動脈硬化進展機序の解明(北川 正史・杉山 斉)
■腎臓病と銅含有酵素セルロプラスミンとの関連(酒巻 裕一・青柳 竜治・成田 一衛)
■フィリピンにおける日本住血吸虫症とその対策に関わる研究(中村 哲・二瓶 直子・翠川 裕)
プロダクトNo 1281694336
出版社 北隆館
発売日 毎月A日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。