林業新知識 定期購読・最新号・バックナンバー

林業新知識 定期購読・最新号・バックナンバー

林業新知識の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

林業新知識雑誌の詳細です。


林業新知識の公式サイトへ
本・雑誌 林業新知識
本・雑誌内容 山林所有者のための、山林管理の実用誌です。全国の林家や現場技術者など、実践者の技術やノウハウを現場で取材し、読者の山林経営や実践に役立つディティール情報が満載。「私も明日からやってみよう」。そんな気持ちを応援します。後継者・相続の心配、自然災害に対する不安、山林経営や施業の知識、資産価値の維持、など、みなさんの課題・疑問をいっしょに考える雑誌です。一人で不安に思うことも、本誌でいっしょに考えれば、いいアイデアも浮かびます。
本・雑誌内容詳細 特集...4
「ご用心!山仕事の厄介者 マダニ・ハチから身を守ろう」
藤本裕樹さん(静岡県)
浅井貴信さん(長野県)
㈱木林士(東京都)
工藤義治さん(青森県)
編集部


 山仕事の際に、うっとうしい、しかも厄介な虫といえば、
マダニとハチではないでしょうか。
 マダニは頭部(口器)を皮膚に食い込ませて長時間吸血しますし、
マダニが媒介する感染症(最悪の場合は死に至る)も
社会問題になっています。
 また、ハチに刺されると痛いだけでなく、
体質によって違いはあるものの大きく腫れ上がりますし、
急性アレルギー症状(アナフィラキシー)による
痛ましい死亡事故も毎年発生しています。
 そんな山仕事の厄介者であるマダニとハチから身を守るためには、
どうすればよいのでしょうか。被害と対策の概要、そして、
山仕事のプロが実践する工夫をご紹介します......


山を継ぐ...1
「友の一言で迷いを振り切る。3世代林業、本格始動へ」
水野広富さん・峰次さん・廣人さん一家(福島県)

 福島県は太平洋側から内陸部に向かい、
浜通り、中通り、会津という3地域に大きく区分けされる。
中通りの南東部に位置する古殿町には、
穏やかにうねる山並みが広がっている。
山林の面積は8割を超えるというが、山容は穏やかだ。
その山裾には田んぼが伸びて集落が点在する。
 古殿町には水野姓が多く、林業関連にも水野さんが少なくない。
その中で「水野林業」として頑張ってきたのが、
松久保地区に代々暮らす水野広富さん・峰次さん親子である。
そこに、広富さんの孫(峰次さんの長男)・廣人さんが加わったのは
6年前のこと......


お悩み相談室...17
「ケヤキを植えてみたい...」

Q スギ一辺倒でなく、ケヤキも植えてみたい。実践者の経験談を聞きたい...
(林家・44歳)


林研コーナー「私の夢」...18
「アートと林業 森へいざなう林研活動」
松本拓也さん(河北郡林業研究グループ/石川県)


こちら林業普及指導員です...20
ウバメガシ原木林を「択伐」で循環利用(和歌山県)
市有林を核に集約化、事業体の新規参入で木材生産量アップ(長崎県)


読者コーナー...22
木材市況
全林協からのお知らせ...24
プロダクトNo 1281694279
出版社 全国林業改良普及協会
発売日 毎月5日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。