子供を「育てる」教師のチカラ 定期購読・最新号・バックナンバー

子供を「育てる」教師のチカラの詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

子供を「育てる」教師のチカラ雑誌の詳細です。


子供を「育てる」教師のチカラの公式サイトへ
本・雑誌 子供を「育てる」教師のチカラ
本・雑誌内容 ≪授業≫をテーマに特集を企画するワンテーママガジンです。これまでの教育活動では不十分であり、かつ重要な教育活動を発見・発掘しながら、新たな教育方法を問題提起的に発信しています。
本・雑誌内容詳細 【巻頭インタビュー】藤田真実
 元・X リーグ エレコム神戸ファイニーズ チアリーダー
 教師からNFLチアリーダーに挑戦 夢に挑むため、海を渡る

【第1特集】力をつける教科書活用法 ~ もっと使えるぞ教科書は!~

Ⅰ「教科書」の可能性
 1 「教科書」をどう 「読む」か? 教科書研究のステップを活用しよう  鈴木健二
 2 始めに「教科書」ありき? 3年生社会科教科書は使えない? 松田寿雄

Ⅱ「教科書」研究法と授業 ~「教科書」を読み・授業を創る ~
 1 国語科1  言葉を文脈のなかから深く読み取る授業  増田修治
 2 国語科2  「学習の手引き」を工夫して、子どもの思考を活性化!  土居正博
 3 社会科1  地図帳は知的でおもしろい教科書だ  土作 彰
 4 社会科2  まずは、教科書をおもしろがること!  猪飼博子
 5 算数科1  教科書研究で「おもしろさ」を発見!  平井百合絵
 6 算数科2  算数の教科書研究~思考法と極意~  下石暢彦
 7 理 科1  教科書の活用 予備実験をして考えよう  宮内主斗
 8 理 科2  教科書の実験で全員を夢中にさせる  船木浩平
 9 道徳科1  低学年にわかりやすい道徳の授業  佐藤 誠
10 道徳科2  子どもが考えたくなる道徳授業づくり  水流弘貴

Ⅲ 「教科書」を使いこなす・ 補充する
 1 国語科  「何か足りない」なら「味つけ」を  広山隆行
 2 社会科  教科書を「分ける」「数え、分類する」「選ぶ」
       「社会科メガネ」を使って調べ、学習へ広げる  牧園浩亘
 3 算数科  if 思考で発展的に考えさせる  志水 廣
 4 理 科  実生活と結びつける理科の授業づくり  吉田直樹
 5 道徳科  補助教材で心ウキウキ&心ワクワク  藤永啓吾

Ⅳ 授業で役立つ"教師技" ~ 集中し活気ある学習活動をめざして ~
  意見が出ない状況をつくり出さない  花上和哉
  低学年における思考ツールを用いた授業  久保田高嶺
  りゅうがくタイム」と「3つの〇」  森重孝介
  一問一答的な問いでも知と意が生まれる  岩下 修
  悪しき発表習慣を断つ指導  内山田博文

【2特集】 日常の活動で子どもの全力を引き出す!

間を変えるスキマからステキへ  杉渕鐵良
手抜きしないことを「快楽」と思える空気をつくり出す  土作 彰
「具体的行為」の質を高める  古橋功嗣
非言語行動で子どもの表現力アップ!  永田 彰
係活動の仕掛けで全力を引き出す 
合言葉で全力を出させる  白石和弘
係活動と教科をコラボする! 係活動で動画を配信する  岩本 歩
歴史人物カルタに熱中させる  岩切博文
自主学習でよりよい習慣を育む  田邉裕純
信頼感と「成功体験」  岡本美穂
語り倒す教師の力  吉田綾子
「あそふじ運動」のなかで日頃からの「全力」を  桃﨑剛寿

【連 載】
 
 学年・学校を動かせ!6 研究通信で仕掛ける  鈴木健二
 特別の教科 道徳への提言 主張ある道徳授業を創る! その9 4つの提言  内海俊行
 教育評価の基礎・基本 新学習指導要領で評価はどう変わるか 2  石井英真
 わたしのとっておきの実践提案2 初発の感想を「使う」から「生かす」授業へ  長田柊香 
 実践提案について イカス授業を創ろう  杉渕鐵良
  初発の感想の意味を問い直す  鈴木健二
  *教師力を上げる*おすすめ本* 教師の感動を子どもにぶつけよ  丸岡慎弥
 「 一斉授業」が基本である  山中 太
プロダクトNo 1281694094
出版社 日本標準
発売日 1,4,7,10月の1日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。