子供を「育てる」教師のチカラ 定期購読・最新号・バックナンバー

子供を「育てる」教師のチカラの詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

子供を「育てる」教師のチカラ雑誌の詳細です。


子供を「育てる」教師のチカラの公式サイトへ
本・雑誌 子供を「育てる」教師のチカラ
本・雑誌内容 ≪授業≫をテーマに特集を企画するワンテーママガジンです。これまでの教育活動では不十分であり、かつ重要な教育活動を発見・発掘しながら、新たな教育方法を問題提起的に発信しています。
本・雑誌内容詳細 季刊48号 2022 冬 CONTENTS 子どもを「育てる」教師のチカラ
■ 巻頭インタビュー井手上 漠モデル・タレント
モノクロからカラフルな世界へ 勇気をもって自分を変える … 1
第1特集
ICT機器の “効果的な活用”とは?
1 学校教育とは何か 
 ICT機器の活用の前に子どもの実態の把握を 増田修治 … 8
 デジタルとアナログの長所短所を見極めよう 土作 彰 … 10
2 ICT教育とどうつきあうか(効果的な使い方・ダメな使い方)
 授業づくりの基礎・基本を大切にする 鈴木健二 … 12
 ICT機器を用いた授業に能動性と必然性はあるか  広山隆行 … 14
3 デジタルか? アナログか? 授業案はこう作る!
 国語科 中学年 タブレットによる授業の広がり 佐藤直樹 … 16
 国語科 高学年 手書きが「主」、機器活用は「従」でいこう 内山田博文 … 19
 算数科 ICT機器を活用した授業づくりは、2つのステップで授業プランを構想すべし 下石暢彦 … 22
 社会科 教科書研究でICTを効果的に活用する 猪飼博子 … 25
 理 科 実験のノウハウを知って成功に導く ICTはそれができてから 宮内主斗 … 28
 道徳科 アプリを活用して本心を伝え合う授業を創る 猪飼博子 … 31
■ 対 談 ■「教具」としてのICTから「文具」としてのICTへ 石井英真・河田祥司 … 34


第2特集 現代的な課題に対応する 道徳授業を創る
1 情報モラルに関する道徳授業
 ①「うそをつくと、○○を失う」 樋口万太郎 … 36
 ②道徳科と他教科などを組み合わせ 山根僚介 … 38
 ③日常生活と情報社会をつなぐ言葉の指導 古舘良純 … 40

2 環境問題と向き合う道徳授業
 ①ごみ箱が増えればポイ捨てはなくなる? 足立健太郎 … 42
 ②一歩前を見据えた授業を 高田保彦 … 44
 ③「ねらい」に迫る活用法を考える 水流弘貴 … 46

3 人権問題と向き合う道徳授業
 ①悩みを言いやすい雰囲気をつくる 平井百合絵 … 48
 ②違うのは当たり前 多面的・多角的に見る目を育む 友田 真 … 50
 ③「無意識」を「意識」しよう 船木浩平 … 52

4 生命尊重について考える道徳授業
 ①「学習指導要領 解説」から言葉を捉える 髙橋朋彦 … 54
 ②動物の命はモノじゃない 堀内遥香 … 56
 ③子どもも教師も感動する道徳授業を創る 山根大文 … 58

5 新しい道徳授業をどう創るか
 現代的な課題に対応する道徳授業の開発 鈴木健二 … 60

年間連載 第4回 子どもを「育てる」学級づくり コロナ禍の学級づくり完成期
 「コロナ禍」の学級の芯は自ら動く子どもたち 福山憲市 … 62          
 あなたには、「時間の余裕と心の余裕」がありますか 野口晃男 … 64
 レジリエンスを育てる教室④ 私の立ち直り体験 上島 博 … 66
 達人たちの学級経営のどこに学ぶか? 学級づくりの情報を豊富にもとう 土作 彰 … 68

連載
 学年・学校を動かせ!⑯ 授業力を高めるアプローチ 鈴木健二 … 70
 リレー連載 特別の教科 道徳への提言 主張ある道徳授業を創る! その⑱ 
 教科書教材を「小さな道徳授業」化する 大路直輝 … 72
 
 コロナ禍の先の学校のゆくえ4 コロナの先の学校と教師の役割 石井英真 … 74
 
編集後記 編集委員=鈴木健二+土作彰+土居正博+広山隆行+深澤久+増田修治 … 76

プロダクトNo 1281694094
出版社 日本標準
発売日 1,4,7,10月の1日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。