子供を「育てる」教師のチカラ 定期購読・最新号・バックナンバー

子供を「育てる」教師のチカラの詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

子供を「育てる」教師のチカラ雑誌の詳細です。


子供を「育てる」教師のチカラの公式サイトへ
本・雑誌 子供を「育てる」教師のチカラ
本・雑誌内容 ≪授業≫をテーマに特集を企画するワンテーママガジンです。これまでの教育活動では不十分であり、かつ重要な教育活動を発見・発掘しながら、新たな教育方法を問題提起的に発信しています。
本・雑誌内容詳細 巻頭インタビュー 原 愛梨 書道アーティスト
「子どもの頃の夢に挑戦し続けて書道の魅力を世界に発信」

特集 "学級づくり"の新提案

1 "学級づくり"って何だ? 〜 誌上討論:"学級づくり"は必要か!?〜
  問題提起 「 個を育てる」ために教育があり、〝学級づくり"がある  深澤 久
  深澤久先生の「問題提起」を受けて① 不確実性に向き合う〝学級づくり"  白松 賢
  深澤久先生の「問題提起」を受けて② 〝学級づくり"の基盤とめざすところ  赤坂真二
  深澤久先生の「問題提起」を受けて③ 安易な追実践への警鐘  土作 彰
  3人の方々の感想を読んで 力を発揮できる場・空間を創る  深澤 久

2 学級の"ルールづくり"って必要? 〜5月末までに"学級文化"としての"ルール"を〜
  新1年生に向けてのルールづくり 1年生では「ともだち100人できるかな」をめざさず、「非認知能力」を育てる  増田修治
 「 いじめの芽を摘む」ルールづくり 「 平等」は保証されているか   広山隆行
  ルールはシンプルに  ルールで全員の4 4 4 権利を保証する  蔭山宏子
  学級をつくる3つの柱 子どもたちに自信をもたせ意欲を育てる  山根大文

3「 学級目標」って必要?
  ダメな学級目標①  子ども時代の「学級目標」とは、何だったのか  沼田拓弥
  ダメな学級目標②  子どもの思いを子どもの言葉で  久下 亘
  私の学級目標①  目的地に向かうための道みち標しるべであれ  髙橋健一
  私の学級目標② 学級にとって「北極星」のような道みち標しるべ〜私の学級目標〜  友田 真

4「 朝の会」「帰りの会」って必要?
  小学校低学年 「3つのつながり」を意識した場へ  安藤浩太
  小学校中学年 笑顔志向の「朝の会」「帰りの会」  生方 直
  小学校高学年 子どもにとって価値ある時間を  三浦 剛

5 かき乱す子、教師の言うことを聞かない子への対応
  無駄な闘いはしない・入らない指導はしない  土居正博
  クラスをかき乱す子への対応  田中博司

6 やってはいけない指導とやるべき指導 〜9つの場面での指導〜
  ①挙手・返事 子ども自身に必要感をもたせたい!  田中ひとみ
  ②靴をそろえる 靴の入れ方やそろえる指導の意味を考える  神保岳司
  ③いすをしまう いすをしまうことの意味を共に考える  佐藤直樹
  ④時間を守る 学校生活で時間を守ることの大切さ  河合香織
  ⑤話を聞く 話を聞ける力を育てる指導  雨宮真菜美
  ⑥忘れ物をしない 家で持ち物が確認できる時間割表で忘れ物をしない  林 愛
  ⑦あいさつ あいさつの理想状態を体験させる  飯村友和
  ⑧給食 イメージを共有させる  河邊昌之
  ⑨そうじ 子どもが自ら取り組むそうじの時間 

7 いつもとは違う"学級づくり" 〜コロナ禍の1年間を経て〜
  コロナ禍のなかでの学級づくり  奥谷勇磨

小特集 「小さな道徳授業」を"学級づくり"に生かす
 小学校低学年① 「 物を大切にする」意識を高める  猪飼博子
 小学校低学年② 「 気づく力」を高める   青木結紀
 小学校中学年① 「 少しだけ」から始める学級づくり  伊崎真弓
 小学校中学年② 「 違い」を大切にする学級をつくる  堀内遥香
 小学校高学年① 考え方を共有し、意識の強化を図る  古橋功嗣
 小学校高学年② 「 努力することの大切さ」を意識づける  塩塚元啓
 中学校     「 心の回転が早い人」をめざす  平井百合絵

年間連載 第1回[始動期]子どもを「育てる」学級づくり
 「学びの合言葉」を共有する学級づくり  福山憲市
 教師力向上のための「意識すべき10カ条」  野口晃男
 レジリエンスを育てる教室① 自分で決める・自分で動く  上島 博
 達人たちの学級経営のどこに学ぶか?「 育てる」以前に教師自身が育て! 始動期はまず差別的構造の排除から  土作 彰

学年・学校を動かせ!⑬ 学年経営の基礎・基本  鈴木健二

リレー連載 特別の教科 道徳への提言 主張ある道徳授業を創る!その⑮
 教科書教材の授業は3つのポイントで、教材への興味をもたせ、問題意識を高めるべし  下石暢彦

コロナ禍の先の学校のゆくえ1 コロナ禍の1年の経験を今こそ振り返る  石井英真

編集後記
プロダクトNo 1281694094
出版社 日本標準
発売日 1,4,7,10月の1日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。