精神科看護 定期購読・最新号・バックナンバー

精神科看護の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

精神科看護雑誌の詳細です。


精神科看護の公式サイトへ
本・雑誌 精神科看護
本・雑誌内容 精神科看護の現場的視点を基軸にしながら、“いままさに”起こっている問題へのアプローチ・解決の糸口をさぐるとともに、各病院の実践・取り組みを紹介。また、精神科医療の動向や他職種・他領域からの視点も踏まえた「多様な視点」を提示。精神科看護のエッセンスを考えるための一冊。
本・雑誌内容詳細 CONTENTS◆精神科訪問看護 Part2


▼特集1 これからの精神科訪問看護で大切なこと

これからの精神科訪問看護で大切なこと
―リカバリー,社会的包摂,ストレングスモデルに注目した援助
安保寛明(山形県立保健医療大学看護学科 教授)

精神科訪問看護の実際
―利用者が主体性を獲得するための支援
松本和彦(プラスワン訪問看護ステーション 統括所長/精神科認定看護師)


▼特集2 こんなときにはどうしたら?
―精神科訪問看護の経験を共有します!

1 「ひきこもり(がち)な利用者に対して焦りを感じます……」
―心の扉が開く瞬間を待つ
藤井陽子 (医療法人社団緑誠会光の丘病院 精神科認定看護師)

2 「とにかく会話が続かない! その沈黙に押しつぶされそう……」
―同じ空間と時間を楽しむ姿勢で
菊地嘉通(訪問看護ステーション・スクラム 管理者)

3 「寝てばかりではよくなるものもよくならないんじゃないか……」
―「焦らず待つ」ことを共有する
吉永宜之(かえるこころの訪問看護ステーション 代表社員/WRAPファシリテーター)

4 「訪問で利用者を怒鳴りつける家族にどう向き合ったらいいのか……」
―家族に変化を求めるのではなく
尾﨑景子(医療法人周行会訪問看護ステーションウィング 副所長/精神科認定看護師)

5 「まったく身に覚えのない突然の理不尽なクレームに私,困惑……!」
―それはSOSのサインかも
近藤美保(静岡県立大学看護学部 助教)

6 「『ほらこんなに余っちゃった(笑)』と薬を見せられて……」
―本人の意思決定を尊重しましょう
片山尚貴(訪問看護ステーションけあっぐ 管理者)

7 「ある日を境に,訪問の拒否が続いています……」
―諦めないための訪問支援を
片岡大貴(一般社団法人Q-ACT Q-ACT北九州 作業療法士/チームリーダー)

8 「母親が息子にキツい言葉を! 訪問がネガティブな雰囲気に……」
―家族にあった解決方法を見つけていく
刑部百合子(医療法人社団互啓会ぴあクリニック 保健師/看護師)

9 「セクハラめいた言動が目立つ利用者への訪問に不安を感じます……」
―セクハラを取り巻く背景をしっかりと認識する
田邉友也(特定非営利活動法人精神医療サポートセンター訪問看護ステーションいしずえ 代表理事/精神科認定看護師/精神看護専門看護師)

10 「『あの……いま死のうかどうか考えているんです』という電話が……」
―「死にたい」と話すその言葉の裏には
神崎明奈(訪問看護ステーションnorth-ACT 保健師)

11 「『自信がないので,看護師さんが決めて』という利用者さん……」
―人はみずからの力でリカバリーできる
梅原敏行(訪問看護ステーションおあふ 管理者)

12 「訪問時にずっと妄想内容を話している利用者さんに困惑……」
―「聴く」ことからスタートする
遠藤りら(静岡県立大学看護学部 助教)

13 「座る場所すら見つけられないお宅への訪問看護で思うこと……」
―人はたくましく生きている
川井雪詠(医療法人誠心会訪問看護ステーションかわい 管理者)

14 「近所の庭に入って何かを探している利用者さんの孤立が心配……」
―近隣との関係を再構築するためのアプローチ
石川敏樹(訪問看護ステーション和来東浦本社 管理者)


▼特集3 “つながり”をつくるためのいくつかのやりかた

どうすればネットワークは拡がるのだろうか?
―動く・つながる・拡がっていく
渡邊恭佑(訪問看護ステーション和来ふえふき 管理者/精神科認定看護師)

レポート “環境”こそが薬となる
―飲食店との“異色の”コラボレーション
編集部

“つながり”のなかで精神科看護師ができること
小成祐介(特定非営利活動法人宮古圏域障がい者福祉推進ネットNPO法人レインボーネット 相談支援専門員/精神科認定看護師)
プロダクトNo 1281692088
出版社 精神看護出版
発売日 毎月20日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。