整形外科サージカルテクニック 定期購読・最新号・バックナンバー

整形外科サージカルテクニックの詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

整形外科サージカルテクニック雑誌の詳細です。


整形外科サージカルテクニックの公式サイトへ
本・雑誌 整形外科サージカルテクニック
本・雑誌内容 整形外科領域の「手術」を徹底して取り上げる専門誌『整形外科サージカルテクニック』。教科書には載っていない手術のコツ、ピットフォール、リカバリー法が満載。各手術のエキスパートの技と知恵を凝縮した「手術が見える・わかる専門誌」です。
本・雑誌内容詳細 【Feature】膝周囲骨切り術 新たな治療戦略とピットフォール
横須賀市立市民病院関節外科・人工関節センターセンター長 竹内良平

〔オーバービュー〕
◆1.総 論(オーバービュー)
八木整形外科病院 安田和則

〔基本的な手術手技と工夫〕
◆2. Open Wedge High Tibial Osteotomy(OWHTO)
大阪医科大学 大槻周平

◆3. Hybrid Close Wedge High Tibial Osteotomy(HCWHTO)
市立奈良病院 藤間保晶

◆4. 逆V字型高位脛骨骨切り術
北海道大学大学院 近藤英司 他

◆5. Tibial Condylar Valgus Osteotomy(TCVO) 手術手技(特に骨切り部固定)に関するピットフォール
長崎大学 米倉暁彦 他

◆6. Distal Femoral Osteotomy+OWHTO
兵庫医科大学 中山 寛 他

◆7. 高度外反変形膝に対するDouble Level Osteotomy (Medial Closed Wedge Distal Femoral Osteotomy+Medial Closed Wedge High Tibial Osteotomy)
春江病院 中村立一

〔膝周囲骨切り術と臨床的な応用〕
◆8. ACL再建,半月板縫合との併用
日本鋼管病院 石川大樹

◆9. Open Wedge Distal Tuberosity Tibial Osteotomy(OWDTO)
秋山クリニック 秋山武徳 他

◆10. Knee Osteotomy におけるナビゲーションの役割
横浜市立大学大学院 赤松 泰



【Front Essay 整形外科医の軌跡】最善を尽くす 骨折の早期治癒を可能にした低出力超音波パルス治療法
独立行政法人労働者健康安全機構 九州労災病院副院長 神宮司誠也



【若手医師のための 経験すべき“領域別”手術講座】
[手]
〔Part 1〕Wide awake surgery の実際
富山大学 頭川峰志 他

〔Part 2〕MP関節側副靱帯付着部裂離骨折の治療
三重大学大学院 辻井雅也



【Short Lecture】
◆[新連載]整形外科の注射・ブロック療法のコツとピットフォール
・脊椎のブロック療法
東海大学 檜山明彦 他

◆術後感染の治療戦略 骨折治療編
・大腿骨感染性偽関節に対する骨再建 (3)Vascularized fibula graft
市立奈良病院 矢島弘嗣

◆失敗から学ぶ 偽関節治療ケーススタディ
・上腕骨近位・遠位関節周囲偽関節治療
自治医科大学 松村福広



【Current Knowledge】
◆整形外科最新トピックス
・Acetabular Cup Orientation(ACO)ガイドを用いた寛骨臼側のカップ設置
国立病院機構千葉医療センター 阿部 功

・今月の海外文献
千葉大学 折田純久



【Campanio! カンパニオ】医療・看護・介護のトピック8本!
◆自分をさらけ出し相互理解を深める! 医療チームをつなぐ対話の技術
・「声をかける」
名古屋記念財団ホスピーグループ腎透析事業部 岡山ミサ子

◆日本健康寿命延伸学会 ロコモ知るシンポジウム
・そもそも「ロコモ」ってなんだ?
NPO法人高齢者運動器疾患研究所 石橋英明



【Information】
・専用WEBページのお知らせ
・次号予告
・読者モニター募集のお知らせ
プロダクトNo 1281691514
出版社 メディカ出版
発売日 毎奇月15日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。