月刊カレントテラピー 定期購読・最新号・バックナンバー

月刊カレントテラピーの詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

月刊カレントテラピー雑誌の詳細です。


月刊カレントテラピーの公式サイトへ
本・雑誌 月刊カレントテラピー
本・雑誌内容 医学界で話題になっている疾患をタイムリーに取り上げ、全国の第一線で活躍されている著名な先生方に執筆を依頼!臨床現場で活用できる診断と治療の最新情報を、わかりやすく丁寧に解説しています。創刊から30年。その充実した内容と実績は、多くの医療関係者より高い評価を頂いております。<監修>高久史麿(自治医科大学学長)、猿田享男(慶應義塾大学名誉教授)<編集協力>北村 聖(東京大学医学教育国際協力研究センター教授)
本・雑誌内容詳細 ◆特集
NAFLDとNASHの現況と展望
― 国民病となったNAFLD/NASHの疾患概念の変遷と問題点―

◆エディトリアル
橋本悦子(西武鉄道健康支援センター/前東京女子医科大学消化器内科教授)●7

◆NAFLD/NASHの疫学
NAFLD/NASHの疫学
戸張真紀(東京女子医科大学八千代医療センター消化器内科)●8

◆NAFLD/NASHの病態
NAFLD/NASHの病態
池嶋健一(順天堂大学大学院医学研究科消化器内科学教授)●15
メタボリック症候群の肝病変としてのNAFLD/NASH
冨田謙吾(防衛医科大学校消化器内科准教授)●22
内分泌疾患・膵頭十二指腸切除に起因するNAFLD/NASH
池上 正(東京医科大学茨城医療センター消化器内科教授)●29

◆NAFLD/NASHの診断
世界の診療ガイドラインの現状
赤羽たけみ(奈良県立医科大学内科学第三講座(消化器・内分泌代謝内科)講師)●36
日常診療におけるスクリーニングの実際
角田圭雄(愛知医科大学内科学講座肝胆膵内科学准教授)●42
画像診断
今城健人(横浜市立大学大学院医学研究科肝胆膵消化器病学教室助教)●47
NASHにおける組織学的所見
辻川華子(慶應義塾大学病院病理診断科助教)●54

◆NAFLD/NASHの治療
食事療法
海老沼浩利(国際医療福祉大学医学部消化器内科主任教授・
三田病院消化器センター副センター長)●60
NAFLD/NASHの運動療法
正田純一(筑波大学医学医療系医療科学教授)●65
薬物療法
杉本和史(三重大学医学部消化器肝臓内科/中央検査部講師)●72

◆NAFLD/NASHの予後
NAFLD/NASH―メタボリック症候群の肝病変として・肝疾患の予後―
清家正隆(大分大学医学部附属病院肝疾患相談センター診療教授)●78
NAFLD/NASHと発癌
伊藤義人(京都府立医科大学大学院医学研究科消化器内科学教授)●84

◆治療薬解説
新薬の開発状況
田中直樹(信州大学医学部代謝制御学准教授)●90

◆Key words
サルコペニアとNAFLD/NASH
兵庫秀幸(JA広島総合病院肝臓内科主任部長)●95
減量手術(bariatric surgery)とNASH改善効果
内藤 剛(東北大学大学院医学系研究科外科病態学講座消化器外科学分野/
東北大学病院総合外科特命教授)●96
腸内細菌とNAFLD/NASH
安藤 朗(滋賀医科大学消化器内科教授)●97

◆座談会
内科診療におけるNAFLD/NASHの拾い上げ ●98
橋本悦子(西武鉄道健康支援センター/前東京女子医科大学消化器内科教授)
西原利治(高知大学医学部消化器内科学講座教授)
是永匡紹(国立国際医療研究センター肝炎情報センター室長)

バックナンバー……………………………………●106
次号内容目次………………………………………●107
国内学会スケジュール……………………………●108
読者アンケート……………………………………●109
プロダクトNo 1281691512
出版社 ライフメディコム
発売日 毎月1日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。