月刊カレントテラピー 定期購読・最新号・バックナンバー

月刊カレントテラピーの詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

月刊カレントテラピー雑誌の詳細です。


月刊カレントテラピーの公式サイトへ
本・雑誌 月刊カレントテラピー
本・雑誌内容 医学界で話題になっている疾患をタイムリーに取り上げ、全国の第一線で活躍されている著名な先生方に執筆を依頼!臨床現場で活用できる診断と治療の最新情報を、わかりやすく丁寧に解説しています。創刊から30年。その充実した内容と実績は、多くの医療関係者より高い評価を頂いております。<監修>高久史麿(自治医科大学学長)、猿田享男(慶應義塾大学名誉教授)<編集協力>北村 聖(東京大学医学教育国際協力研究センター教授)
本・雑誌内容詳細 ◆特集
慢性腎臓病の管理と今後の展望―新しいガイドラインを考慮して―

◆エディトリアル
岡田浩一(埼玉医科大学医学部腎臓内科教授)●7

◆慢性腎臓病の病態と治療
慢性腎臓病の進展機序―基礎と臨床から―
坂井 薫(京都大学医学部附属病院腎臓内科学助教)●8
慢性腎臓病におけるMBDとCVD
濱野直人(東海大学医学部内科学系腎内分泌代謝内科)●14
高齢者における慢性腎臓病の特異性
伊藤孝史(島根大学医学部附属病院 腎臓内科 診療教授)●20
慢性腎臓病診療における腎生検の意義と問題点
乳原善文(虎の門病院分院腎センター内科部長)●26
慢性腎臓病に対する食事療法とチームアプローチ
長井美穂(東京医科大学腎臓内科学分野講師)●31
慢性腎臓病における降圧療法のcontroversy
増田貴博(自治医科大学内科学講座腎臓内科学部門講師)●38
糖尿病性腎臓病と糖尿病合併慢性腎臓病
林 晃正(大阪急性期・総合医療センター腎臓・高血圧内科主任部長)●44
腎代替療法の現状と展望
西 慎一(神戸大学大学院医学研究科腎臓内科教授)●49

◆慢性腎臓病研究の最前線
Functional MRIによる病態診断
井上 勉(埼玉医科大学医学部腎臓内科准教授)●54
腎疾患ゲノム解析
藤丸拓也(東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科腎臓内科学)●60
オートファジーと慢性腎臓病
猪阪善隆(大阪大学大学院医学系研究科腎臓内科学教授)●66

◆代替療法
腎臓リハビリテーションによる慢性腎臓病の進展抑制
上月正博(東北大学大学院医学系研究科機能医科学講座内部障害学分野教授/
東北大学病院リハビリテーション部長)●71

◆治療薬解説
バルドキソロンメチル,
HIFスタビライザーに対する期待
石井太祐(東京大学医学部附属病院腎臓内分泌内科)●78

◆Key words
ビッグデータベース
神田英一郎(川崎医科大学医学部特任教授)●84
腎臓病療養指導士制度
要 伸也(杏林大学第1内科(腎臓・リウマチ膠原病内科)主任教授)●85
腎代替療法(透析・移植)の療法説明と
Shared decision making
小松康宏(群馬大学大学院医学系研究科医療の質・安全学講座教授)●86

◆座談会
慢性腎臓病診療の展望―これまでの10年,これからの10年―●88
岡田浩一(埼玉医科大学医学部腎臓内科教授)
柏原直樹(川崎医科大学腎臓・高血圧内科教授)
南学正臣(東京大学腎臓・内分泌内科教授)

バックナンバー……………………………………●98
次号内容目次………………………………………●99
国内学会スケジュール……………………………●100
読者アンケート……………………………………●101
プロダクトNo 1281691512
出版社 ライフメディコム
発売日 毎月1日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。