Think Asia(シンク アジア) 定期購読・最新号・バックナンバー

Think Asia(シンク アジア)の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

Think Asia(シンク アジア)雑誌の詳細です。


Think Asia(シンク アジア)の公式サイトへ
本・雑誌 Think Asia(シンク アジア)
本・雑誌内容 「日本と中国をみつめて一世紀」学術交流と人材育成を通じ中国との理解友好を目指す霞山会(かざんかい)の広報誌。
本・雑誌内容詳細 『Think Asia』No.43 目次

■<遥>
魯迅生誕一四〇年(第一話)
涙を浮かべた魯迅―一九三一年四月一七日、
東亜同文書院での講演 小山三郎

■<味> 
トック 西井和弥

■<颯>
連載「写真で読み解く中国朝鮮族の暮らし」
記録を記憶する作業 戸田郁子 柳銀珪

■<遺>
聖地キャンディ 岩崎育夫

■<現>
台湾人として初めて五輪出場した張星賢 伴武澄

■<硝>
レンズの向こうのベトナム
ラック湖の漁師ムノン族
~悲しい男の定めに生きる? チャン・トー・ガー

■<画> 山西の麺 丁未堂
プロダクトNo 1281691455
出版社 一般財団法人 霞山会
発売日 3,6,9,12月の31日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。