中医臨床 定期購読・最新号・バックナンバー

中医臨床の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

中医臨床雑誌の詳細です。


中医臨床の公式サイトへ
本・雑誌 中医臨床
本・雑誌内容 『中医臨床』は1980年に日本で唯一の中医学専門誌として産声をあげました。近年,国内外において中国伝統医学に対する再評価が高まりをみせています。西洋医学とは異なる中国伝統医学のもつ人体観・病理観が人々の関心を惹きつけているものと思えます。そのようななかで,『中医臨床』は30年以上にわたり一途に中医学の魅力を紹介し続けてきました。中医学は色あせることなくいっそう輝きを増しています。いつまでも使えるバックナンバー,それが自慢です。
本・雑誌内容詳細 巻頭インタビュー/ニッポンの中医臨床 牧角和宏先生に聞く/良質の基礎資料を比較検討して『傷寒論』の旧態を蘇らせる(牧角和宏/[聞き手]編集部)

◆特集/丹渓医学
 リード(編集部)
 インタビュー/浙江省中医薬研究院 盛増秀教授に聞く/丹渓医学とは何か~学術と系譜~(盛増秀/[聞き手]編集部)
 インタビュー/義烏市中医医院 朱鋭明教授に聞く/朱丹渓の故郷で継承される丹渓の医学と文化(朱鋭明/[聞き手]編集部)
 症例/盛増秀教授による丹渓方の応用(盛増秀)
 寄稿/丹渓医学の日本への影響~曲直瀬流医学とその伝承~(町泉寿郎)

新・方剤学~方剤分類と方意~/第5回/解表剤〈4〉(加島雅之)
中医診察ナビゲーション◇難治性疾患の弁証論治/益気養陰・補虚安中による脾腎気陰虧虚の虚労肌極治療(丁元慶)
銀座煎じ研究会/症例カンファレンス/第4回/気分の落ち込みと不眠の一症例(田中耕一郎ほか)
杏林春秋/甘麦大棗湯と百合地黄湯が有効であった解離性同一性障害と過食症の一症例(川又正之)
医療用漢方エキス剤の中医学的理解とその運用⑭/生薬構成が類似した処方同士を比較する〈10〉―清熱剤篇①―(渡邊善一郎)
漢方医学と中医学の架け橋/第13回/『古今方彙』講習会(その2)『古今方彙』を読む―内傷門(1)(奈良和彦ほか)
困っている症例/夜間発熱・クローン病(アドバイザー 高橋楊子)
ニッポンの漢方薬局を訪ねる⑥/ウエマツ薬局・植松光子先生/中医学によるアトピー改善で評判の薬局(植松光子/[聞き手]猪越英明)
内経入門/第24回/六腑ってなに?〈2〉胆と三焦のはたらき(斉藤宗則)
乾くんの教えて!望・聞・問・切診/第3話/顔色をみてみよう(前編)(石井尊子)

特別INTERVIEW/浙江中医薬大学学長 方剣喬教授に聞く/浙江の鍼灸と中国の鍼灸教育(方剣喬/[聞き手]編集部)
回顧 針麻酔/針麻酔による鎮痛効果の研究〈前篇〉(韓済生)
仮免鍼灸臨床からの脱皮/その36/「穴性」を検証する/「清」という文字からみる穴性のあいまいさ(金子朝彦)
鍼灸百話/第39話/胆経の病証は何か?(篠原昭二)
近況雑感/七情の驚は何臓と関連するのか?―『新版 東洋医学概論』教科書検討小委員会への質問状―(浅川要)

弁証論治トレーニング100〈耳鳴り〉(滝沢健司)
 回答へのコメント(高橋楊子・呉澤森)
 次回出題(呉澤森)

書籍紹介/『中医小児科学』(辰巳洋主編)
リポート/第8回日本中医学会学術総会 中医学国際交流の更なる展開と推進~中医心身医学を端緒として~(編集部)
未病を治す智恵37/四川料理と花椒(藤田康介)
印象記/鍼の聖地・茨木で 日本伝統鍼灸学会(編集部)
プロダクトNo 1281691409
出版社 東洋学術出版社
発売日 3,6,9,12月の20日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。