アフターマーケット 定期購読・最新号・バックナンバー

アフターマーケットの詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

アフターマーケット雑誌の詳細です。


アフターマーケットの公式サイトへ
本・雑誌 アフターマーケット
本・雑誌内容 自動車(大型含)のアフターマーケット市場、整備、機械工具、車検、点検、部品、用品、このジャンルをトータルにサポート! 動向、市場規模をはじめ、部品商、部販、共販、整備工場、ディーラー、カーメーカー、第2ブランド、リビルト、電装関連とベテランの記者たちが現場より耳寄りな情報を毎月、レポートします。もちろん国土交通省を中心とする自動車関連の国や都道府県からのメッセージも補足し読者の皆様にお伝えしていきます。
本・雑誌内容詳細 オールシーズンタイヤが熱い!!
雪道も走れる夏タイヤとして非降雪地域で需要拡大
コモディティ化の抑制へ製販ともに普及促進に本腰
オールシーズンタイヤの販売気運が高まっている。
日本グッドイヤーが2016年より戦略商品として販売強化に取り組んできたことで、それまで乗用車ユーザーの間では「ほぼゼロ」だった認知度が向上し、需要も高まっている。もちろん、市販用タイヤ市場における販売比率は微々たるものであるが、全需が微減または横ばいで推移する中で唯一拡大が期待される商品カテゴリーゆえに、メーカーも販売事業者も普及促進に本腰を入れはじめた。
非降雪地域を中心に潜在需要は大きいと考えられる。また付加価値が高く、廉価なアジアンタイヤのシェア拡大に代表されるコモディティ化に歯止めをかける観点からも、今後の動向が注目される。

《オールシーズンタイヤの販売気運が上昇1》
日本グッドイヤー
新たに『ウェザーレディー』の13サイズを発売

《オールシーズンタイヤの販売気運が上昇2》
住友ゴムがオールシーズンタイヤの普及に注力

《好評連載》
21世紀の自動車整備業
「EDR」と「CDR」は自動車点検・整備にどう関係するのか4

《好評連載》
すぐできるインターネット活用術
自動車整備市場の戦国時代を生き残るには

「バッテリー」を突然のトラブルから守れ!
テスターの診断だけでなく、使用状況を加味した
クルマに適した「予防メンテナンス」が最善の道
本誌の調べでは、「バッテリー」は補修用パーツではタイヤに次ぐ市場規模を有しており、アフターマーケットにおいて非常に重要な商材である。その規模もさることながら、バッテリーはJAFの「ロードサービス救援依頼」で毎年2位以下を大きく引き離して断然トップになっている。それだけトラブルが起きやすいパーツなので、ユーザーのカーライフを守るための取り組みが整備事業者には求められる。

《今時のバッテリー交換術》
埼玉トヨペット
最適なタイミングで「バッテリー交換」を提案!

「OBD車検」の導入が現実に!
国土交通省が「車載式故障診断装置を活用した
自動車検査手法のあり方検討会」を開催
国土交通省は「車載式故障診断装置」(OBD)を活用した自動車検査=「OBD車検」の導入に向け、「車載式故障診断装置を活用した自動車検査手法のあり方検討会」を開催している。5月11日には中間とりまとめを行い、その骨格が明らかとなった。
この中間とりまとめを基に、特定DTCの運用等に係る専門家WG(ワーキンググループ)を立ち上げ、全体の枠組み、特定DTC情報の提出と管理、法定スキャンツールの仕様などについて検討を進めてきた。
その検討状況の中間報告がこのほど行われたので、その概要をシリーズで掲載する。

「協業・連携の時代」が到来
中小零細こそ「協業・連携」が必要な時が来た!

《協業・連携の時代1》
コインランドリーがもたらすシナジー
G-7が推進する地域に根ざしたモール展開

《協業・連携の時代2》
カークリーニングビジネスとの協業
ハウスクリーニングやランドリーとの連携の可能性

冬期の「車輪脱落事故」に注意しよう!

いすゞ自動車首都圏
徹底した品質管理が確かな作業を実現し「安全」を確保する!
《好評連載》
どうなる自動車整備業の近未来?11
勝ち組工場になるための処方箋

《好評連載》
板金塗装業界には「改革」が必要!
第4次産業革命時代を乗り越えるためのシナリオ…その1

保険会社のテレマティクスサービス
好調「テレマティクス保険」に迫る
・あいおいニッセイ同和損害保険
・三井住友海上火災保険
・東京海上日動火災保険
・損害保険ジャパン日本興亜

日仏自動車業界の未来・アーバンモビリティ
「日本の自動車産業:機会と展望」

「福祉高齢化対策」特集
「超高齢化社会」を迎えた日本における
自動車アフターマーケットとしてのビジネス展望
総務省の推計によると、9月15日現在の日本の総人口は1億2642万人で、前年に比べて27万人減少する一方、65歳以上の高齢者は44万人増加して3557万人となった。これに伴い、総人口に占める高齢者人口の割合は28.1%と過去最高を更新した。
「超高齢化社会」のキーである「福祉」への取り組みを、自動車アフターマーケットにおけるビジネスの視点で展望する。

《「福祉高齢化対策」特集1》
国際福祉機器展H.C.R.2018
自動車メーカーが展示した福祉車両の一部を紹介

《「福祉高齢化対策」特集2》
全国総合福祉車両協議会
「福祉装置」の法規制化に向けた活動を積極展開

《「福祉高齢化対策」特集3》
全国総合福祉車両協議会「全国会員大会」
求められる福祉車両整備取扱店とは?

オートアライアンス山口

アウトメカニカ・フランクフルト2018

《リフレッシュ需要を掘り起こせ!!1》
ネッツトヨタ東埼玉
ヘッドライトコートPROを新発売

《リフレッシュ需要を掘り起こせ!!2》
東京トヨタ自動車
ナノファイバーコートの提案販売を推進

《リフレッシュ需要を掘り起こせ!!3》
オートバックスセブン
『Smart+1』の2号店をオープン
プロダクトNo 1281690690
出版社 (株)自動車新聞社
発売日 毎月1日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。