図書新聞 定期購読・最新号・バックナンバー

図書新聞の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

図書新聞雑誌の詳細です。


図書新聞の公式サイトへ
本・雑誌 図書新聞
本・雑誌内容 思想の本舗・図書新聞では一九四九年の創刊以来、一貫して知のトレンドを練り続け、アヴァンギャルド・シーンを完全パック、産地直送させて頂いております。媚びない。退かない。甘くない。そのラジカリズムに徹した辛口の本格批評は、知識の修羅場を生き抜く指南の書。どうぞ、トンガリの極みを熟読玩味の上、益々の御愛顧の程宜しくお願い申し上げます。
本・雑誌内容詳細 〈特集 辞書・事典・図鑑〉――――――――――
◆今週の一面◆
・映画をいかに捉えるか――流転し忘れ去られていく映画を記録にとどめた一巻本
対談 山根貞男×岡田秀則
山根貞男編『日本映画作品大事典』(三省堂)をめぐって

◆書評◆
・山田有策他編『尾崎紅葉事典』翰林書房(助川幸逸郎)
・平山亜佐子編著『戦前 尖端語辞典』左右社(鈴木貴宇)
・釧路アイヌ語の会編『釧路地方のアイヌ語語彙集』藤田印刷エクセレントブックス(高橋靖以)
・波田野節子他編著『韓国文学を旅する60章』明石書店(林浩治)
・笠間書院編集部編『江戸東京名所事典』笠間書院(植田隆)

◆出版社と著者からのエッセイ◆
・朝倉書店『進化でわかる人間行動の事典』
・吉川弘文館『日本史「今日は何の日」事典』
・大修館書店『明鏡国語辞典 第三版』
・皓星社『大宅壮一文庫所蔵総目録』
・金沢文圃閣『戦前期「外地」雑誌・新聞総覧(二)』
・翰林書房『尾崎紅葉事典』
・三省堂『世界の神話大図鑑』
・農山漁村文化協会『今さら聞けない 農業・農村用語事典』
・全国農村教育協会『カビ図鑑』
・日外アソシエーツ『オリンピック記録総覧』
―――――――――――――――――――――――

◆主な書評・レビュー◆
望月詩史『石橋湛山の〈問い〉』法律文化社(鈴村裕輔)
オノラ・オニール『理性の構成』法政大学出版局(竹山重光)
赤松加寿江『近世フィレンツェの都市と祝祭』東京大学出版会(三森のぞみ)
本部勝大『租税回避と法』名古屋大学出版会(浅妻章如)
原田謙『「幸福な老い」と世代間関係』勁草書房(平田弘美)
マーク・キングウェル『退屈とポスト・トゥルース』集英社新書(永田和男)

◆連載◆
娯楽トンボの眼(小嵐九八郎)
読書絵日記(秋竜山)
はたらくとは何か(凪一木)
シネマの吐息(睡蓮みどり)
演劇の現在(高橋宏幸)
映画はパラダイス(殿島三紀)
プロダクトNo 1281687685
出版社 武久出版
発売日 毎週土曜日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。