いのちの環 定期購読・最新号・バックナンバー

いのちの環 定期購読・最新号・バックナンバー

いのちの環の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

いのちの環雑誌の詳細です。


いのちの環の公式サイトへ
本・雑誌 いのちの環
本・雑誌内容 ◆環境保全や資源問題の解決に取り組む人を取り上げた記事を掲載します。毎回、特集のテーマにあった実践者のインタビューやルポをはじめ、連載企画「自然の声を聴く」などで、環境保全や資源問題に取り組む人をとり上げ、自然とともに伸びる社会の生き方のモデルを提示していきます。 ◆芸術表現を行っている人やその投稿作品を掲載します。生活の中の美しいものや感動することを認めて表現する“日時計主義”の生き方を提唱します。◆本誌の購読料の内、1誌につき1円が植林活動に寄付されます。
本・雑誌内容詳細 特集1 地熱のちから
地熱は純国産で、天候に左右されず、24時間利用できる再生可能なエネルギー源です。生長の家は、低炭素な社会を実現していくために、この“地熱のちから”の活用に着手しています。本特集では、生長の家との縁も深く、地熱発電に取り組んでいる一燈園(いっとうえん)に話を伺いました。

インタビュー 自然の力をお借りして、湯布院町で地熱発電に取り組む
多くの火山を有し、地熱資源量が世界第3位と言われる日本。しかし、現在、日本全体の総発電量に占める地熱発電量はわずか0.2%に過ぎない。そんな中、「自然が与えてくれる力をお借りする」という宗教的信念の下(もと)、地熱発電に乗り出した一燈園「燈影(とうえい)新エネルギー開発株式会社」代表取締役社長の西田宗敬さんと、同副社長の中路ススムさんに、一燈園の歴史、地熱発電所の現状、地熱発電にかける思いや今後の抱負などについて伺った。

特集2 明るい心で健康になる
・私のターニングポイント「『神様に全托しよう』と思えた時、うつ病から立ち上がることができました」
・明るい心になろう 谷口清超(前生長の家総裁)

------------------------------------------------------------------------------

自然の営みに神の御徳を観ずる祈り
谷口雅宣(生長の家総裁)

聖典をひらく 大なる計画は魅力を有す
谷口雅春(生長の家創始者)

●いのちの回廊 谷口雅春(生長の家創始者)
●美のステージ
花の美しさを引き出し、調和の世界を表現したい
●信仰随想
妻の病気を通し、生長の家の教えに目覚めて
●コラム 悠々味読
地球温暖化防止に効く!? 思いやりに基づく“親切行為”
●連載 仏を彫り出す
仏を信じて呼ぶ者には、即隣に現れる白衣観音
●自然の声を聴く
人と同じように愛情を注げば木や花はちゃんと応えてくれる
●新連載 人生が楽しくなる自転車
自転車を始めたいが、どうしたらいい?
●森からのエコルポ
自然の価値を再発見し、人と自然のつながりを取り戻す
●シリーズ 今、憲法を考える
日本国憲法ができるまで4 大正デモクラシーの影響

●Q&A誌上カウンセリング
「真夜中に目が覚め、眠れなくなります」
●私のこの一冊
『この星で生きる』

●マイタウン、マイファミリー
“お旅まつり”の地、小松市で、市民の家造りをして半世紀(石川県小松市)
●広げよう、いのちの環
なぜ、神様はこんなに不公平なんだろう・1(中華民国)

●絵手紙ぽすと
●俳壇 俳句への招待 櫂未知子(俳人)
●読者のページ
●生長の家インフォメーション 生長の家の生活法とは?
プロダクトNo 1281687595
出版社 日本教文社
発売日 毎月20日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。