コモレバ 定期購読・最新号・バックナンバー

コモレバの詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

コモレバ雑誌の詳細です。


コモレバの公式サイトへ
本・雑誌 コモレバ
本・雑誌内容 「Como le va」は、スペイン語で「ご機嫌いかが?」「調子はいかが?」といった意味のことばです。 50歳以上のシニア世代と呼ばれる方々を読者ターゲットとする季刊のフリーマガジンです。雑誌「Como le va」のテーマは、「心を遊ぶ」「時を遊ぶ」というような「豊かな無駄時間」を尊ぶことに価値を見る読者の方々と共感し合える雑誌です。さらには、「家から一歩外に出ましょう、街を楽しみましょう」ということをお届けできればと考えました。多彩な執筆陣とともに<豊かな無駄時間を楽しむ>心の旅へ皆さまをお誘いします。
本・雑誌内容詳細 猫はコタツで丸くなり、
われらは「コモ・レ・バ?」持って厳寒の戸外へ!


★最新号の表紙は、往年の越路吹雪がもっとも美しいときを捉えた早田雄二の傑作ポートレイト。「愛の讃歌」「サン・トワ・マミー」「ろくでなし」などシャンソンの名曲だけでなく大女優でもあった越路吹雪を身近で見てきた安倍寧さんの筆で香しい像が浮かび上がります。★特集は、映画俳優「三船敏郎」。2014年キネマ旬報の「オールタイム・ベスト映画遺産」男優部門第1位に輝いた“世界のミフネ”、黒鉄ヒロシさんが、クロサワ映画に観る三船敏郎さんの隠れたユーモアを解明しました。★代々木上原と下北沢に囲まれた小田急線の小さな駅「東北沢」を紹介してくださったのは、芸能生活45周年を迎える研ナオコさん。20年来東北沢の美容院に通っていた研さん、今まで知らなかった東北沢で楽しい発見が待っていました。★都心のオフィスビルや教会、コンサートホールでは、ランチタイムに素敵なクラシック音楽の生演奏が聴ける場があります。音楽好きの太田和彦さんに、お昼休みの優雅な楽しみ方を教えていただきました。★「整理」どころか、愛する母の介護に追われる日々の作家ねじめ正一さんの「私の生前整理」。★カメラマン小杉国夫さんの写真と文で語られる「知られざる日光」連載開始、凍てつく日光の氷の造形美を見に、冬の日光へカメラを持って出かけるのもまた楽しいことでしょう。
プロダクトNo 1281687570
出版社 コネックス・エコフレンズ
発売日 1,4,7,10月の1日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。