海洋と生物 定期購読・最新号・バックナンバー

海洋と生物の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

海洋と生物雑誌の詳細です。


海洋と生物の公式サイトへ
本・雑誌 海洋と生物
本・雑誌内容 海洋に生息する生物はもちろん,それらをとりまく環境や水産業をはじめ基礎から応用までひろく最新の研究を紹介し,問題提起をおこなう唯一の雑誌です。毎号ひとつのテーマを深く扱う特集と,体系的な解説をおこなう連載の2つの形式でさまざまな興味深いテーマを解説します。
本・雑誌内容詳細 ●特集『東京湾 過去・現在・未来(1)』
 かつて東京湾は富栄養化の象徴のようなものだといわれてきたが,総量規制の結果,栄養塩濃度は低下してきたといわれる。しかし赤潮や貧酸素はいまだに頻発している。それはなぜなのか…!? 本誌では以前1997年に東京湾について特集を組んだが,そのころと比べて現在はどう変わったのか。
 特集第1回目は,これまでに東京湾を長くみてきた研究者に,水質や栄養塩・有機物の濃度,酸性化,植物・動物プランクトンなどの長期変動や予測を解説してもらった。
【特集目次】
・特集号発刊に寄せて:東京湾の過去・現在・未来(片野俊也/東京海洋大学,梅澤有/東京農工大学,野村英明/東京大学,風呂田利夫/東邦大学)
・東京湾の流動環境-羽田周辺水域を中心として-(八木宏/防衛大学校,灘岡和夫/東京工業大学)
・東京湾底層の貧酸素水塊(長井健容/東京海洋大学,金華/上海瑞爾実業有限公司)
・東京湾における水質の長期変動と水産生物への影響(石井光廣/千葉県水産総合研究センター)
・東京湾における栄養塩類・溶存有機物濃度の長期変動(1989年〜2015年)(久保篤史/静岡大学地球科学科,橋濱史典・神田穣太・堀本(宮崎)奈穂・石丸隆/東京海洋大学海洋環境科学部門)
・東京湾における海洋酸性化の現状と将来予測(川合美千代/東京海洋大学)
・東京湾の植物プランクトン群集の変遷(石丸隆/東京海洋大学名誉教授)
・東京湾におけるカイアシ類群集の長期変化と現状(立花愛子/東京海洋大学)

●連載
・海藻標本採集者列伝(北山太樹/国立科学博物館)
 【37】國枝溥(1888-1954)
・サクラマス-その生涯と生活史戦略(棟方有宗/宮城教育大学)
 【11】サクラマスの保全
・水界微生物フォトギャラリー(河地正伸/国立環境研究所)
 【19】ホロコッコリスの円石藻Homozygosphaera triarcha
・小さな離島の暮らしと漁業(乾 政秀/(株)水土舎)
 【36】東京都・新島
・日本産温帯性ホンダワラ属(島袋寛盛/水産研究・教育機構瀬戸内海区水産研究所)
 【13】ホンダワラ
・日本産十脚甲殻類の幼生(小西光一/水産研究・教育機構中央水産研究所)
 【40】短尾下目(14)胸孔亜群5 スナガニ上科2・ミナミコメツキガニ科・ムツハアリアケガニ科・オサガニ科・メナシピンノ科
・日本産等脚目甲殻類の分類(布村 昇/金沢大学,下村通誉/京都大学)
 【56】ウオノエ亜目(2)スナホリムシ上科・スナホリムシ科(2)スナホリムシ属
・バイカル湖最前線(長縄秀俊/ロシア科学アカデミー客員研究員・岐阜大学)
 【5】

●なまものけん通信
・黒潮いるか通信 -御蔵島からの便り/ELNA(エバーラスティング・ネイチャー)ほか

※目次は予告なく変更となる場合があります。あらかじめご了承ください。
プロダクトNo 1281687395
出版社 生物研究社
発売日 毎偶月15日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。