月刊ビジネスアイエネコ 地球環境とエネルギー 定期購読・最新号・バックナンバー

月刊ビジネスアイエネコ 地球環境とエネルギーの詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

月刊ビジネスアイエネコ 地球環境とエネルギー雑誌の詳細です。


月刊ビジネスアイエネコ 地球環境とエネルギーの公式サイトへ
本・雑誌 月刊ビジネスアイエネコ 地球環境とエネルギー
本・雑誌内容 「月刊ビジネスアイ エネコ」(日本工業新聞社発行)が4月号(3月28日発行)から全面リニューアルしました。 表紙を含めて全ページの誌面デザインを一新。脚本家で富良野自然塾の塾長、倉本聰氏の新連載「萬葉の森をめざして ―富良野自然塾の記録―」、日本総合研究所の専門家による新連載「追跡! トランプ政権のエネルギー・環境政策」がスタートしました。
本・雑誌内容詳細 ●編集長が聞く!
夫馬 賢治 ニューラル CEO
“黒船の改革”で日本企業のESG対応が加速か

【特集】水素社会への礎を築く
・水素エネルギーをめぐる内外の動向と今後の展開
日本総合研究所 創発戦略センター シニアスペシャリスト 木通 秀樹

・水素サプライチェーン構築へ
千代田化工建設 水素チェーン事業推進部 部長 長井 雅史

・市街地で100%水素による熱電供給に成功
大林組 技術本部 スマートシティ推進室 梶木 盛也

・FCV普及に向けた水素ステーション整備
日本水素ステーションネットワーク 担当部長 久保田 智子

・水素社会の実現に向けて…川崎市の取り組み
川崎市 臨海部国際戦略本部 臨海部事業推進部 課長 間島 哲也

●2020年に向けて…温暖化対策をめぐる潮流
世界的な気候変動対策“引き上げ機運”の盛り上がり COP24に向け、各国政府と非国家アクターの活動活発化
WWFジャパン 自然保護室次長/気候変動・エネルギープロジェクトリーダー 小西 雅子

●進化する中国~環境・エネルギー編~
中国“太陽光発電市場”に変化の兆し 政府補助を減らし、太陽光産業の独り立ち促す
日綜(上海)信息系統有限公司 北京諮詢分公司総経理 王婷

●エコカーの真実…開発の舞台裏
「2050年までに100%電動化」の裏事情 日本が直面する厳しい近未来
自動車ジャーナリスト 桃田 健史

●わが社の環境経営 住友ゴム工業
100年を超える独自のゴム技術と先進技術を融合

●松本真由美の環境・エネルギーDiary
メガソーラーと世界最大級の蓄電池 北海道・苫東地域のエネルギー最前線を訪ねる

●未来の扉
ブロックチェーンを使って再エネを取引 みんな電力、企業の再エネ電力利用を支援
経済ライター 馬場 隆

●次代のツール! 二次電池の基礎知識
高安全化を目指した二次電池の研究開発 固体電解質と燃えにくい液体電解質への置き換え
電力中央研究所 材料科学研究所 上席研究員 小林 陽

●山本隆三の快刀乱麻
石炭への逆風が奪う途上国の将来 途上国の人たちの生活も考える必要あり

●環境&エネルギー金融の舞台裏
実用化が視野に入る“自動運転”と保険の進化 ビッグデータを活用、様変わりする商品開発
金融ジャーナリスト 森岡 英樹

●水と共生に
「シンガポール国際水週間」見聞録 日本人参加者はもっと海外人脈の形成を
グローバルウォータ・ジャパン代表 国連環境アドバイザー 吉村 和就

●窪田秀雄の「世界の原子力事情」
中国、原子力砕氷船を建造へ “海洋強国”建設の強力な手段に

●庄司太郎のエネルギー温故知新
トランプ政権のイラン原油禁輸令の影響 ホルムズ海峡、紅海でのリスクの高まりが日本を直撃

●石油新時代
エネルギー基本計画と石油産業 2050年の「脱炭素化」に向けて
日本エネルギー経済研究所 石油情報センター 橋爪 吉博

●TOPICS
西日本豪雨で被災した子供たちを支援 香川真司選手、チャリティーに協力
世界に安全で衛生的なトイレを普及 LIXIL、ユニセフとパートナーシップ ほか

●海外ニュース

●特別寄稿
埼玉の“地下神殿”、河川氾濫の被害低減 首都圏で進む洪水対策、国内各地に展開すべき
環境工学研究所 所長 星山 貫一

●月刊環境自治体eco通信

プロダクトNo 1281687387
出版社 日本工業新聞社
発売日 毎月28日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。