月刊ビジネスアイエネコ 地球環境とエネルギー 定期購読・最新号・バックナンバー

月刊ビジネスアイエネコ 地球環境とエネルギーの詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

月刊ビジネスアイエネコ 地球環境とエネルギー雑誌の詳細です。


月刊ビジネスアイエネコ 地球環境とエネルギーの公式サイトへ
本・雑誌 月刊ビジネスアイエネコ 地球環境とエネルギー
本・雑誌内容 「月刊ビジネスアイ エネコ」(日本工業新聞社発行)が4月号(3月28日発行)から全面リニューアルしました。 表紙を含めて全ページの誌面デザインを一新。脚本家で富良野自然塾の塾長、倉本聰氏の新連載「萬葉の森をめざして ―富良野自然塾の記録―」、日本総合研究所の専門家による新連載「追跡! トランプ政権のエネルギー・環境政策」がスタートしました。
本・雑誌内容詳細 ●2020年に向けて…温暖化対策をめぐる潮流
COP24カトヴィツェ会議が閉幕 パリ協定のルールブック策定とタラノア対話の成果
WWFジャパン 気候変動・エネルギーグループ長 山岸 尚之

●編集長が聞く! 近江 静子
アムンディ・ジャパン ヴァイスプレジデント 運用本部 ESGリサーチ部長
アムンディ、“責任投資”強化に向けた挑戦

【特集】2019年問題と“再エネ利用”の新ステージ
・2019年問題で加速するFIT後のエネルギーシステム
日本総合研究所 創発戦略センター シニアスペシャリスト 瀧口 信一郎

・FIT後を見据えて注目されるマーケットとその展望
富士経済 東京マーケティング本部 第四部 主任 川合 洋平

・FIT後に向けた東京電力エナジーパートナーの取り組み
東京電力エナジーパートナー リビング事業本部 事業企画部長 河野 秀昭

・買い取り期間満了の利用者に多様なサービス提供
Looop スマートライフ事業部 部長 堤 教晃

・FIT後を見据えた事業展開…積水化学工業の取り組み
積水化学工業 住宅カンパニー 広報・渉外部 塩 将一

●進化する中国~環境・エネルギー編~
加速する中国電力企業の海外進出 大規模プロジェクトでは日本企業との協業ニーズも
日綜(上海)信息系統有限公司 北京諮詢分公司総経理 王婷

●エコカーの真実…開発の舞台裏
自動車流通が激動期に突入! トヨタの大決断が及ぼす影響
自動車ジャーナリスト 桃田 健史

●わが社の環境経営 温暖化対策担当者リレーエッセー
丸井グループ

●松本真由美の環境・エネルギーDiary
集光型太陽光発電で水素、焼酎廃液からバイオ燃料 低炭素社会に貢献!宮崎大の研究開発の現場を見学

●スポーツイベントと持続可能性
東京・三枚洲のラムサール条約湿地登録 東京2020大会までに三枚洲の保全方法などを考えるべき
SUSPON 生物多様性部会、日本野鳥の会 自然保護室 室長 葉山 政治

●未来の扉
信頼性高い超電導モーターを産学共同で開発 高性能バルク材を使用し安定した運転を実証
経済ライター 馬場 隆

●山本隆三の快刀乱麻
ビル・ゲイツも投資する蓄電池ビジネス 米カリフォルニア州は世界最大規模の蓄電池導入へ

●環境&エネルギー金融の舞台裏
総合取引所の実現と総合エネルギー市場の創設 東商取とJPX、主務官庁の思惑が錯綜し、紆余曲折も
金融ジャーナリスト 森岡 英樹

●水と共生に
水道運営を民営化しやすくする水道法改正案が成立 コンセッション方式と水道民営化はまったくの“別物”
グローバルウォータ・ジャパン代表 国連環境アドバイザー 吉村 和就

●窪田秀雄の世界の原子力事情
米国原発の発電コスト低下傾向が鮮明に トランプ政権下で依然残る早期閉鎖リスク

●庄司太郎のエネルギー温故知新
2018年の世界のエネルギー問題を振り返る 原油需要は中期的には増大、OPEC増産が増加分まかなう

●石油新時代
OPECと非OPECが協調減産を更新 平成の国際関係と石油市場の変化を凝縮
日本エネルギー経済研究所 石油情報センター 橋爪 吉博

●TOPICS
企業&金融関係者がESG情報開示で“対話” 環境省、CDPが脱炭素経営フォーラム開催
日本鉄鋼連盟、脱炭素化への長期ビジョン策定 水素還元、CCS、CCU、排出ゼロ電力などが必要 ほか

●海外ニュース

●特別寄稿
“大阪の玄関口”グランフロント大阪の環境性能 自然換気システムを取り入れ、雨水・厨房排水を再生利用
環境工学研究所 所長 星山 貫一

●月刊環境自治体eco通信

プロダクトNo 1281687387
出版社 日本工業新聞社
発売日 毎月28日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。