横濱 定期購読・最新号・バックナンバー

横濱の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

横濱雑誌の詳細です。


横濱の公式サイトへ
本・雑誌 横濱
本・雑誌内容 「誇り高き江戸っ子も、ハマっ子には敬意を払う」。作家浅田次郎は、記念すべき季刊誌横濱1号でそう語った。生粋のハマっ子は三日住めば出来上がるというが、横濱を3冊読めば誰もがハマっ子になる。街を歩けば古い建造物がその繁栄の歴史を伝え、夜ともなれば関内、イセザキあたりでジャズ&ブルースが流れる。中華街の喧騒は人々を異国情緒へといざない、暮れ行くトワイライトタイムに街は、これからはじまる夜の楽しみに輝きだす。そんな横浜をあますことなくお伝えするのが『季刊誌横濱』。どうぞ胸いっぱい横浜を味わってください。もちろん、続々と誕生する新名所もご案内いたします。
本・雑誌内容詳細 【特集】ハマの市場は楽しい
 一般開放日
 ハマの台所
 市場探検隊
 市場に季節を見つけに 文◎松山猛
 地魚
 情報発信
 マグロ
 キャベツウニ
 “青果”登場!
 関連棟
 横浜食文化の一丁目一番地へ
 料理教室
 ウォッチ!よこはま 2018年11月18日(日)は「横浜市場まつり」だ!
 横浜食肉市場のPR館でおいしい“冷凍ハマモツ煮込み”を
 地魚があがる神奈川の漁港 文◎眞鍋じゅんこ
 おいしい魚を召し上がれ!
 究極のワンオペ“走る魚屋”
 魚行商のおかみさんレシピ本の楽しさ

【横浜の底力54】 文◎山崎洋子
 “未病”を守るプロの八百屋さん

【買い者・荻野アンナの「商店街は面白い」57】
 「横浜中央市場通り商店会」(神奈川区編)
 卸問屋が軒を連ねる一風変わった商店街

 江戸時代 神奈川の漁村と江戸前の魚 文◎西川武臣
 近現代の魚市場 文◎百瀬敏夫

【林市長のほっとTIME】ゲスト:田中優子さん(法政大学総長)

【みらいへはばたけ! ハマの企業 6】株式会社大川印刷
 印刷業務で一貫して環境配慮型製品づくりに取り組む

【横浜の歴史 いろはの〝い〟その6】 文◎斎藤多喜夫
 関外とは?

【横浜港湾物語48】 文◎志澤政勝
 美空ひばりがいた街と港

【読者投稿写真の掲示板 第6回】 評者◎河北直治
 まちで見つけた〝おもしろ写真〟展

【町の記憶・世代別に語る我が町の原風景 50】
 磯子区岡村

【横濱の秘めたる歴史】 文◎斎藤多喜夫
 現存最古の写真アルバム―ダグラス中尉旧蔵ベアト・アルバム

【市バス・市営地下鉄で横浜再発見】
 市営バス90年の歩み
 市営バス“車両の90年”
 市境を目指す市営バスに乗って

【ウォッチ!よこはま】
 躍動する横浜を見にいこう。
 Dance Dance Dance@YOKOHAMA 2018

横濱インフォメーション(美術館・博物館情報)

【横浜ミュージック 第6回】 文◎平野正裕
 「別れのブルース」―本牧と女の“生き様”

横浜の四季「秋~冬」

次号予告
プロダクトNo 1281684060
出版社 神奈川新聞社
発売日 1,4,7,10月の3日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。