メディカルクオール 定期購読・最新号・バックナンバー

メディカルクオールの詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

メディカルクオール雑誌の詳細です。


メディカルクオールの公式サイトへ
本・雑誌 メディカルクオール
本・雑誌内容 医療経営、医療行政関連を中心に、医療関係者、とくに病医院の実権者に価値ある情報を提供しています。すべては、病医院の未来のために。医業の良質な最新情報、識者による的確な医療施策の分析が、固定読者に好評です。明日の病医院経営の指針として、お役立てください。
本・雑誌内容詳細 ●スペシャル・レポート
第8回慢性期リハビリテーション学会「リハビリテーションの真価を問う」
「リハビリテーションのニューノーマル(新常態)」
「アフターコロナの外国人労働者の必要性」を指摘
2021年2月4~5日に、第8回慢性期リハビリテーション学会が「リハビリテーションの真価を問う~多職種連携を再考する~」をメインテーマにオンライン配信で開催された。コロナ禍のニューノーマルについての学会長講演、アフターコロナについての特別講演のほか、令和3年度(2021年度)介護報酬改定についての特別講演、介護報酬改定を受け慢性期医療施設、老健施設、リハビリテーション施設などでの対応をめぐるシンポジウムなどが行われた。その一部を紹介する。

●レポート
コロナ禍の透析医療を考える
重症化リスク・死亡率の高い透析患者が抱える恐怖
急増する感染者に入院医療は逼迫し、自宅待機も増加
新型コロナウイルス感染者の急増に合わせるように透析患者の感染例も増加し、感染による死亡率が一般の人より8倍高いともいわれる透析患者は不安を増大させている。行政や関係学会の取り組みとそれに対する透析患者の受け止め方を取材した。

●トレンディ・レポート
全国厚生労働関係部局長会議がオンラインで配信され、令和3年度予算案を説示、今後本格化する施策も説明
毎年恒例の全国厚生労働関係部局長会議の令和2年度会議が、1月25日からオンラインで配信され、厚労省16部局の部局などが令和3年度(2021年度)政府予算案等をもとに説示した。その多くが新型コロナウイルス感染症対策関連であったが、今後の医療提供体制構築の考え方(医療計画・地域医療構想など)、オンライン診療、令和3年度介護報酬改定などについても説明を行った。主な説示を紹介する。

◆医事放談 国難を救った凄い医師の先達
◆医療構造改革の今日的課題 新型コロナの感染状況と緊急事態宣言
◆医療変革期の病院経営戦略 後期高齢者の医療費負担2割アップ
◆歯科医療界から医科へのメッセージ 医科歯科連携の各論―総合病院・歯科からみた連携の実際―
◆医療界“ヒット商品”最前線 卓上支払機 Mer’C
◆これからの診療報酬請求業務 課題と方向性 医事業務の体系化に向けて①
◆改正介護保険法 経営課題とその対処法 通所リハビリテーション
◆坂田茂の徹底解説・医療経営ゼミナール ただでは転ばない医療機関
◆東大脳コンサルタントが点検する「医療界の常識」 医療に必要なマーケティングの考え方(59)
◆リレールポ わが町の医療・福祉と支援活動 一般社団法人全国地域医業研究会 秋田耕二郎 松本智志
◆医療・医薬史探訪 近代西洋医学の曙/佐倉順天堂の時代㊦
◆開業医のための「誤診しやすい」遺伝性疾患の話 『240回連載を迎えて』
◆梅田悦生のワインの招待席 家ワイン②
◆峰順一の全国美術館めぐり 岐阜県美術館㊤
◆上原徹のCINEMA NOTES 共存 『アザーズ』
プロダクトNo 1281684013
出版社 メディカルクオール
発売日 毎月28日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。