北國文華 定期購読・最新号・バックナンバー

北國文華の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

北國文華雑誌の詳細です。


北國文華の公式サイトへ
本・雑誌 北國文華
本・雑誌内容 「北國文華」は1998年6月に前身の「文華」(1945年12月から53年まで刊行。1949年4月号からは「北国文化」と改称)を復刊したものです。時代の要請に応え、時代を切り開く価値観と豊かな文化土壤を作り上げる、地方発のユニークな雑誌として評価を受け、大きな支持をいただいています。高樹のぶ子氏の現代小説、嵐山光三郎氏、童門冬二氏、桂文珍氏らのエッセーなど豪華執筆陣も評判です。投稿小説も受け付けており、「発表の場」ともなっています。
本・雑誌内容詳細 【特集】
生誕120年 島田清次郎と文学賞

<巻頭>島田清次郎作 映画「地上」に金沢あり ―北國新聞の写真に見るロケの熱狂

◎受賞者、選考委は一流作家ぞろい
 歴代の受賞者/島清恋愛文学賞の選考方法/受賞者 喜びのひとこと

【特別寄稿】こんなに深く関わった文学賞はない/作家・島清恋愛文学賞選考委員 藤田宜永

○島清恋愛文学賞の歩み 美川町が生み、白山市が手放し、学院大が救った/元美川町長 竹内 信孝
○座談会「島清恋愛文学賞ゼミで学んで」 共感を言葉にするって難しい/金沢学院大学文学賞ゼミ

【寄稿】
●四つの貌(かお)を持つ男 小心ゆえの傲慢、若者のヒーローとDV常習/精神科医・書評家 風野 春樹
●北國新聞社に勤めた二カ月 雌伏の時に見る 傲岸男の素顔/北國新聞社論説委員 小倉 正人
●島清と金沢の三文豪 秋声は励まし、犀星は哀れむ/日本近代文学研究者(金大名誉教授)上田 正行

○「北国文化」にみる島清
 1、「島清」と青春/林 正義 2、島田清次郎について/中村喜久男

《連載》
○【ふるさと唄紀行】9 金沢望郷歌(歌・松原健之)
○【四季礼讃】5 河北潟の春/北國写真連盟常任理事 矢尾 正巳
○北國新聞創刊125周年記念【赤羽萬次郎が生きた「明治」】5〔最終回〕/日本近代文学研究者(金大名誉教授) 上田 正行
○小説「恋なんて、するわけがない9」 亜希の結婚、立ち消えに/水橋 文美江
○【泉鏡花文学賞史】9 野坂昭如『文壇』で咆哮す/嵐山 光三郎
○小説「おんな物語37」 風雲急、大阪城攻め/竹山 洋
○【前田家の武将たち】72 内憂外患の藩政承継―前田利長から利常へ―/童門 冬二

<新連載>
◎【音楽あれこれ】1 災い転じて…/いしかわ・金沢風と緑の学都音楽祭チーフ・プロデューサー 山田 正幸

○【句歌の風景】5 いま現代俳句が面白い/松本 詩葉子
○【心に残るスケッチの旅】21/洋画家 本山 二郎
○【映画は世につれ世は映画につれ】21 ―浅丘ルリ子―/藤岡 紫浪
・文芸時評/金沢学院大文学部長 水洞 幸夫
・法律を叱る79/弁護士 岩淵 正明
・マスコミ時評 北國新聞社論説委員会から/北國新聞社論説委員 野口 強

《小説》
・あなたに伝えたいことがある/樫田 ゆみ
・鶴の舞う城/吉原 実
・レプリカ/室屋 圭

・読者の声/編集室から
プロダクトNo 1281683831
出版社 北國新聞社
発売日 3,6,9,12月の1日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。