淡交 増刊号 定期購読・最新号・バックナンバー

淡交 増刊号の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

淡交 増刊号雑誌の詳細です。


淡交 増刊号の公式サイトへ
本・雑誌 淡交 増刊号
本・雑誌内容 茶道雑誌『淡交』の増刊号として、毎年9月に刊行しています。「茶の湯」をより深く知るために、一つのテーマをじっくり特集しています。
本・雑誌内容詳細 淡交増刊号

2018年淡交増刊号
茶の湯の掛物 実践と基礎知識

平成30年の『淡交』増刊号では、茶の湯における掛物についてを幅広く紹介します。
巻頭では、12 ヶ月それぞれの待合掛と本席掛を紹介しながら、茶の湯で用いられる掛物の種類などを解説。また、依田徹氏に解説により仏画として始まり、茶の湯にも取り入れられた掛物の歴史と展開をQ&A形式で解説します。
さらに、表具師・静好堂中島の協力のもと本紙を荘厳する表具について裂地の取り合わせなども含めて説明いただき、志倶会の藤井宗悦先生には様々な画題が描かれた待合掛を効果的に茶事・茶会で使用するかをアドバイスいただきます。
そして、巻末には、志倶会の野村宗秀先生に掛物の扱いについてご教示いただきます。
プロダクトNo 1281683826
出版社 淡交社
発売日 9月の10日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。