Blue.(ブルー) 定期購読・最新号・バックナンバー

Blue.(ブルー)の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

Blue.(ブルー)雑誌の詳細です。


Blue.(ブルー)の公式サイトへ
本・雑誌 Blue.(ブルー)
本・雑誌内容 海を愛するすべての人々、サーフスタイルに憧れを持っている人に、ファッション、カルチャー、ライフスタイル、ミュージック、アート等、バラエティ豊かなカテゴリーで、サーフスタイルの魅力を提案します。ヒストリカルな特集から最新のトレンドまで幅広くフォロー。年齢、性別に関係なく、海とサーフィンが好きな人が等身大で楽しめるマガジンです。
本・雑誌内容詳細 ◎特集:NEXT STAGE 自分らしさは、 ゆずれない

佐藤魁 / 和光大 / 森園海斗 / 武藤龍寿 / 石川拳大 / 小林直海 / 中村光貴 / 笹子夏輝 / 間屋口峻英 / 大橋海人

サーフィンが楽しくて、ライバルたちに負けたくなくて、世界を舞台に輝きたくて、サーフィンを磨き続けてきた。
あらゆるスポーツがそうであるように、競うというのは自分を駆り立て、成長を促すとても大きな要素となる。
そして、各地を転戦する間に芽生えた友情や、やりたいことを応援してくれる家族、自分を信じて支えてくれる
仲間や会社との関係も、人生の宝だ。
でも、日本におけるサーフィンは、たとえ国内トップクラスであったとしても、賞金だけで食べていくのは難しい現状にある。
海外のコンテストに継続して出場するのも生半可なことじゃない。
そして、きらきらと夢を見つめてきた少年たちは、経験を重ねるにつれて現実とも同時進行で向き合うようになっていく。
ネガティブなことを言いたいのではなく、それはサーフィンに限らずほとんどのエキスパートが出会うごく自然な岐路であり、
新たな旅路の始まりである。決して得てきた経験が色あせるものではない。

サーフィンという文化は、いつの時代も2つの個性がぶつかり合い、高めあうことで歩みを進めてきた。
競技としてのサーフィンと、表現や生き方としてのサーフィンだ。
プロサーファーがプロとして認められる在り方は、果たしてコンペティター一択だろうか?
心のおき方次第で、どちらも鼓舞できる限られた才能たちと捉えることはできないだろうか?
もっと見たい。高いレベルで「自分らしさ」を示せるサーファーたちが、表現者としてもその能力を発揮し、羽ばたいていく姿を。
その道標が増えるほど、2つのサーフィンはどちらも輝きを増すだろう。
これからがますます楽しみな10人の才能たちに声をかけ、尋ねてみた。その現在地とこれから。

自分らしさは競えない。でも、ゆずれない。


【その他コンテンツ】
■HOPE ロックダウンされたLAで見出した希望
■SNOW SURFING
■LUDIUS 三浦翔平
■SURFER'S GARDEN
■十牛図 ヨナス・クレッソンが描く悟りの旅
■FLASH BACK MEMORIES
■THE WORK SHOP サーフボードができるまで
■サーフなお家の実例集
■DO THE RIGHT THING -PES-
■BLUE.SURF CLUB
プロダクトNo 1281683783
出版社 ネコ・パブリッシング
発売日 毎奇月10日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。