住宅新報 定期購読・最新号・バックナンバー

住宅新報の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

住宅新報雑誌の詳細です。


住宅新報の公式サイトへ
本・雑誌 住宅新報
本・雑誌内容 『住宅新報』は、戦後まもない昭和23年(1948年)に創刊され、日本全国の不動産取引に寄与してまいりました。今や日本の住宅・不動産事情は円熟期を迎え、「量」から「質」への転換が加速度的に進んでいます。『住宅新報』は住宅・不動産業界の総合専門紙として、次世代に向けた新たなビジネスモデルのヒントとなる有益な情報をタイムリーにお届けします。住宅・不動産業界で働く方々、これから住宅や不動産を購入・賃貸しようとしている方々など、みなさまのお役に立つ情報が満載です。
本・雑誌内容詳細 ★今週の1面トップ記事★
〇ミサワ、旭化成Hの賃貸住宅 1棟当たり受注面積増加 付加価値ある提案が奏功
ミサワホーム、旭化成ホームズの賃貸住宅の1棟当たり受注面積が増加傾向にある。
物件の大型化は受注金額の増加を促すものであり、付加価値の高い物件が背景にあ
る。ミサワホームには収納空間「蔵」という他社と差別化できるプランがあり、旭
化成ホームズには入居者間で緩やかなコミュニティ形成を促す「コミュニティ賃貸」、
暮らしに対応して柔軟性や選択性を持たせる「マイ・スタイル賃貸」といった付加
価値型賃貸がある。今回は両社の付加価値提案の動向を探った。

★その他主な記事★
〇「医療・建築連携」構築へ向けた動きが加速(2面)
〇地所レジ、30年までにCO2排出半減(4面)
〇ひと いえらぶパーク代表取締役 川口真弘さん(2面)
〇「賃貸経営・新思考㊤」頼れる専門家(6面)
〇大和ハウスなど3社 空中インターホンの実証実験(10面)
〇トータルブレイン 21年マンション販売実態(5面)
〇賃貸管理士試験、1万240人が合格(7面)
〇電子契約普及に向けて提携 GMO・全宅連(8面)
〇22年度宅地建物取引士受験セミナー、スタート(9面)
プロダクトNo 1281683708
出版社 住宅新報
発売日 毎週火曜日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。