左官総覧 定期購読・最新号・バックナンバー

左官総覧の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

左官総覧雑誌の詳細です。


左官総覧の公式サイトへ
本・雑誌 左官総覧
本・雑誌内容 快適な生活を送るための知恵が日本の伝統的な住宅には多く取り入れられてきました。健康、安全、快適さが住空間に求められている現在、こうした日本古来の漆喰や土壁への再評価が起こってきています。また、左官の伝統技術や材料を現代風に発展させ、現在の“住まい方”にあわせた材料も販売されています。左官総覧では、伝統技術を紹介するほか、業界の最新動向や左官関連材料7,000銘柄、100団体・600企業の要覧を満載し、生きた情報をお届けします。
本・雑誌内容詳細 ●巻頭特集/設計士・工務店に知ってほしい左官の魅力

○左官の技術と素材感で魅せる施工実例
・スタジオリニューアル外壁工事
 /株式会社フロアエージェント

・スタジオリニューアル内装工事
 /株式会社フロアエージェント

・ジュエリーショールーム内装工事
 /株式会社フロアエージェント

・銀座鮨店内装左官工事
 /株式会社フロアエージェント

・鹿角市庁舎
 /アイワテック株式会社

・大樹生命登戸ビル
 /アイワテック株式会社

・上坐住宅設計モデル展示ルーム
 /北京大津硅藻新材料股●(にんべんに分)有限公司

・華為(HUAWEI)松山湖本社
 /北京大津硅藻新材料股●(にんべんに分)有限公司

・清水邸土蔵
 /吉村興業株式会社

・富岡製糸場
 /株式会社あじま左官工芸

・(株)小野創建工業 社屋新築工事
 /株式会社小野創建工業

・豊洲新市場水産仲卸売場棟
 /ヤブ原産業株式会社

○[アンケート]建築家・工務店が望む「建築仕上げ」
「左官」「塗装」「サイディング」に対する印象と、メーカー・専門工事店への期待

○左官施工現場・最前線
・漆喰やシラス壁による自然のぬくもりを生かしたフォトスタジオ
 / (株)フロアエージェント 代表取締役社長 又吉雄二

・湘南の自然をイメージした和モダンの漆喰の家
 /サンキホーム株式会社

・鳥取倉吉の赤土の壁が建物全面を覆う迫力/酒石橋 玉木製麺「文吉たまき」
 / 設計:増田雄一郎(アトリエイチゴブンコ)、合同会社Design Office Sukimono共同設計
   施工:昭和開発工業・デザインオフィススキモノ建設工事共同企業体

・巨大オブジェと版築壁で異世界空間に誘う/東京スパイスミュージアム
 / (株)堀川秀夫造形建築研究所 代表取締役社長 堀川秀夫

・様々な建築に触れ、先輩職人から刺激を受けながら日々成長
 / (株)あじま左官工芸 榎本留衣さんに聞く

・感じてもらうことで、本物の良さは必ず伝わる
 /設計工房 楽 GAKU 代表 岩間幸司氏に聞く

・持続可能型社会における左官材料の意義
 /近畿大学建築学部 講師 山田宮土理

・素材の持つ味わい、床と壁の一体感を表現する左官仕上げの強み
 / (有)原田左官工業所 代表取締役 原田宗亮氏に聞く

○安心・安全時代の木造モルタル外壁工法
・災害に強い家で持続可能型社会を目指す
 /元福岡大学工学部 教授 古賀一八

・販・材・工が一つとなってブランド化を進める必要がある
 /日本住宅モルタル外壁協議会 理事 梅田泰成さんに聞く

・モルタル外壁の設計・施工実態とその可能性について
 /国土交通省 国土技術政策総合研究所 建築研究部 宮村雅史


●各種資料

○著名左官材データシート

○市販左官商品一覧
・内外壁用仕上塗材
・下地調整材・モルタル混和材
・塗り床材
・機械・鏝取扱企業
・左官用定木

○左官関連企業・団体要覧
・団体要覧
・企業要覧(製造)
・企業要覧(販売・工事)

○伝統の左官技術
・土蔵塗り・しっくい彫刻・屋根しっくい・なまこ壁・建築と装飾・
じゃ腹引き・大津みがき・セメント彫刻・擬木と擬板・土佐漆喰・土塀

○左官鏝あれこれ

●仕上げが映す日本の美
初瀬の道
プロダクトNo 1281683698
出版社 工文社
発売日 6月の30日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。