Cosmetics in Japan 定期購読・最新号・バックナンバー

Cosmetics in Japanの詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

Cosmetics in Japan雑誌の詳細です。


Cosmetics in Japanの公式サイトへ
本・雑誌 Cosmetics in Japan
本・雑誌内容 国内で発売されている輸入品・訪販品を含む化粧品、フレグランスについて、メーカー別・ブランド別にリストアップ。その他、販売チャネル別市場動向、7カテゴリー別の新製品動向、年間の主な化粧品新製品データを併載しています。
本・雑誌内容詳細 はじめに
・メーカー別販売化粧品一覧の分類基準

第1部
粧業界のマーケティング戦略資料
1.日本の化粧品産業の現況
2.主な新製品の動向(2019.7~2020.6)
(1)スキンケア
日々の習慣を見直す契機に、新たな市場ニーズも
(2)メークアップ
拡大基調から一転、コロナ禍で軒並み苦戦
(3)ヘアケア
「パーソナル志向」による高付加価値化で市場拡大へ
(4)男性用化粧品
「清潔感」訴求で成長拡大、メンズメークの相乗効果に期待も
(5)フレグランス
ミレニアル世代の需要増とマルチチャネル化の進展に期待
(6)レジャー&エチケット
コロナ禍でリップクリームの需要拡大に期待
(7)ファミリー&ベビー
コロナ禍、節約志向でカテゴリーの動きにも変化
3.化粧品の主な新製品リスト
化粧品(2019.7~2020.6)主な新製品発売状況

第2部
主要メーカー別販売商品編(50音順)
井田ラボラトリーズ、SK-Ⅱ、エフティ資生堂、花王、カネボウ化粧品、加美乃素本舗、コーセー、コーセーコスメニエンス、小林製薬、サンスター、シェルクルール化粧品、資生堂、資生堂インターナショナル、資生堂フィティット、ダリヤ、ニベア花王、日本メナード化粧品、ハリウッド、FEATHERAQUA、ホーユー、ポーラ、マンダム、モデーアジャパン、ヤクルト、レイナチュラル
プロダクトNo 1281683692
出版社 週刊粧業
発売日 10月の20日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。