福祉労働 定期購読・最新号・バックナンバー

福祉労働の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

福祉労働雑誌の詳細です。


福祉労働の公式サイトへ
本・雑誌 福祉労働
本・雑誌内容 福祉労働は、障害者(児)の自己決定権確立、差別された人びとの側に立つ、学校・地域社会での共生・共育を編集の基本方針として、障害者や福祉労働者、教育労働者、障害児を持つ父母などの日常的闘いの記録、障害児者をめぐる状況や制度の分析、海外の情報等を伝えます。(創刊1978年)
本・雑誌内容詳細 【特集】:「個別最適化された学び」で能力主義が進む――GIGAスクール構想の陰で

「GIGAスクール構想」に子どもたちの未来を託せるか?
 児美川孝一郎(法政大学教授)

公教育は「同学年、同一空間、同一教材」が大前提
 北村小夜(障害児を普通学校へ・全国連絡会世話人)

GIGAスクール構想がもたらす教育現場の混乱
 宮澤弘道(道徳の教科化を考える会/現役教員)

今、教育は大きな曲がり角に立っている
 土屋栄(小学校非常勤教員)

「新しい時代の特別支援教育の在り方に関する有識者会議報告」の国際的視点からの評価
 一木玲子(大阪経済法科大学客員研究員)

あまりに国際常識に欠ける川崎医療的ケア児の就学裁判
 嶺井正也(元専修大学教員)

○現場からのレポート
「愛成会」と「グロー」の性暴力とパワハラ被害
 白崎朝子(介護福祉士/ライター)

「在宅型施設」の増加をどう考えるか
 松浦武夫(枚方市社会福祉協議会)

コロナ禍でミレットロード(雑穀街道)を拓く
 伊藤勲(NPO法人やまぼうし)

〇季節風
羽田新飛行ルート問題──視覚障害者が品川区議会で意見陳述
 堀 利和

障害をもつ女性として──私の生理の物語
 安積遊歩

子どもへの向精神薬処方を地域の問題として捉えなおしてほしい――相談先が病院だけという岡山の現状から
 安藤希代子(NPO法人ペアレント・サポートすてっぷ)
プロダクトNo 1281683483
出版社 現代書館
発売日 3,6,9,12月の25日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。