JOHNS 定期購読・最新号・バックナンバー

JOHNSの詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

JOHNS雑誌の詳細です。


JOHNSの公式サイトへ
本・雑誌 JOHNS
本・雑誌内容 耳鼻咽喉科・頭頚部外科疾患の症例、診断法、治療法など、日常診療に際しての実質的な知識に関する専門情報誌。誌名の「JOHNS」は、JOURNAL OF OTOLARTNGOLOGY, HEAD & NEDK SURGERY の頭文字。
本・雑誌内容詳細 【総論】
 わが国における耳管研究の歴史……小林俊光
 耳管の発生と解剖の最新知見……堤   剛
 小児・成人・高齢者,それぞれの耳管……中西 啓
 耳管機能不全の分類・症状・診断フローチャート……平井良治
【耳管の検査】
 耳管機能検査マニュアル2016について……金子明弘
 耳管の機能検査―インピーダンス・オージオメトリー……吉田晴郎
 耳管の機能検査―音響法,TTAG法,加圧減圧法……大田重人
 最新の耳管画像検査……吉岡哲志
 最新の耳管内視鏡検査……大島猛史
 耳管処置,耳管機能検査のリスクマネージメント……森野常太郎
【各種疾患と耳管機能不全】
 急性中耳炎と耳管機能不全……林 達哉
 慢性中耳炎,癒着性中耳炎と耳管機能不全……髙橋晴雄
 中耳真珠腫症と耳管機能不全……金沢弘美
 鼻・副鼻腔疾患と耳管機能不全……菊地俊晶
 口蓋裂と耳管機能不全……小林一女
 頭頸部腫瘍と耳管機能不全……磯野泰大
 胃食道逆流症と耳管機能不全……曾根三千彦
【耳管開放症の最新情報】
 耳管開放症診断基準案2016について……村上信五
 耳管開放症の類似症状と鑑別疾患……山口展正
 耳管開放症の保存的治療……守田雅弘
 耳管開放症の手術的治療……池田怜吉
 耳管開放症と漢方治療……竹越哲男
 耳管開放症とその精神特性……伊勢桃子

■連載
私のこの1冊……吉原俊雄
診療つれづれ……池田浩己
外来診療における私の処置……大木幹文
わたしの研究歴……柳原尚明
症例をどうみるか……井上なつき.
プロダクトNo 1281683464
出版社 東京医学社
発売日 毎月1日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。