リフォーム産業新聞 定期購読・最新号・バックナンバー

リフォーム産業新聞の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

リフォーム産業新聞雑誌の詳細です。


リフォーム産業新聞の公式サイトへ
本・雑誌 リフォーム産業新聞
本・雑誌内容 成長マーケットと言われる住宅リフォーム市場で成功するにはどうすればよいか。紙面では、全国の有力リフォーム事業者取材に基づく、成長企業の経営術をはじめ、最新のトレンド、統計データ、差別化商材など経営・営業に欠かせない情報を幅広く発信しています。本紙独自の「住宅リフォーム売上ランキング」は、市場動向を知る上で欠かせない人気企画として多くの方に支持をいただいています。また、リフォーム業界の中でも注目を集めるオール電化、太陽光発電、リノベーション市場などについてもカバーしています。
本・雑誌内容詳細 TOP NEWS
-------------★
◆過熱する塗装リフォーム市場
 工事会社、次々に元請け転換
塗装リフォームの受注競争が過熱している。
下請け専門だった会社が集客や営業を強化し元請け化するケースが相次いでいるためだ。
工務店やリフォーム店も塗装専用部門を立ち上げるなどし、シェア争いが激化。
元請け支援を強化するコンサルやFC事業者の増加や、集客を支援するマッチングサイトが増えてきたことなどがこの状況を後押ししている。
さらに、家電量販店など異業種の参入もあり、戸建て塗装市場は活況。最新動向をリポートする。



インタビュー
----------------★
◆長谷川工業 長谷川義高 取締役副社長
~広がる「はしご・脚立」の可能性
 「ちょっと便利」が現場を変える~
世界中のルイ・ヴィトン直営店に脚立を卸している日本メーカーがある。
はしご、脚立のパイオニア長谷川工業だ。
ブランドのイメージカラーを施した脚立は、空間イメージを損なわず営業中にも使用できると好評。
ほかにも、片手で開閉できるワンタッチバーを採用した脚立など、デザイン・機能性ともに、従来の枠にとらわれない可能性を広げる商品を次々と開発している。
長谷川義高取締役副社長に、新商品着想のきっかけや今後の展開について聞いた。



リフォーム業界 実態調査
Vol.18 アフターフォロー&定期点検
-----------------------------------------★
◆リフォーム業界の実態を明らかにする企画。
今回のテーマは「アフターフォロー&定期点検」。
各社どんな工夫をしているのか、6社に調査した。



外装リフォームの戦略
---------------------------★
◆藤井建業、高さ3メートルのサイディング100種展示
 単価250万円の独自構法で差別化
外壁工事で年商3億円の藤井建業は独自の外壁通気構法にこだわり、平均単価は250万円と同業他社より高い。
屋内だけではなく屋外にもショールームを構え、来店した顧客の成約率は7割に及ぶ。



あなたはどっち派?
輝くキラキラor建材シックなマット建材
------------------------------------------★
◆個性派建材で差別化を!
キラキラと輝く華やかな煌めきが魅力のキラキラ建材。
一方、シックでモダンなマット調の建材は、洗練された印象を与えます。
同じデザインでも光沢の有無でがらりと雰囲気が変わるもの。
お客さまの好みにマッチするのは一体どちら?



コロナに負けないリフォーム戦略
---------------------------------------★
◆リブウェル、39万~146万円まで 17種のキッチン展示
 水回り特化でリフォーム5億円
リフォーム事業で2020年3月期に5億5000万円を売り上げたリブウェルの2021年3月期は5億円。
コロナ禍でもなんとか減少幅を抑えたポイントとして金井敬社長は水回りリフォームに特化したショールームの運営と、わかりやすいチラシを挙げる。



TDYグリーンリモデルセールコンテスト
トップ企業リポート
------------------------------------------★
◆市原産業、国内最大級600坪のショールーム
 キッチン20台、バス10台と「量」で勝負
TOTO、大建工業、YKK APの3社合同によるTDYリモデルセールコンテスト2020で、市原産業が初の全国最優秀賞を受賞した。
国内最大級の約600坪のショールームを生かした営業が強みだ。



check!新プラン
-------------------★
◆ビーバーリフォーム、「2人暮らし」提案用に新モデル棟
 自由に使える「土間」も
ビーバーリフォームが注力しているのが2人暮らし仕様のリフォームだ。
同社の年間売上高は5億8000万円、平均単価は約100万円。
どのようなリフォームなのかリフォーム事業部の大田善史氏に聞いた。



最新ニュース
------------------★
◆アイ・シー・ジー、航空写真からAIが屋根診断
 パネルの有無、新古を数値化
間取り変更などリノベーションを得意とするアイ・シー・ジーは、Googleマップの航空写真から屋根の状態を診断するAIシステムを開発し、昨年9月に特許出願した。


◆ステラホームステージング、ホームステージングで付加価値を
 平均成約期間31.8日を実現
昨年10月に開業したステラホームステージングは、その名の通りホームステージング業を行う会社。
創業のきっかけは栗川孝博社長自身がホームステージングの効果を実感した経験にある。


◆ケアフル、インスタでリフォームの知識を発信
 ほぼ毎日更新
リフォームと不動産事業を展開するケアフルは、インスタグラムの発信を強化している。
施工事例の写真だけでなく、リフォームの基礎知識や役に立つノウハウをほぼ毎日更新。
フォロワー数は757人だ(4月6日現在)。


◆秀栄建設、キッチン移動でマンション販売
 「勾配取れない」をポンプで解決
「都内の古いマンションはLDKが部屋の真ん中にあるケースが結構あります。
水回りが動かせないと思っていてお客様にそう説明してしまっている不動産屋さんも多いですね」。
このように語るのは秀栄建設のの秋山元斗氏。
同社が行ったマンション事例は、キッチンを窓側に移動した改修工事。
キッチンを動かせたことで施主の購入につながった。
プロダクトNo 1281683407
出版社 リフォーム産業新聞社
発売日 第1,2,3,4月曜日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。