リフォーム産業新聞 定期購読・最新号・バックナンバー

リフォーム産業新聞の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

リフォーム産業新聞雑誌の詳細です。


リフォーム産業新聞の公式サイトへ
本・雑誌 リフォーム産業新聞
本・雑誌内容 成長マーケットと言われる住宅リフォーム市場で成功するにはどうすればよいか。紙面では、全国の有力リフォーム事業者取材に基づく、成長企業の経営術をはじめ、最新のトレンド、統計データ、差別化商材など経営・営業に欠かせない情報を幅広く発信しています。本紙独自の「住宅リフォーム売上ランキング」は、市場動向を知る上で欠かせない人気企画として多くの方に支持をいただいています。また、リフォーム業界の中でも注目を集めるオール電化、太陽光発電、リノベーション市場などについてもカバーしています。
本・雑誌内容詳細 リノベで排出ゼロ社会を
-----------------------------★
◆CO2排出7割減、立証
 対新築、リノベが圧倒的にエコ
「リフォームこそ最も環境に優しいビジネスだ」と、声高に訴える事業者が出てきている。
建替新築に対し、既存住宅を残す方が省エネであることは明白なはずが、エビデンスが示されることなく、いたずらにスクラップ&ビルドが繰り返されてきた。
そうした業界の在り方に「待った」をかける事業者の取り組みを紹介する。



ユニフォームでブランディング
-------------------------------------★
◆最近、従来の作業着やユニフォームを刷新する会社が増えてきている。
若手採用、イメージアップ、近隣への周知・宣伝効果など、各社の狙いと効果をリポートする。



Pick Up NEWS
------------------★
◆大東建託リーシング、戸建て買取再販事業を開始
 今年度30棟の販売目指す
大東建託グループが戸建ての買取再販に乗り出した。
同社は、賃貸事業領域で保有する顧客基盤や、ネットワーク、仲介力などを最大限に活用すると発表。
持ち家志向の顧客に中古戸建て住宅を提供していく。
新たな事業展開の狙いは何なのか、担当者に話を聞いた。



注目企業の成長戦略
--------------------------★
◆渡辺パイプ 渡辺圭祐 社長 インタビュー
~住建売上1000億円に王手
 グループ売上高は3300億円超に~
住設・建材流通大手の渡辺パイプは2021年度のグループ売上高が前年度比105%の3327億円、営業利益は139億円と増収増益となる見込みだ。
住建部門の売上は前年度比115%の944億円、営業利益が34億円の見込みで、来期は売上高1000億円突破を目指す。
「多店舗展開で顧客を作るのはいずれ限界が来る。物販が増えなくても顧客とつながる仕組みを考えていく」と話す渡辺圭祐新社長に、今後の戦略について聞いた。



空き家問題をビジネスで解消する
------------------------------------★
◆クラッソーネ、解体工事のマッチングサイト運営
 1600社が登録、25の自治体と提携
昨今、全国的に空き家の利活用を進める企業が増えている。
リフォームで空き家をよみがえらせる事例がある一方、解体の方が望ましいケースも多い。
今回は、空き家の解体に焦点を当てたビジネスに取り組む企業を紹介する。
解体工事のマッチングプラットフォームを運営するクラッソーネだ。



店舗戦略
--------------★
◆CONY JAPAN、代官山に若者向け店舗
 カフェ・雑貨で未来の顧客育成
前期リフォーム売上64億円のCONY JAPANは、2月にコンセプト店舗「LIFE STORAGE TOKYO」を東京の代官山に出店した。
20代のリフォーム潜在顧客と30~40代の一次取得者層をターゲットとしたブランディングを狙う。



最新ニュース
-------------★
◆Life plus home、工務店が音楽イベント開催
 前後は問い合わせ2倍に
 
◆ランドネット、保証期間2→3年へ延長
 最大30万円まで捻出
プロダクトNo 1281683407
出版社 リフォーム産業新聞社
発売日 第1,2,3,4月曜日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。