のんびる 定期購読・最新号・バックナンバー

のんびるの詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

のんびる雑誌の詳細です。


のんびるの公式サイトへ
本・雑誌 のんびる
本・雑誌内容 地域に役立つ活動がしたい。まちにコミュニテイビジネスを起こしたい・・・。『のんびる』はあなた“想い”の実現を応援します! 私たちのまわりには、これまでの困った事や経験をバネに、地域の問題を解決した人がたくさんいます。その活動を知ることが、はじめの一歩。活動に参加できる情報も満載です!行動することで、はじめたいことに出合います。あなたの活動を宣伝することもできます。「のんびる」は地域に根ざした情報を発信し、“ひと”と“地域”を結びます。
本・雑誌内容詳細 約128万人。日本で働く外国人の数です。
5年前の68万人から倍に増え、過去最高です。
「日本で働く外国の人が増えた」と感じる方も多いはずです。
 2019年4月から「改正出入国管理法(入管法)」が施行
されるなど、外国人労働者の受け入れ拡大が進んでいます。
安い賃金で単純労働を強いるなど、多くの問題もあります。
それは、国や自治体、企業だけの問題でしょうか。
 日本に来たのにもそれぞれ事情があり、一人ひとりに人生があり、
心と表情があります。単純に〝外国人〟とひとくくりにするのではなく、
一人ひとりの顔のみえる関係を─そう願い、
私たち編集部もまちに出て、お話を聞き、考えました。

【巻頭エッセイ】NEW!
水野スウ「ベルをならさずそのままどうぞ」

【特集】「外国人労働者」でなくひとりの人として
◆「ジャシム一家」写真・文 田川基成
◆ わたしたちは、ここにいる!
 多民族・多文化共生の社会として歩むために
 山岸素子さん(移住者と連帯する全国ネットワーク理事)
◆縁あって暮らしはじめたのだから、ふたつの国の架け橋になりたい
 ファム クァン フィさん(ベトナム料理ヘオちゃん店主)
◆エッセイ「ひまわりと水餃子」文 山木美恵子
◆わたしたちは、日本で働く。
 ミャンマーからの技能実習生25 名の物語


【のんびる編集長・前田和男の特集エッセイ 管見拙説蒙御免】
もっとも近くて遠い国の「外国人の友」を想う

【はじめる!情報】
買う・寄付・ボランティアなど、あなたの参加できる「はじめる!情報」。
・外国籍住民の患者をサポートする医療通訳を派遣しています。
 寄付にご協力ください!認定NPO法人 多言語社会リソースかながわ
・「小さい子とママに優しい居場所」育児用品の「物々交換ものくる」etc
 子育てカフェ eatoco(イイトコ)に遊びに来ませんか?
ほか

【のんびる読者のひろば】読者が投稿する身近で素敵な情報が満載!
・6月14日(金)東日本大震災復興支援チャリティ・コンサート
ほか

【読み切り短篇】NEW!
鈴木マキコ「わたしの一日」

【セカンドリーグ神奈川通信】
復興支援&防災イベント
「ふらっとマルシェi n茅ヶ崎」を開催

【特別企画】パルシステムと「SDGs」(後編)
「一人ひとりの想いが社会を大きく変えていく」
パルシステム生活協同組合連合会 石田敦史理事長に聞く
聞き手 前田和男(『のんびる』編集長)

【 季刊『コトノネ』 取材こぼれ話19】
保障よりもチャンスを

【色平哲郎の医療エッセイ】
24時間営業は誰を幸せにするのだろう?
色平哲郎の「地域と医療からみる未来のかたち」(第82回)

【内山節 里山から考える】
計画経済になじまない長期の林業
(森について考える 3)

【のんびるインタビュー】NEW!
生と死をつなぐ愛の4楽章
愛加藤登紀子さん(歌手)

【被災地は今】好評につき再連載決定!

被災地に立ち上がった異色の「こども食堂」
楽らく寄合所(岡山県倉敷市)

【 三十路男子〝山里〟に暮らす! 】
第十五関門 薪との生活(後編)


【好評連載エッセイ 縁側だより 「廃棄野菜の使い道」】

【「里山ハーブ」を知って、味わう】
くらしと自然のつながり。身近な野草「里山ハーブ」をおいしく食べて実感!
今回登場するのは「カタクリ」。

『のんびる』の表紙では毎号、障がいのあるアーティストの作品をご紹介しています。

今月号の表紙「からふるな傘」作:Tomoyuki
『のんびる』表紙でいつもお世話になっている「アトリエからふる」(埼玉県川口市)。
アートを通して、障がい者の自立支援を続けています。
本作はからふるな色づかいが魅力的なTomoyukiさんの作。
「色々な色で、傘を描きたかった」という気持ちが、たのしげに息づいています。

「SDGs」とは、「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」の略称で、
2015 年9月の国連サミットで決められた国際社会共通の目標です。
パルシステムが行っている事業活動はSDGsそのものです。
そして、2006 年よりパルシステムが発行し続ける本誌『のんびる』は、その一翼を担っています。
SDGsが掲げる「誰ひとり取り残さない」理念、17の目標はもちろんの事、様々な社会的課題を真摯にとらえ、
その解決を模索し活動する団体や個人を広く取り上げ、今後も発信し続けます。
プロダクトNo 1281683375
出版社 パルシステム生活協同組合連合会
発売日 第3月曜日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。