別冊太陽 定期購読・最新号・バックナンバー

別冊太陽の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

別冊太陽雑誌の詳細です。


別冊太陽の公式サイトへ
本・雑誌 別冊太陽
本・雑誌内容 日本初の本格グラフィックマガジン、月刊『太陽』の創刊が、1963年。それから10年後、「よりデラックスな雑誌を」という読者の声に応え、別冊太陽はスタートしました。以降約半世紀に渡って、美、芸術、伝統・文化を圧倒的なビジュアルと貴重な資料で提供しています。
本・雑誌内容詳細 ◎巻頭言
世界に広がる小泉八雲のオープン・マインド 小泉凡

◎序章 小泉八雲を知る

◎第1章 小泉八雲が見た日本のこころ──『怪談』と『古事記』
概説=池田雅之・三浦佑之
 ■『怪談』その背景を探る
 ・八雲の怪談を読む 耳なし芳一/むじな/雪女/ちんちん小袴
 ・八雲の怪談文学が語りかけるもの
 ・Japanese Fairy Tales
 ・父八雲を偲ぶ 長男一雄の『妖魔詩話』
 ■『古事記』日本の源郷としての出雲

◎第2章 小泉八雲が歩いた日本
概説=池田雅之
 ・憧れの日本にやって来た 鎌倉・江ノ島
 ・日本発見 松江・美保関・隠岐・琴浦
 ・日本人になった八雲 熊本―東京
 ・別天地・焼津

◎第3章 小泉八雲という人
 ・猫の仲人──セツと八雲 出久根達郎
 ・熊本時代の小泉八雲 西川盛雄
 ・文筆家八雲──来日の喜びを語る 池田雅之
 ・発見──現代日本人作家と小泉八雲 高橋一清

◎第4章 小泉八雲の生涯
概説=藤本友美
 ・青少年時代 ギリシャ・アイルランド/アメリカ・西インド諸島
 ・そして日本へ 横浜―松江―熊本―神戸―東京
 ・八雲の没後

【エッセイ】
スサノオが帰ってきた 町田宗鳳
怪談は声を待っています 原 良枝
耳なし芳一と能 安田 登
再話文学という方法 牧野陽子
出雲大社と八雲 千家和比古
「ケルト」のハロウィンと「送り盆」の夢幻 鶴岡真弓
八雲と漱石 池田雅之
内界の探求者 若松英輔
八雲とTsunami 中上 紀
八雲とケルトと出雲 松本侑子

【コラム】
未来の思想家ラフカディオ・ハーン 池田雅之
海外から見た八雲 牧野陽子
八雲はなぜ人に愛され、親しまれたのか 池田雅之
セツへ宛てた八雲のカタカナ手紙 稲垣明男
八雲の江ノ島詣 富安千鶴子
焼津に今も生きる八雲 坪井れい子
八雲と松江 内田融
プロダクトNo 1281683206
出版社 平凡社
発売日 毎月27日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。