軍事史学 定期購読・最新号・バックナンバー

軍事史学の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

軍事史学雑誌の詳細です。


軍事史学の公式サイトへ
本・雑誌 軍事史学
本・雑誌内容 『軍事史学』は軍事史に関する学術的研究を行い、その成果の普及を図り、もって学術文化の発展に寄与することを目的として昭和40年に創設された学術団体・軍事史学会が年4回発行する機関誌です。古今東西の軍事史を対象として、政治・外交・経済・思想・文化・国際関係など幅広い視点から編集を行い、「論文」のみならず「書評」「文献紹介」「軍事史関係史料館探訪」などを設けて、研究上有益と思われる情報を提供するよう留意しています。また、専門家や研究者の知的関心を満たすだけでなく、幅広い一般の読者層、特に次世代を担う若い読者のニーズにあった啓蒙的で親しみやすい内容を心がけています。
本・雑誌内容詳細 《巻頭言》「軍事と国際機構」〔望月康恵〕
戦争違法化の過程における国際機構の意義と限界―秩序と正義の相克の視点から―〔田中誠〕
国際軍事統合史の文脈におけるドイツ連邦共和国の憲法秩序の形成と変動―北大西洋条約の成立から欧州防衛共同体の挫折まで(一九四九~五四年)―〔山中倫太郎〕
制憲期の安全保障構想―日本国憲法第九条と国連集団安全保障との関係を中心として―〔鈴木敦〕
陸軍主管の軍事海運制度の形成〔岩村研太郎〕
レーガン政権の「力による平和」とレイキャビク交渉―米国戦略兵力優位性の顕在化を中心として―〔広田秀樹〕
《研究ノート》ノモンハン事件前期の再検討―ロシア国立海軍文書館の史料を使用して―〔笠原孝太〕
《書評》池宮城陽子『沖縄米軍基地と日米安保―基地固定化の起源 1945-1953―』〔池田直隆〕
《書評》麻田雅文『日露近代史―戦争と平和の百年―』〔花田智之〕
《書評》関誠『日清開戦前夜における日本のインテリジェンス―明治前期の軍事情報活動と対外政策―』〔平野龍二〕
《軍事史関係史料館探訪90》韓国戦争記念館〔源田孝〕
プロダクトNo 1281683144
出版社 錦正社
発売日 3,6,9,12月の30日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。