Drug Delivery System(ドラッグデリバリーシステム) 定期購読・最新号・バックナンバー

Drug Delivery System(ドラッグデリバリーシステム)の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

Drug Delivery System(ドラッグデリバリーシステム)雑誌の詳細です。


Drug Delivery System(ドラッグデリバリーシステム)の公式サイトへ
本・雑誌 Drug Delivery System(ドラッグデリバリーシステム)
本・雑誌内容 Drug Delivery System(DDS)とは、薬物の病巣到達性を向上し,薬効および患者のQOLを高め,副作用を軽減させる医薬品の開発を研究する学問領域です。必要な薬物を、必要な時間に、必要な部位で作用させるシステム(工夫や技術)は、薬物療法にとって非常に重要な考え方になっています。本学会の前身である「DDS研究会」は、1984年に臨床医学、薬学をはじめ工学領域など幅広い領域の DDSに関する研究を発表する場として水島裕・瀬崎仁先生らによって設立されました。その後、DDS研究の重要性が広く認識されたことから、バイオ医薬、バイオマテリアル分野などとも専門分野を超えて情報交換ができる共通の専門誌として1986年に機関誌『Drug Delivery System(DDS)』誌が創刊されました。1988年には日本DDS学会として組織を改め、広い分野の基礎研究者と臨床医療関係者が交流するユニークな学会となっています。各専門領域の第一人者が編成する本誌特集にぜひご注目ください。
本・雑誌内容詳細 FOREWORD
皮膚機能とDDSから考える皮膚疾患治療
藤井まき子

OPINION
第4次産業革命と医薬品開発
杉林堅次

特集“皮膚機能とDDSから考える皮膚疾患治療”
編集:藤井まき子
1.セラミドの皮膚における役割
  内田良一
2.皮膚トランスポーターのホメオスタシス、薬物動態に及ぼす役割
  島田和弘・加藤将夫
3.皮膚バリアの分子基盤と皮膚疾患の関連性、および臨床開発に向けた薬事戦略
  橘 敬祐・近藤昌夫
4.結節性硬化症の皮膚病変に対するラパマイシン(シロリムス)局所外用療法
  金田眞理
5.皮膚疾患治療に向けたsiRNA送達システム
  高島由季・茨木ひさ子・金沢貴憲
6.マイクロニードルを用いた皮膚疾患治療
  廣部祥子・岡田直貴
7.イオン液体を用いたDDSと経皮デリバリーへの応用の現状
  田原義朗・後藤雅宏

TOPICS
・多糖核酸複合体の発見と核酸医薬DDSへの応用
  第18回 日本DDS学会永井賞によせて
  櫻井和朗
・生体内動態の理解を基盤としたリポソームDDSの開発 ~臨床応用を目指して~
  第11回 日本DDS学会水島賞受賞によせて
  石田竜弘
・生体内で標的高分子を吸着してその機能を中和するプラスチック抗体
  第10回 日本DDS学会奨励賞によせて
  小出裕之
・高分子ミセルを用いたメッセンジャーRNA医薬の送達と疾患治療への展開
  第18回 日本DDS学会永井賞によせて
  内田智士

連載
・若手研究者のひろば
  薬物過飽和溶液における薬物相分離および薬物吸収への影響
  植田圭祐
  有効かつ安全な細胞移植治療に必要な細胞機能・動態制御型DDS の開発
  草森浩輔

・学会印象記
  12th International Symposium on Polymer Therapeutics :
  From Laboratory to Clinical Practice
  横山昌幸
  第34回日本DDS学会学術集会
  佐藤秀行
  The 45th Controlled Release Society Annual Meeting & Exposition
  井上雅己

・JCRだより
  掲載論文紹介 安藤英紀/山田勇磨
  掲載トピックス 安部里央/川野智志

・CRSだより
・DDS学会だより
・集会案内
・用語解説
プロダクトNo 1281683113
出版社 じほうビジネスサービス
発売日 1,3,7,9,11月の28日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。