地域福祉情報 定期購読・最新号・バックナンバー

地域福祉情報の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

地域福祉情報雑誌の詳細です。


地域福祉情報の公式サイトへ
本・雑誌 地域福祉情報
本・雑誌内容 地域の住民が主人公になって地域の福祉がつぎつぎに創造されはじまっています。お互いの知恵を交流しあって、さらに豊かな地域福祉が創造されます。この「地域福祉情報」誌は地域と地域を結ぶパイプラインです。日本のいたるところで展開されている地域福祉のプランや活動を漏れなく、新聞メディアを通して集め、提供します。
本・雑誌内容詳細 keyword 福祉人材

【資料】
    
  第3回 障害福祉サービス等報酬改定検討チーム
資料2
 「障害福祉人材の処遇改善について」
         平成30年11月29日 厚生労働省

 掲載記事
 2018/12/1~12/31

【全国情報・海外情報】
・「市町村の負担 一千億円減」幼保無償化
・「子ども食堂」苦悩 ボランティアに乱暴な言葉も
・強制不妊救済法案 救いになるのか
・外国人材「訪問介護」は除外
・「間仕切り」段階的廃止 無料低額宿泊所
・介護の日本語 特に重視 外国人受け入れ
・虐待防止 児相増員を加速
・成人後見活用 自治体に差
・いのち守る児童相談所の今上・中・下
・給付型奨学金 最大 年91万円
・オランダ 医療×ICT
・住み込み介護 肩代わり 外国人材 台湾

【社説】
・児童虐待防止 地域連携さらに強めたい
・障害者雇用水増しで県が処分 襟を正して出直し図れ
・病院の身体拘束 「縛らない医療」へ転換急げ
・強制不妊の救済方針 被害者の思いに応えよ
・外国人受け入れ 制度開始に不安が残る

【都道府県別索引】
◇ 北海道・東北地方◇
北海道  ・道内実習生失踪88人 低賃金、長時間労働で
・幼児教育・保育無償化 給食費は対象外へ
青森県 ・医療的ケア児 課題山積
岩手県 ・特別学級の子ども増加 県内公立小中学校
宮城県 ・脱人手不足アシスト 介護支援ロボット導入へ
山形県 ・子どもの貧困率16%進学希望に影響
福島県 ・「健康を」県あの手この手
◇関東地方◇
茨城県 ・成年後見 市町村に差
栃木県 外国人 歓迎と不安「日本で長く働ける」
群馬県 群大から育て 手話できる先生
埼玉県 ・発達障害児の遊び支援 保育士らポイント学ぶ
千葉県 ・AED素早く アプリが誘導 
東京都 ・子への体罰禁止明記 虐待防止条例案
・都営がフルフラットバス
神奈川県 ・介護現場や自治体歓迎 入管法改正
◇ 中部・北陸地方◇
新潟県 ・介護職 医療行為認定3割
富山県 ・障害は個性成長支える 放課後等デイサービス
石川県 ・誰でも入居窓口支援 国推進「セーフティネット住宅」
福井県 ・買い物して介護予防 リハビリ事業開始
山梨県 ・働く高齢者「貴重な戦力」
長野県 ・「子ども食堂」に補助 食材費や講師謝礼
岐阜県 ・広い視界振動もなし UDタクシー
静岡県 ・リハビリ専門職の災害チーム指導「静岡JRAT」
愛知県 ・いじめ相談LINEで 特定の支援印 継続対応
◇近畿地方◇
三重県 ・精神障害お笑いで理解 県、よいもと連携
京都府
・「支援無策」共生遠く 改正入管法成立へ
大阪府
・災害時並べない人もいる 非難、物資配布
・仮想現実(VR)リハビリに効果は
兵庫県 ・学童保育高まる需要
◇中国・四国地方◇
鳥取県 ・アプリでバリアフリー旅

岡山県 ・買い物難民ドローン支援 和気の津瀬で配送実験
広島県 ・引きこもる子 親も高齢化
香川県 ・県、決定取り消し25件
高知県 ・「弧育て」を助けたい
◇九州・沖縄地方◇
福岡県 ・清掃活動「道路サポート」町きれいに民間も貢献
佐賀県 ・障害者の情報保障に課題
長崎県 ・「まるで旅行気分」ホテルでデイサービス
熊本県 ・ハンセン病と旧優生保護法「家族も差別の被害者」
大分県 ・妊活支援へアプリ活用 助成策など積極的にPR ・
鹿児島県 ・「7人死亡」の裏側 鹿屋「風の舞」問題上・中・下
沖縄県 ・「学童利用」困窮ほど低く

【地域の書籍紹介】
・難病との闘い悩める人の糧
『こう考えれば、もう少しがんばれる』
(池谷直士/実務教育出版/1400円)

【行政機関などの資料・報告書】
・幼児教育無償化 現場は7割反対
・自治体 子ども食堂に期待
・出生92万人 過去最少
・国の障害者雇用1.22%
・がん緩和ケア充実途上 終末期、体に苦痛4割
・障害者虐待 最多3544人
・学童保育 最多123万人
プロダクトNo 1281683106
出版社 ジャパン通信情報センター
発売日 毎月10日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。