地域福祉情報 定期購読・最新号・バックナンバー

地域福祉情報の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

地域福祉情報雑誌の詳細です。


地域福祉情報の公式サイトへ
本・雑誌 地域福祉情報
本・雑誌内容 地域の住民が主人公になって地域の福祉がつぎつぎに創造されはじまっています。お互いの知恵を交流しあって、さらに豊かな地域福祉が創造されます。この「地域福祉情報」誌は地域と地域を結ぶパイプラインです。日本のいたるところで展開されている地域福祉のプランや活動を漏れなく、新聞メディアを通して集め、提供します。
本・雑誌内容詳細 keyword 社会保障と人材

【資料】
    
  第8回社会保障制度改革推進会議 資料8
「2040年を見据えた社会保障の
    将来見通し(議論の素材)」
    厚生労働省提出資料
         平成30年5月28日


 掲載記事
 2018/5/1~5/31

【全国情報・海外情報】
・発達障害に悩む大人
・福祉車両に注力 進む高齢化
・工夫と配慮で能力を発揮 障害者雇用企業が強化
・認知症と就労上・下
・スマホで音声と文字を変換 聴覚障害者向けアプリ登場
・認知症施策「国の責務」
・介護離職防げ 従業員を支援
・認可外・預かり保育 無償化
・韓国の幼児教育・保育無償化

[社説]
・社会保障費抑制 生活への影響も目配りを
・子ども食堂 地域に根付く仕組みを
・介護の将来 2025年見据え対応防げ

【都道府県別索引】
◇ 北海道・東北地方
北海道・防火対策で現場悲鳴 札幌・共同住宅火災から3カ月
・障害者紹介 農業担い手に
青森県・「朝起きカフェ」交流の輪 高齢者見守りモデルに
岩手県・マイナンバーカード 高齢者見守りに活用
宮城県・認知症ケア 東北福祉大がネット講座
山形県・老いに備えて上・中・下
福島県・介護保険料 葛尾が全国一
◇関東地方
茨城県・「保幼小連携」県内で拡大 学びの連続性重視
栃木県・徘徊事故 保険料支援へ
群馬県・特別支援学級通う児童の割合 外国人日本人の倍以上 
埼玉県・自主夜間中学脚光 年齢、国籍超え「学びの場」
千葉県・いじめ通報アプリ全国拡大
東京都・パラ支援本気の企業 用具やアプリ開発
神奈川県・インクルーシブ教育 県立三校で実践1年
◇ 中部・北陸地方
富山県・ともに働く障害者雇用とやま①~⑤
石川県・介護ハイテク化支援 センサー ロボ導入施設に助成
福井県・思いやり持ち接して 障害のある人に関するマーク
山梨県・登下校の子ども守れ 見守り活動ボランティアで
長野県・民生児童委員 地域に不可欠
岐阜県・声の向うに 岐阜いのちの電話20年上・中・下
静岡県・介護の担い手 確保に知恵 負担減へロボ導入
愛知県・福祉ロボットを共同開発 新東工業と豊橋技科大
◇近畿地方
三重県・発達障害に特化 来月開校 鈴鹿欅高等学院
滋賀県・なんで滋賀が長寿県に?
京都府・点字で広がる世界 頭に入りやすい/読むのが楽しみ
大阪府・養育費算定見直し検討 母子家庭の貧困背景
兵庫県・テレビ電話で在宅医療
◇中国・四国地方
島根県・災害発生時孤立する外国人 情報発信手段の構築急務
岡山県・再就職わずか2割 障害者大量解雇
広島県・生活保護で覚せい剤 広島県警昨年逮捕者の1割
山口県・高齢者 免許手放せぬワケ
香川県・地域防犯 担い手高齢化
愛媛県・聴覚障害者への災害情報 テレビ活用画面で伝達
高知県・ノーリフト介護 県内浸透
◇九州・沖縄地方
福岡県・ああ勤労青少年施設 少子化全国で半減
長崎県・増える「献体」登録 「終活」意識の高まり・・・背景
熊本県・介護保険料 熊本伸び率全国最大
大分県・豊後高田 未来に投資 人口増へ移住促進
鹿児島県・認知症検査強化から一年 免許取り消し53人

【地域の書籍紹介】
・『母が若年性アルツハイマーになりました』
(ペンコム/1500円+税/野島朋子著)
・『「夫の介護」が教えてくれたこと』
(ブックマン社/1300円+税/川村隆枝) ・『認知症鉄道事故訴訟2年』 (高井隆一著)
【行政機関などの資料・報告書】
・介護受け皿9万人分不足 職員集まらず
・「人手不足」自治体も悲鳴 介護家族「もう待てぬ」
・消滅予想都市人口減加速 8割の713自治体
・加速する人口減 自治体の「廃止」現実味
・介護人材79万人不足
・待遇改善やロボ導入 介護人材不足政府が支援
・自殺相談SNS 設置3割
・児童虐待「相談せず」7割
・施設内の実態把握へ 厚労省が初の調査
・ひきこもり 既婚女性にも
・難民申請 8年ぶり減 就労制限が効果
プロダクトNo 1281683106
出版社 ジャパン通信情報センター
発売日 毎月10日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。