新住宅ジャーナル 定期購読・最新号・バックナンバー

新住宅ジャーナルの詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

新住宅ジャーナル雑誌の詳細です。


新住宅ジャーナルの公式サイトへ
本・雑誌 新住宅ジャーナル
本・雑誌内容 月刊誌「ニュー・ハウジング・ジャーナル」は、住宅産業の必携データ誌として支持を集めた「住宅ジャーナル」の編集スタッフにが手がけるビジネス誌。主要購読者は住宅業界のマネジメント層・技術者・サブユーザーなどで、さらにプロが認める住宅・資材・システムを将来の投資として考えるユーザーの需要にも応えられるビジネス&テクノロジー誌として編集している。
本・雑誌内容詳細 月刊 住宅ジャーナル   
2022年6月号 
令和4年5月15日発行
VOL.163

リフォーム/リノベーション最新動向


《住宅・建築》
 先進的なスマートコミュニティ完成
 リフォーム・リノベーション最新動向
 メタバースを見据えた新しい内覧体験


《新製品》
 内装ドア・収納・床材
 内装ドア、ビル用サッシ
 地盤改良工法


《業界サーチ)
 企業動向
 建設、工場
 物流、事業
 サービス
 価格、支援
 製品開発
 加盟店、公募

《木材/建材》
 体全体を包み込む新体感のシャワー
 リフォーム検討時の不安解消が課題
 木材の炭素貯蔵量の計算をマスター

《国の動き》
 電子署名活動等を駆使し国会に法案提出
 住宅・建築関連の新年度補助金一覧

《市場動向》
 小規模の工場火災により深刻な品不足に

《DATA》
 都道府県別建設着工数
 木材・合板市場動向
 建築着工統計・価格動向
 住宅メーカーの受注動向
 経営環境情報

《連載》
 編集部だより
 住まいと建築の新刊書
 直伝 木づかいのコツ
 海外市場の住宅建材情報

《今月の業界リーダー》
 東北芸術工科大学 教授 竹内昌義氏


(目次詳細)

社告
P3+広告
先進的なスマートホームコミュニティ 
視点 Monthly リフォーム/リノベの最新動向 コロナ禍によって変化した新たな市場ニーズ
リフォーム検討時の不安解消が最大の課題:具体的施策示す NEXTステージを新たに推進
空前のサウナブームで一躍転進 個室サウナの全国展開を目指す
高齢者向けや温冷交代浴に最適 本誌記者も特設施設で入浴体験
分譲マンションの最終販売にて高付加価値リノベーション実施
直伝 木づかいのコツ リフォームはシックハウスの元
資材特集 ウッドショック影響続き、工場の小規模火災で深刻な品不足に陥る
電子署名活動等で国会に法案提出   建築物省エネ法等改正案が閣議決定
取材企画 VR モデルハウス 音声ガイド&アバター VR住宅展示場の進化系 メタバースを見据えて新しい内覧体験を実現
住宅と建築の新刊書
2022年度 上半期 新製品  新製品のトレンドを読む  建材・住設・関連製品の傾向分析/ 内装ドア・収納・床材
2022年度 上半期 新製品  新製品のトレンドを読む  建材・住設・関連製品の傾向分析/ 内装ドア/ビル用サッシ
2022年度 上半期 新製品  新製品のトレンドを読む  建材・住設・関連製品の傾向分析/ 地盤改良工法
カーボンニュートラルに向けた取り組み  木材の炭素貯蔵量の計算をマスター 構造材や建材の炭素貯蔵量が一目瞭然
工場電力をバイオマス発電で建材カタログにCO2固定量/ 建材カタログにCO2固定を表示
「KENTEN 2022」 6月9日・10日大阪で開催
業界サーチ/建設/工場/物流/事業/サービス/価格/支援/製品開発/加盟店/公募
海外市場の住宅建材市場:一次取得者が求めるキッチン スタイル・オプション一覧
海外市場の住宅建材市場:海外の住宅建築、建材、加工機械の展示会
経営環境情報
木材・合板市場動向
都道府県別建設着工数/プロショップの価格動向
木材価格の推移/ 建材・住設生産量
全国各都道府県の着工建築物(うち木造)統計 〔2022 年3 月分〕
シンクタンクによる新設住宅着工戸数の予測/住宅メーカーの受注情報
編集部だより/ お知らせ:ジャーナルとインフィルの合併について
購読案内/編集後記/広告索引
表3
表4
プロダクトNo 1281683081
出版社 エルエルアイ 出版事業部
発売日 毎月20日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。