Yano E plus(ヤノイープラス) 定期購読・最新号・バックナンバー

Yano E plus(ヤノイープラス)の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

Yano E plus(ヤノイープラス)雑誌の詳細です。


Yano E plus(ヤノイープラス)の公式サイトへ
本・雑誌 Yano E plus(ヤノイープラス)
本・雑誌内容 エレクトロニクスを中心に、産業の川上から川下まで、すなわち素材・部材から部品・モジュール、機械・製造装置、アプリケーションに至るまで、成長製品、注目製品の最新市場動向、ならびに注目企業や参入企業の事業動向を多角的かつタイムリーにレポートいたします。
本・雑誌内容詳細 《トップ年頭所感》
『2022年、地方は自らの価値を再定義し、新たな資本形成を』  
株式会社矢野経済研究所 代表取締役社長 水越 孝

《次世代市場トレンド》
『素粒子技術の応用』
基礎研究は長時間を要する。しかし、解明された基本原理は既存
技術の限界を打破し、画期的な製品につながる可能性を秘めている       

『日本の商用車コネクテッド(4)』
商用車コネクテッドと物流MSPFは国内物流を変革する

《注目市場フォーカス》
『マテリアルDXシリーズ(4)~MI(有機材料)~』
化学的あるいは生物学的な現象を解析していくことで、
有機材料分野のMIはマテリアルDXのメインストリームの一つ

《タイムリーコンパクトレポート》
『定置用蓄電池(ESS)市場 』
日系メーカー、今すべきは海外市場への熱視線
市場の流れを読めない者へはマーケットからのレッドカード

『高機能フィルム市場』
市場は成長期に突入も「足元の波に乗った拡大」には先細りの懸念
「今」のニーズだけでなく「次」の競争力確保に向けた開発を目指せ
プロダクトNo 1281683074
出版社 矢野経済研究所
発売日 毎月15日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。