BICYCLE CITY(バイシクル・シティ) 定期購読・最新号・バックナンバー

BICYCLE CITY(バイシクル・シティ)の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

BICYCLE CITY(バイシクル・シティ)雑誌の詳細です。


BICYCLE CITY(バイシクル・シティ)の公式サイトへ
本・雑誌 BICYCLE CITY(バイシクル・シティ)
本・雑誌内容 官公庁、地方自治体の動きを含め、自転車を利用した“まちづくり”の動向を探る情報誌!
本・雑誌内容詳細 ●年頭所感
 大都市と地方では自転車政策の力点が異なる。地域に即した政策の有り様を共に模索する
姿勢が大切だ!


●SPECIAL INTERVIEW
 自転車政策を強力牽引する豪腕幹事長が語った“まちづくり新構想”
 尽きぬ自転車活用への想い。
 衆議院議員・自由民主党幹事長 自転車活用推進議員連盟会長 二階俊博

●INTERVIEW
 都市部の交通システム、まちづくりの中に自転車をいかに組み込んでいくかが最重要課題だ!
 小林成基 自転車活用推進研究会理事長
 自転車活用推進計画の現況と課題を語る。

●「自転車を活用したまちづくりを推進する全国市区町村長の会」が発足!
 今治市の声かけに応じた294自治体が参画。11月15日、東京・飯田橋で設立総会を開催

●INTERVIEW
 自転車の似合う街・荒川区で生まれ育った庶民派政治家
 東京都荒川区長 西川太一郎
 国政経験踏まえ、実効性ある政策を推進

●Vビジネス! 2018.11.12 
 自転車まちづくりを活性化させるスーパーセミナー&異業種交流
 兪振華(バーファン総経理)、村上浩(NIPPO技術本部技術管理課長)、疋田智(ジャーナリスト)、三宅秀一郎(東大自転車競技部監督)の各氏が講演
 <誌面再現リポート>
  ・電動アシスト自転車のさらなる普及に期待して
   講師 疋田智(ジャーナリスト、自転車ツーキニスト)
  ・2020年東京オリンピック・パラリンピックと遮熱性舗装・パーフェクトクール
   講師 村上浩(路面温度上昇抑制舗装研究会「クール研」遮熱部会長)


●INTERVIEW
 社会の変化に対応した駐車場空間を!
 中期5ヵ年計画を掲げ、管理駐輪場の質量拡充に注力
 公益財団法人自転車駐車場整備センター理事長 小澤敬市

●シリーズ企画 自転車新世紀!  自転車ビジネスシーンの“今”を追う
 陽報/技研製作所/前田道路/Bafang/ソーリン/OSS/KING-METER/タンナス/アトミクス/帝都産業/大崎工業/加和太建設/ビッツ/ネクストスケープ

●SERIES 地方創生と自転車を利活用したまちづくり -17-
 <愛媛県今治市> 自転車を活用したまちづくりを推進する全国市区町村長の会
  今治市の声かけで294自治体が参画
 <東京都稲城市> 2018年、“自転車のまち 稲城”が急加速 オリンピック、レース、シェアサイクル、道路整備……。花咲いた自転車推奨の取り組み
 <北海道石狩市> 多種多様なサイクリングコースを設定
  広域周遊ルートの確立へ、周辺自治体との連係も強化
 <東京都足立区> 東京23区トップ! 駅前放置自転車の放置率0.3%
  ビューティフル・ウィンドウズ運動で治安向上へ
 <岐阜県羽島市> 県内初の自転車安全利用推進条例を施行
  “自転車用ヘルメット”の着用と自転車損害賠償保険への加入を努力義務化 
 <鹿児島県南さつま市> サイクリングを通じ、広域的な周遊観光を促す環境づくりを推進 
  指針となるサイクルツーリズムビジョンを策定


●全国アマチュアサイクルチームガイド 風と語ろう──。
 全国各地のアマチュアサイクルチームにフォーカスし、計25チームを紹介


●スポットライト
 注目の電動アシスト自転車用後付けユニット「ELEBIKE」


<連載>
風 ― 前野博司
自転車を眼鏡にして世の中を見る ― 小林成基
バイシクルシティ・ニッポンを目指して ― 片岡大造
アジア通信 ― 孫彦芳
連載トーク『日米欧の自転車政策概論』-9- ― 古倉宗治
ニッポンの自転車、ココが足りない ― 内海潤
ポタリングで日本経済を救う! ― 前野博司
晴走雨読 ― 疋田智
News&Information
プロダクトNo 1281683071
出版社 ライジング出版
発売日 毎奇月10日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。