BIO Clinica(バイオクリニカ) 定期購読・最新号・バックナンバー

BIO Clinica(バイオクリニカ)の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

BIO Clinica(バイオクリニカ)雑誌の詳細です。


BIO Clinica(バイオクリニカ)の公式サイトへ
本・雑誌 BIO Clinica(バイオクリニカ)
本・雑誌内容 月刊「BIO Clinica」北隆館 1981年6月創刊 臨床医学への応用化を中心テーマに、その周辺情報を満載 高度最先端技術の中で最も脚光を浴びているバイオテクノロジーは、農林・水産・食品・化学・医薬品さらには医療の場での実用化が進められています。臨床現場にどのように活用され、どのような効用をもって、どのように展開されて行くのか。月刊「BIO Clinica」は、バイオテクノロジーの臨床医学への応用化を中心テーマに、たんに基礎研究にとどまらず、応用技術や医療技術、またその周辺情報を満載しています。編集委員代表<黒川清(東京大学名誉教授)・本庶佑(京都大学特別教授)> 編集委員<萩原正敏(京都大学教授)・稲垣暢也(京都大学教授)・金倉譲(大阪大学教授)・木村剛(京都大学教授)・熊ノ郷淳(大阪大学教授)・妹尾浩(京都大学教授)・高橋良輔(京都大学教授)・門脇孝(東京大学医学部教授)・川上正舒(自治医科大学名誉教授)・黒川峰夫(東京大学教授)・小室一成(東京大学教授)・戸田達史(東京大学教授)>
本・雑誌内容詳細 IO Clinica 2019年 6月号

白血病と悪性リンパ腫update
Leukemia and lymphoma updated

価格:定価2,130円+税

TOP (巻頭言)がん薬物療法の歴史と変遷(堀田 知光)

・総論:白血病とリンパ腫における最近のトピックス(黒川 峰夫)
・急性骨髄性白血病に対する分子標的療法の展望(冨田 章裕)
・急性リンパ芽球性白血病に対する新たな抗体・免疫療法(八田 善弘)
・チロシンキナーゼ阻害剤による慢性骨髄性白血病治療の現状と展望(臼杵 憲祐)
・病型に応じた悪性リンパ腫診療の実際と最近の展開(丸山 大)
・白血病・悪性リンパ腫に対する造血幹細胞移植(前田 嘉信)


NEWS FROM INDUSTRY
・乳酸菌生産物質の各種腫瘍細胞(13株)に対する in vitro 増殖抑制作用の検討(村田 公英)
・バイオジェニックス複合乳酸菌生産物質 「Sixteens®」のメタボローム解析(村田 公英)
・「腸内フローラ」が作り出す物質が健康のカギを握る!(光岡 知足・村田 公英)


CLINICAL TOPICS
・新規分子標的薬が造血幹細胞移植に及ぼす影響(加藤 光次)
・小児白血病における薬剤感受性試験(坂口 公祥)
・脊髄性筋萎縮症患者のリハビリテーション(加藤 雅子・齊藤 利雄 他)
・Bcl-2阻害剤 ベネトクラクス(Venetoclax)の慢性リンパ性白血病
 および急性骨髄性白血病に対する優れた臨床効果(吉田 明)


BIOLOGY TOPICS
・フレンドウイルス感染マウスにおける白血病発症機構(塚本 徹雄・宮澤 正顯 他)
・CML幹細胞に対するInterferon-αの作用機構(平位 秀世・前川 平 他)
・コレステロール代謝経路攪乱は血液系腫瘍の治療に有効かもしれない(菰原 義弘・藤原 章雄)
・TAMおよびDS-AMKL発症の分子機構(金崎 里香)
・多発性骨髄腫の進展に関わる分子機構とPBKの関与(太田 明伸・花村 一朗)
・CBF-AMLにおけるKIT変異の予後因子としての意義(山口 博樹)
プロダクトNo 1281683000
出版社 北隆館
発売日 毎月10日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。