メディカル・サイエンス・ダイジェスト 定期購読・最新号・バックナンバー

メディカル・サイエンス・ダイジェストの詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

メディカル・サイエンス・ダイジェスト雑誌の詳細です。


メディカル・サイエンス・ダイジェストの公式サイトへ
本・雑誌 メディカル・サイエンス・ダイジェスト
本・雑誌内容 月刊「メディカル・サイエンス・ダイジェスト」ニューサイエンス社 1975年8月創刊 「メディカル・サイエンス・ダイジェスト(Medical Science Digest)」は生命医科学の急激な発展という時代のニーズに対応し,ちまたに溢れる難解で細分化された情報の中から「真に求められる情報のエッセンス」を厳選して,忙しい臨床科の先生方でも診療の合間にさっと目を通すだけで刻々と変わる生命医科学の進歩を的確にフォローすることができます。世界中が注目する,もっともホットなテーマを「ダイジェスト」という形でご一読下さい。<編集委員会 編集顧問 本庶 佑(京都大学特別教授)・編集委員長 岡野栄之(慶應義塾大学教授)・編集委員 伊藤 裕(慶應義塾大学教授)・門脇 孝(東京大学教授)・代田浩之(順天堂大学教授)・武谷雄二(東京大学名誉教授)・中内啓光(東京大学医科学研究所教授)・仲野 徹(大阪大学教授)・服部信孝(順天堂大学教授)・渡辺 守(東京医科歯科大学教授)>
本・雑誌内容詳細 特集 フレイル・ロコモ・サルコペニアを考える
Concept of frailty, sarcopenia and locomotive syndrome
価格:定価(本体1,944円+税)

特集 フレイル・ロコモ・サルコペニアを考える
編輯 秋下 雅弘

Digestシリーズ
-新薬開発まで待てない認知症-Vol.6 聴覚障害補正と認知症予防 内田 育恵

総論 フレイル・ロコモ・サルコペニアの概念 秋下 雅弘
フレイル・ロコモ・サルコペニアの分子機構解明と応用   東 浩太郎
フレイル・サルコペニアの危険因子とその階層構造 田中 友規・飯島 勝矢
フレイルとサルコペニアに対する非薬物療法          島田 裕之
フレイル・サルコペニアと栄養 榎 裕美

Industry News
フレイルと人参養栄湯 ―健康長寿に向けて― 高橋 隆二・乾 明夫
医療機関向けアスタキサンチンサプリメントのご紹介―フレイル予防への可能性―
アスタリール株式会社 メディカルニュートリション事業部
先制医療実現のためのテロメア分析サービス 大庭 輝之
後期高齢者におけるピラティスの介入効果
 ―歩行機能・認知機能・気分の検証―
更科 枝里・長野 放
Cutting Edge
超高齢社会における心疾患患者の身体機能と身体活動
―フレイル・サルコペニア・栄養に着目してー          井澤 和大・岡 浩一朗
地域在住高齢女性における重複フレイル有症率と関連要因    金 憲経
サルコペニアの早期予防と重症化防止を目的としたアプローチ    安田 智洋
労働者を対象としたロコモ予防のための体力・運動機能向上プログラム     
鶴田 来美・吉永 砂織・田村 宏樹・帖佐 悦男
高齢者の起立性低血圧の予防に活用する「起立前看護オノマトペ法」の開発   
松田 ひとみ・荒木 章裕
フレイルは高齢者救急集中治療の予後予測因子となり得るか?   稲葉 基高・内藤 宏道・中尾 篤典
オーラルフレイルの現状  渡邉 功・松井 大輔
ヒト筋衛星細胞を用いた「in vitro Exerciseモデル」の構築  神﨑 展
ロコモの評価と対策としてのロコトレの効果  新井 智之
がん悪液質におけるサルコペニアと運動療法 
杉浦 英志・松永 直道・柳澤 卓也・松山 琴音・森長 真言・亀高 諭
BMP-3b が担う骨格筋再生機構の解明 
古株 彰一郎・宮脇 有希・William N. Addison・松原 琢磨・中道 敦子
認知的フレイルと神経生理学的評価の関連性  田中 睦英
バーチャル環境でエアロバイクを使用して効率良く身体機能向上と転倒リスクの軽減 杉山 智
プロダクトNo 1281682998
出版社 ニュー・サイエンス社
発売日 毎月20日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。