法務通信 定期購読・最新号・バックナンバー

法務通信の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

法務通信雑誌の詳細です。


法務通信の公式サイトへ
本・雑誌 法務通信
本・雑誌内容 昭和26年に創刊。登記・国籍・戸籍・供託・人権擁護・訴訟等、民事行政の各分野に関する実務解説や研究発表を随時掲載。近年の民事基本法制改革にかかる新規立法については最新情報をフォロー。その他、法務局窓口における相談回答事例、事務の改善に関する取組みやインタビュー記事を随時掲載。司法書士や土地家屋調査士等、実務家からの発信記事も充実。
本・雑誌内容詳細 ●〔時評〕
保守的であることと革新を進めていくこと
長野地方法務局法人登記部門首席登記官 山森 航太

●〔部次長随想〕
働きがい改革~風通しの良い職場環境と心理的安全性~
東京法務局民事行政部次長 神崎  強

●〔実務解説〕
・地積測量図の求積方法について
横浜地方法務局不動産登記部門 中村  聡

・募集株式発行(非公開会社の第三者割当て)の登記手続における注意点について
宇都宮地方法務局法人登記部門 川上 晃輝

・成年後見人の後見終了時の管理計算に基づく返還金の供託について
静岡地方法務局富士支局総務係長 岡本 紀子

●〔土地家屋調査士のひろば(横浜)〕
AIと不動産登記とオンライン申請
神奈川県土地家屋調査士会業務部長 小笠原 裕

●〔10分間インタビュー〕
「取りあえずやってみる」
新潟地方法務局不動産登記部門登記官 宮崎  勲

●〔法務局5 行ニュース〕

●〔付録〕
  2020年1 月号〜2021年3 月号バックナンバー掲載記事一覧
プロダクトNo 1281682985
出版社 日本加除出版
発売日 毎月25日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。