家族<社会と法> 定期購読・最新号・バックナンバー

家族<社会と法>の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

家族<社会と法>雑誌の詳細です。


家族<社会と法>の公式サイトへ
本・雑誌 家族<社会と法>
本・雑誌内容 日本家族<社会と法>学会による、学術大会・シンポジウムの報告・討論を収録。多様化する家族問題に対して、多角的見地から的確な政策を立てるには如何にすべきか、研究者・実務者との学際的協力、国際的な討議等をしつつ、明日の家族のありかたを探る。
本・雑誌内容詳細 家族・社会の変容と相続制度

●論 文
すべての子どもが公平なスタートをきる権利
バーバラ・ベネット・ウッドハウス(山口 亮子 訳)

●第34回 学術大会・シンポジウム
家族・社会の変容と相続制度

・企画趣旨
潮見 佳男

・報告(1) 「家族」と「相続」─通時的検証
吉田 克己

・報告(2) 「高齢社会」・「家族の多様化」と「相続」─比較法的考察 フランス─
宮本 誠子

・報告(3) ドイツ相続法における夫婦の財産関係の清算について
青竹 美佳

・報告(4) わが国の調停・裁判実務からの考察(遺産分割・遺留分)
藤原 道子

・報告(5) 相続法改正論議にみる「家族の多様化」・「高齢社会」
久保野恵美子

・報告(6) 事実婚・パートナーシップの死亡解消と「相続」・財産承継
二宮 周平

・補充報告(1) 地方実務家からのコメント
中村多美子

・補充報告(2) シンポジウム・コメント
水野 紀子

・シンポジウム〔自由討論〕
(司会)潮見 佳男/森山 浩江

・総  括
潮見 佳男

●若手セッション
韓国における養子法の現状と今後の課題
─養子法の変遷,家族観とのかかわりを含めて─
田中 佑季

●学会記事
学会役員名簿
1)第34回学術大会記事
2)第35回総会議事録
3)第35回学術大会予告
4)日本家族〈社会と法〉学会規約

●雑 報
I  学界の動き
II 国際家族法学会(ISFL)の動き
床谷 文雄


●欧文レジュメ

●編集後記
(編集長)山口 亮子
プロダクトNo 1281682983
出版社 日本加除出版
発売日 毎月A日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。