家族<社会と法> 定期購読・最新号・バックナンバー

家族<社会と法>の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

家族<社会と法>雑誌の詳細です。


家族<社会と法>の公式サイトへ
本・雑誌 家族<社会と法>
本・雑誌内容 日本家族<社会と法>学会による、学術大会・シンポジウムの報告・討論を収録。多様化する家族問題に対して、多角的見地から的確な政策を立てるには如何にすべきか、研究者・実務者との学際的協力、国際的な討議等をしつつ、明日の家族のありかたを探る。
本・雑誌内容詳細 未成年養子制度の多角的検討

論 文
特別養子制度の転換についての覚書
床谷 文雄

●第36回 学術大会・シンポジウム
未成年養子制度の多角的検討

企画趣旨
鈴木 博人

報告(1)未成年養子制度の多角的検討─児童福祉分野から
宮島 清

報告(2)未成年養子縁組の実際的取組から
米沢 普子

報告(3)行政法からみた養子法─もしくは子どもの権利条約からみた養子法
横田 光平

報告(4) 
家庭裁判所における養子縁組の実務─普通養子と特別養子の審理を中心に─
新谷 祐子

報告(5)特別養子
窪田 充見

報告(6)未成年普通養子
羽生 香織

補充報告 特別養子制度利用者への支援について
相原 佳子

シンポジウム〔自由討論〕
(司会)山口 亮子・鈴木 博人
〔総括〕 鈴木 博人

若手セッション
特別養子縁組における実親の位置付けと調和的解決への模索─ドイツにおける運用・議論状況を手掛かりに─
喜友名菜織

オーストラリア家族法における離婚後の共同養育推進と「子の利益」
古賀 絢子

学会記事
学会役員名簿
・ 第36回学術大会記事
・ 第37回総会議事録
・ 2021年度学術大会予告
・ 日本家族〈社会と法〉学会規約

雑 報
国際家族法学会(ISFL)の動き
床谷 文雄

欧文レジュメ
編集後記 (編集長)鈴木 伸智
プロダクトNo 1281682983
出版社 日本加除出版
発売日 毎月1日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。