リサイクル通信 定期購読・最新号・バックナンバー

リサイクル通信の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

リサイクル通信雑誌の詳細です。


リサイクル通信の公式サイトへ
本・雑誌 リサイクル通信
本・雑誌内容 中古商品の調達方法や各商材の適正粗利益。ベンチマークするべき企業や、再販のリスクとその回避方法など、リサイクル・リユース事業を行う上で欠かせない情報をわかりやすくお届けします。総合リサイクルショップ、業務用機器、ブランド品、メディアなどあらゆるカテゴリをカバー。新しい商材のブームも予測します。業界のリーディングカンパニー社長も毎号登場し、成功の秘訣を本紙だけに明かします。★全国古物市場一覧も毎号掲載。新設市場も追加更新★
本・雑誌内容詳細 2019年1月10日号の主な内容


■特別企画!!
中古売上ランキング2019 ベスト250発表!
「ゲオ中古売上1000億円に迫る」

・トップ10の中古売上高は前年比19.5%増
・新品小売企業の中古事業が急成長
・ランキング外の注目すべき有力リユース企業もチェック!

■ニュース

ドローン下取りサービス 買い換え需要に対応
ヤフオク! 新規無料会員の出品2倍に
若者がフィルムカメラ購入 百八富写真機店
営業時間外に無人受け渡し リフォームスタジオ
企業の不用品売買を支援 B2Bマッチングアプリ
メルカリ 英国子会社解散
古着「JAM」 自社ブランディングに注力
写真整理協会 資格登録数400名突破
コンサルがPOS開発 業績落ちると改善策通知
80店集うアンティークトイショー 元町サンセット
俺のオークション 1月開催は第3・5火曜に

■トップインタビュー

ブックオフグループホールディングス 堀内?康隆社長
「〝稼ぐ力〟が回復、現場主導で反転攻勢」

 
業績不振に陥ったブックオフ(神奈川県相 模原市)の再建を図るべく2017年4月に代表の座に就いた堀内康隆社長。
同社は2018年10月より純粋持株会社体制へ移行し た。地域主導で個店の稼ぐ力を鍛える組織化 に取り組んでおり、
その成果が既に出始めている。これまでと何が変わったのか。新生 「ブックオフ」が目指す姿を聞いた。

■トピックス

airCloset
「登録数 20万人超の洋服サブスク」

服は新品で買うか、中古で買うか。その二択の中に、新たに「借りて使う」という選択肢を浸透させつつあるのが、
女性向けファッションサブスクリプション(定額料金サービス)「エアークローゼ ット」。2015年にサービスを開始し、
会員登録者数は 20万人以 上。創業者のエアークローゼット(東京都港区)天沼聰社長のイン タビューから、
人気の秘密を解き明かす。

■コーナー

◎イベントレポート!
外国人急増中
年50万人来場するリアルフリマ

◎話題のサービス
寛容宿所 光
「民泊備品メルカリで調達」

◎シェアリングエコノミーニュース
ノリーナマップ
相乗りアプリの新型

◎一問一答
キヨ書店
「地元を盛り上げ若いお客増やす」

◎中古市場データ
所沢三・八会(埼玉県)
「二つの顔を持つ市場」


◎ヒントを探る
須賀質店
「質料返済時の不安を払拭」

◎バイヤー道
ブランド・ジャック
仙台駅前ロフト店 和田真由子店長

◎査定のジカン
オールドギア所沢店
「価格はヤフオク!参考に」

◎キャラクター図鑑
ウエストサイド
エフェクターがモデルの「エフェフリマン」

◎全国ダーツの旅・東京
・オキーフ入荷投稿を見て来店し
 念願の画集を手に入れた女性客…BOOKS 青いカバ
・輸出販路のきっかけつくった
 フィリピン人の「もったいない」…遊遊市場綾瀬本店

◎VOICE
テーマは「今年の豊富」
・常にお客のニーズの把握を心がけ
 変化を見逃さずに対応する…エモングループ
・長年の起業と経営ノウハウを
 セミナーを通じて伝えたい…ケイココーポレーション

■連載

◎実践マーケティング講座
「人件費上昇の時流をテクノロジーで乗り切る」





プロダクトNo 1281682973
出版社 リフォーム産業新聞社
発売日 毎月10,25日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。