リサイクル通信 定期購読・最新号・バックナンバー

リサイクル通信 定期購読・最新号・バックナンバー

リサイクル通信の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

リサイクル通信雑誌の詳細です。


リサイクル通信の公式サイトへ
本・雑誌 リサイクル通信
本・雑誌内容 中古商品の調達方法や各商材の適正粗利益。ベンチマークするべき企業や、再販のリスクとその回避方法など、リサイクル・リユース事業を行う上で欠かせない情報をわかりやすくお届けします。総合リサイクルショップ、業務用機器、ブランド品、メディアなどあらゆるカテゴリをカバー。新しい商材のブームも予測します。業界のリーディングカンパニー社長も毎号登場し、成功の秘訣を本紙だけに明かします。★全国古物市場一覧も毎号掲載。新設市場も追加更新★
本・雑誌内容詳細 2018年8月10日号の主な内容

■ニュース

エコリングがFC展開 直営店を加盟店に売却
人力とAIを組み合わせた真贋サービス アプレとNEC
買取店「大吉」300店へ エンパワー
クラウンジュエル社名変更 「ZOZOUSED」へ
下取り即時割引サービス 海外ファッション通版「BUYMA」
婦人服専門業態を開発 たんぽぽハウス
コイン買取強化 トレカ買取のトレジャー
セカンドストリート アメリカ3号店
「TOKYO AUCTION」 初競り2億2000万円
JRCA ウィルパワー江川氏が新代表に
リスク保証のガルディア リユース企業と契約増加
本を売って豪雨被災地を支援 ブックオフコーポレーション
日本リ・ファッション協会 リユース着物海外にPR
チャットで問い合わせ対応 ブランディア
ワンダーグー内にライザップゴルフ 
320円均一の古着店 MICMO
1人で月商100万超 リサイクル店エコろまん
リユース瓶題材の絵本公開 生活クラブ
中古精密機器BtoBサイト エニブル
中古PC売上2割増 エコ・テック
消費者買取強化 リモコン買取のマコトサービス
ゴルフパートナー 韓国2店目 


■トップインタビュー

トランク 松﨑早人社長
「モノの流動で人の行動が知れる」

ダンボール1箱から預けられる宅配収納サービス「trunk」を運営するのがトランク(東京都新宿区)だ。昨年2月にサービスを立ち上げたばかりのスタートアップ企業ながら、NTTドコモ,
長谷川グループ等の大手企業と相次いで業務提携を結んでいる。同社が起こそうとしているイノベーションとは何なのか、松﨑早人社長に聞いた。


■コーナー

◎Sharing Economy News
①フルタイムシステム(東京都千代田区)
宅配BOXでお掃除ロボをシェア
②Isematsu Co., Ltd.(秋田県秋田市)
逆フリマアプリ「カウマチ」
③NTTドコモ(東京都千代田区)
カーシェアでベンツを試乗

◎バイヤー道
買取センターG.P新浦安店 栗原晴旗店長

◎査定のジカン
モノココ円山店(北海道中央区
「月2万6000点の買取」

◎あなたの看板は?
①15年使い続けるペイント風看板…8(エイト)
②材料すべて100円ショップで調達…LECURIO
③プラスティックおもちゃで玩具店をアピール…KNot a TOY
④白黒看板から深夜でも目立つ黄色文字に

◎ひと工夫レポート
①古着屋ガレージセール…ブログ継続で心を整理する
②原宿シカゴ下北沢店…レジ横にミントタブレット

◎古物市場データ
弥生会(東京都台東区)
「3社協同に骨董市」

◎古物市場開催日程 8月スケジュール
掲載市場数 174箇所
新規 「LIPSオークション」

◎交友録
河田質店→さのや
「ゆる~い」感じが魅力の人

◎全国ダーツの旅・東京都
・カナダ手編みセーターの由来聞き
「運命の出会い」感じた女性客……(ドラセナ)

・商売で貯めた古い紙幣かきか集め
100万円分山岳書買った愛好家……(穂高書房)

◎Voice
テーマ「酷暑の集客・接客法」
①レジ前のショーケースに熱中症対策グッズを展示販売
②冷たいお茶のサービスと涼をとれる飾り物をディスプレイ

■連載

◎携帯&スマホ
携帯電話分野の関する意見交換会
「下取端末の流通制限は独占禁止違法上問題」

◎繁盛店の店づくり
きものHAUS
「正絹の着物1点5400円」

◎イチバめし
本所百貨市場
「参加者からの親切 真夏のアイスクリーム」 




プロダクトNo 1281682973
出版社 リフォーム産業新聞社
発売日 毎月10,25日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。