日本古書通信 定期購読・最新号・バックナンバー

日本古書通信の詳細を表示しています。最新号やバックナンバーは公式サイトにてご確認下さい。

日本古書通信雑誌の詳細です。


日本古書通信の公式サイトへ
本・雑誌 日本古書通信
本・雑誌内容 古書の売買や収集に役立つ実利的な記事をはじめ、古本愛好者や研究家・古書店主たちの知識や経験談、書物随筆、書誌情報、出版界・学界・図書館界のニュースなど毎号満載しています。各地の有名古書店による古書の通信販売目録も本誌ならではの人気ページ。古本屋開業を目指す方、古書の奥深い世界を覗いてみたい方にもおすすめです。全国の本と古本を愛する方、書店・古書店・出版社・図書館・大学研究室などに広く読まれています。
本・雑誌内容詳細 ☆2021年4月号(4月15日発行)主要記事目次

≪特集≫

◆近代日本文人の葉書9 (八木書店古書部)

≪本と人≫

◇大石千代子の火野葦平宛葉書をめぐって(小正路淑泰)

◆南蛮寺跡から重山文庫まで―上京・吉井勇紀行(田坂憲二)

◆山頭火絶筆は偽筆だった―その検証と筆跡鑑定結果(古川富章)

◇「柳田国男年譜」作成の現場から・上(小田富英)

◆鯛焼き氏四たび(大野隆司)

◆戦前の内容見本抄―架蔵のコレクションから (竹居明男)

◆奈良絵本・絵巻の研究と収集19 瓜姫物語 (石川 透)

◇小沢信男さん追悼―文学運動と五つの会(竹内栄美子)

≪古本屋≫

◇古本屋控帳418 (青木正美)

◇Bibliotheca Japonica (八木正自)

≪連載≫

◆続PR紙誌探索25 読書眼 (飯澤文夫)

◆小村雪岱の知られざる雑誌表紙絵26「オール読物」(真田幸治)

◆パスポートと入館証、準備よし!(川口敦子)

◇一身にして二世を経る56 (中嶋廣)

◆昨日も今日も古本さんぽ126 福岡・入江書店 (岡崎武志)

◇未紹介黒本青本129 (木村八重子)

◆銅・石版画万華鏡164 「学海之指針」創刊号 (森登)

◇和書蒐集夢現幻譚110 (福田博)

◆「露西亜評論」の時代45 (配島亘)


≪コラム≫

◆本卦還りの本と卦 猫の本 (出久根達郎)

◇古本屋散策229 江口幹「渇きのままに」と松本千鶴 (小田光雄)

◇古い話(三昧堂)

◇書物の周囲、特殊文献の紹介

≪古書目録≫

プロダクトNo 1281682865
出版社 日本古書通信社
発売日 毎月15日
販売サイト >>>公式サイトはこちら
雑誌や本の定期購読は美容室や理容室、病院の待合室、接骨院の待合室、会社のロビーなどに置かれています。雑誌をおくことにより顧客満足度を高めるためでありますが、その他にも個人でも利用される方は多いです。
メリットとしては、買いに行く手間が省けることや定期的にすることにより買い忘れの防止ですね。あとは年間購読にすることによる割引もあったりします。
fujisanという定期購読専門会社のサービスは運営が長く続いているので安心です。大きくてしっかりしている会社での購入のほうが安心です。

※リンク先は雑誌の定期購読販売サイトの/~\Fujisan.co.jp(フジサン)へのリンクとなります。雑誌の画像や、内容の詳細などはデータを引用させていただいております。